ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 917590 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲・地獄谷6、奥高座の滝

日程 2016年07月17日(日) [日帰り]
メンバー rarabike
天候蒸し風呂の様な曇り
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雨上がりで、何処も彼処も滑ります。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

水量多めの高座の滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水量多めの高座の滝。
地獄谷を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷を進みます。
ジャブジャブと進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャブジャブと進みます。
2
新兵器はコレ。
モンベルのキャニオンサンダル。
4200円。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新兵器はコレ。
モンベルのキャニオンサンダル。
4200円。
2
近づきすぎて、
滝の番号がわかりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近づきすぎて、
滝の番号がわかりません。
今日の蜘蛛の巣は、
不意打ちもなく、
綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の蜘蛛の巣は、
不意打ちもなく、
綺麗です。
中央稜を横断して、
荒地山第二堰堤から、
初めての奥高座の滝へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央稜を横断して、
荒地山第二堰堤から、
初めての奥高座の滝へ。
1
これ、怖いです。
無くても良かったのでは。。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これ、怖いです。
無くても良かったのでは。。。。
1
いつもの靴なので、
地上を歩いてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの靴なので、
地上を歩いてます。
1
奥高座の滝。
予想通り、右にも水が流れています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥高座の滝。
予想通り、右にも水が流れています。
2
登りたそうな後ろ姿。
左手に握っている新兵器は?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りたそうな後ろ姿。
左手に握っている新兵器は?
2
スマホ用遠隔スイッチ。
190円。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スマホ用遠隔スイッチ。
190円。
2
奥高座の滝、本流?
登れそうだけど、絶対濡れる!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥高座の滝、本流?
登れそうだけど、絶対濡れる!
2
行きに見逃した神様。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きに見逃した神様。
2
暑いので、素直に戻って来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑いので、素直に戻って来ました。
1
奥高座の滝で履き替えた新兵器3。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥高座の滝で履き替えた新兵器3。
2
エアー地下足袋。
4300円。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エアー地下足袋。
4300円。
3

感想/記録

奥高座の滝への入り口を、いつも、いつも通り過ぎていたので、
折角の雨上がりなので、行ってきました。
ちょうど、日が射してきて、
のんびりと昼寝でもしたくなる空間でした。

それと、今回は、
毎週登山が途切れた時に、ご当地縦走の、
梅田縦走、難波縦走、阿倍野縦走の梯子で手に入れた新兵器の確認。

スマホ用遠隔スイッチは、
2秒タイマーと合わせて使うと、最高でした。
残る難題は、セッティングに時間が掛かること。

モンベルのキャニオンサンダルは、
少しでも岩に突起があれば、万能でしたが、
愛用のKaepaキャラバンシューズと比べると、
吸い着き感が足りないような気がして、
今回、結構両手を使いました。
靴下を穿いていた為、砂もそれほど気になりませんが、
出ていくことはありません。
沢を終えた後の急登にも、そのまま使えましたが、
土は入り放題です。
重さは490グラムですが、ザック内でかさばります。

エアー地下足袋は、
苔と濡れた鉄には、完敗です。
今回下りから家まで使いましたが、
疲れ知らずというところでしょうか。
晴れた夏場向き?
重さは520グラムですが、濡れたらザック内で重くなります。

訪問者数:111人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザック 急登 堰堤 サンダル
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ