ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 917586 全員に公開 ハイキング甲信越

昇仙峡・羅漢寺山(弥三郎岳)

日程 2016年07月17日(日) [日帰り]
メンバー djorkael
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
往:甲府駅(南口)バスターミナル[山交バス]-昇仙峡口
昇仙峡ロープウェイ:仙娥滝駅-山頂パノラマ大駅
復:昇仙峡昇仙峡滝上[山交]-甲府駅BT

中銀スタジアム:甲府駅BT[シャトルバス]-小瀬スポーツ公園
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間6分
休憩
18分
合計
3時間24分
S長潭橋11:0312:19石門12:2112:27仙娥滝12:2912:52仙娥滝駅12:5613:02昇仙峡ロープウエイ13:11パノラマ台13:17うぐいす谷13:2013:21パノラマ台13:2213:33羅漢寺山(弥三郎岳)13:48展望台13:52パノラマ台13:5314:01昇仙峡ロープウエイ14:0214:08仙娥滝駅14:1214:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートはヤマレコマップによる記録。途中ロープウェイ利用。一部、屋内にいる時ポイントが飛んでいたのを修正。
コース状況/
危険箇所等
○昇仙峡口〜滝上…長瀞橋を渡ると荒川沿いの整備された遊歩道。柵から渓流を見下ろす感じで、水辺に出られるのは夢の松島。葉が生い茂っており陽射しはある程度遮られた。

○パノラマ台〜展望台〜弥三郎岳…展望台から先は山道。「悪路要注意」立札あり。短い鉄梯子や鎖も。山慣れた方なら運動靴でも問題なさそうだが、そうでない家族連れや若いカップルなどは途中で引き返していた。賢明と思う。弥三郎山頂はまあるい花崗岩。付近は断崖絶壁。濡れている時は避けた方が良さそう。
なお弥三郎岳・展望台・パノラマ台を総称して羅漢寺山と呼ぶそうな(wikipediaより)。パノラマ台駅前に山梨百名山「羅漢寺山」の標柱。
その他周辺情報・水晶宝石博物館…無料公開中。宝石の展示と販売。
・影絵の森博物館…藤城清治作の影絵展示。入館料はロープウェイとのセット券で1,600円。入口でお茶のサービス券を頂いた。滝上バス停前。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 ヘッドライト 地図 コンパス 非常食 救急キット エマージェンシーシート スマホ コンデジ 充電器 予備電池 ソーラーライト 防寒具 帽子 サングラス 下着靴下予備 水筒 ゴミ袋 手拭い 虫除け 日焼け止 ツェルト 細引き 折畳傘 御朱印帳 折畳座布団 タオマフ

写真

あずさ車窓。 あ、塩山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あずさ車窓。 あ、塩山。
南口のバスロータリー。屋根がついて綺麗になりましたね信玄公。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南口のバスロータリー。屋根がついて綺麗になりましたね信玄公。
渓谷道路の入口。土日車両通行止め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓谷道路の入口。土日車両通行止め。
ヤマユリ。香り漂う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマユリ。香り漂う。
渓流を見ながら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓流を見ながら。
1
猿岩。ゴリラに見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿岩。ゴリラに見える。
大仏岩。判らなかったがもうちょい右から見ると大仏の様。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大仏岩。判らなかったがもうちょい右から見ると大仏の様。
成程。キノコだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
成程。キノコだ。
お、おんまさん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、おんまさん。
善イ雰囲気デアル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
善イ雰囲気デアル。
羅漢寺入口。木造の阿弥陀様と五百羅漢がおられる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羅漢寺入口。木造の阿弥陀様と五百羅漢がおられる。
覚円峰と天狗岩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
覚円峰と天狗岩。
夢の松島で少しだけ水辺に出られる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夢の松島で少しだけ水辺に出られる。
覚円峰を下から。迫力がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
覚円峰を下から。迫力がある。
石門。筑波山の弁慶七戻りを思い出す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石門。筑波山の弁慶七戻りを思い出す。
切通し。鎌倉で見たなあ。岩を穿つ苦労があったろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切通し。鎌倉で見たなあ。岩を穿つ苦労があったろう。
1
仙娥滝。タマアジサイは蕾。日本の滝百選の一つ、檜原村の払沢の滝以来だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙娥滝。タマアジサイは蕾。日本の滝百選の一つ、檜原村の払沢の滝以来だ。
紅葉の頃訪れたら、いい感じだろなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の頃訪れたら、いい感じだろなあ。
岩に苔と共に。コモチマンネングサ、かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩に苔と共に。コモチマンネングサ、かな。
観光地化した滝上の一角で巨峰ソフト300円。まあまあ美味しい。いい意味で裏切られた。SAとかのより旨いと思う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光地化した滝上の一角で巨峰ソフト300円。まあまあ美味しい。いい意味で裏切られた。SAとかのより旨いと思う。
夫婦木神社姫の宮。ソロハイクなので良縁を…御朱印帳を預けロープウェイ乗り場へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夫婦木神社姫の宮。ソロハイクなので良縁を…御朱印帳を預けロープウェイ乗り場へ。
1
帰りに受け取った御朱印帳。「境内のモミジです」と。(後で撮ったもの)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに受け取った御朱印帳。「境内のモミジです」と。(後で撮ったもの)
1
ロープウェイすれ違い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイすれ違い。
山頂パノラマ台。やはり富士山見えないか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂パノラマ台。やはり富士山見えないか。
ここ羅漢寺山は金峰山系。五丈岩見たかったな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ羅漢寺山は金峰山系。五丈岩見たかったな。
頂上にもお社が。縁結びの神様とか。近くの和合権現はインパクト有り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上にもお社が。縁結びの神様とか。近くの和合権現はインパクト有り。
石段が切ってある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石段が切ってある。
さっきのはパノラマ台、こちら展望台。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきのはパノラマ台、こちら展望台。
弥三郎岳へは一転して登山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥三郎岳へは一転して登山道。
弥三郎岳山頂。スリルがある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥三郎岳山頂。スリルがある。
奥に三角点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に三角点。
白い花崗岩。甲斐駒もこんな感じなんだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い花崗岩。甲斐駒もこんな感じなんだろうか。
パノラマ台に戻ると、霞んでいたが富嶽が姿を。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ台に戻ると、霞んでいたが富嶽が姿を。
影絵の森美術館よかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
影絵の森美術館よかった。
館内でおざら。冷たい麺と温かいつけ汁。存在は知っていたが初めて食べた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
館内でおざら。冷たい麺と温かいつけ汁。存在は知っていたが初めて食べた。
甲府に戻り中銀スタ。八ッ見えず。今年は雲の多い山梨遠征になった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲府に戻り中銀スタ。八ッ見えず。今年は雲の多い山梨遠征になった。
南。近場の山々を。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南。近場の山々を。
南東お月様。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南東お月様。
甲斐駒や北岳を覆う雲と空が美しかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒や北岳を覆う雲と空が美しかった。

感想/記録

今年も南アルプス登山からサッカー観戦、の予定だったが、月初めに体調を崩し体力を考え断念。仙水小屋泊まりたかったなあ。

以前時間が無く寄れなかった昇仙峡へ日帰りでお気楽ハイキング。奇岩を見上げながらきれいな水の渓谷をゆるりと歩く。

遊歩道はそれ程暑くはなかったが水辺から離れているので涼しくもなく。滝は見事。ここは秋来たら良いのだろう。混むかな。商店街を観光バスが抜けていく。ロープウェイ、ゴンドラ窓からの風が心地よい。

弥三郎岳は面白い形の山頂で来てみて良かった。容易に滑り落ちれるな、これは。薄い雲から陽射しもそれなりに。石焼きステーキになれそうな気がした。

藤城清治氏の影絵館は寄って見たかった。素敵。お休み処のはちみつを使ったソフトにかなり惹かれたが一つ食べていたので我慢。病み上がりには丁度良い行程だったとバスを待ちながら。

甲府に戻りサッカー。甲斐駒や北岳をみる為にバックスタンド観戦、そんな時に限って雲に覆われた山々。まあ予感は。金峰山も上から見えなかったし。あれが五丈岩か、って言ってみたかったが。焼ける空と蒼い芝生を眺めながら山の事を考えた。
始発乗ってまた次回。
訪問者数:254人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ