ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 917734 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走飯豊山

ガス々&雨の飯豊山:でも中々イイデすよ

日程 2016年07月16日(土) 〜 2016年07月17日(日)
メンバー KaS
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大日杉登山口駐車場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間40分
休憩
15分
合計
7時間55分
S大日杉小屋04:2505:10長之助清水06:55地蔵岳07:0007:25語らいの丘07:50目洗い清水10:00切合避難小屋10:1010:45草履塚11:05御秘所12:20飯豊山避難小屋、本山小屋、飯豊山神社
2日目
山行
5時間29分
休憩
16分
合計
5時間45分
飯豊山避難小屋、本山小屋、飯豊山神社05:2005:28飯豊山05:3105:37飯豊山避難小屋、本山小屋、飯豊山神社05:4006:10御秘所06:2006:40草履塚07:05切合避難小屋08:30目洗い清水08:50語らいの丘09:15地蔵岳10:20長之助清水11:00大日杉小屋11:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
木の根が入り組んだ登山道は濡れると滑りまくり。傾斜した根は踏まない。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

まだ薄暗い大日杉小屋前から出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ薄暗い大日杉小屋前から出発
4
橋を渡って右手の小屋の中に登山届用紙提出BOXがある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡って右手の小屋の中に登山届用紙提出BOXがある
3
いきなり「ザンゲ」坂って... (^ ^; でも、登りの時はあまり濡れていなかった。手がかりも足場も豊富で、くさりを使わなくても問題なし。(「ザンゲ」の意味は帰路で分かりました) 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり「ザンゲ」坂って... (^ ^; でも、登りの時はあまり濡れていなかった。手がかりも足場も豊富で、くさりを使わなくても問題なし。(「ザンゲ」の意味は帰路で分かりました) 
7
周囲はどんよりと「もや」模様
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周囲はどんよりと「もや」模様
1
少し登ると、低い雲海の上に。それに日が射してきて、テンションが上がってきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登ると、低い雲海の上に。それに日が射してきて、テンションが上がってきます
6
長之助清水だそうですが、水は十分持って来たので、先を急ぎます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長之助清水だそうですが、水は十分持って来たので、先を急ぎます
1
御田だそうですが、ただの「ぬかるみ」に見えました。すぐ横に「御田の大杉」があるのですが、この時は気づきません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御田だそうですが、ただの「ぬかるみ」に見えました。すぐ横に「御田の大杉」があるのですが、この時は気づきません
1
雲海がだいぶ下に見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海がだいぶ下に見えてきました
5
やっぱりブナの木はいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱりブナの木はいい
1
飯豊山方面と思うが、山頂部はガスガス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊山方面と思うが、山頂部はガスガス
1
登ってきた尾根筋。カッコいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた尾根筋。カッコいい
13
まずは、地蔵岳(1539 m)山頂に到着。ここまでの水平距離、約3キロ。だがこの間、930 mも標高を稼ぐ。登りもくだりも大変だ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは、地蔵岳(1539 m)山頂に到着。ここまでの水平距離、約3キロ。だがこの間、930 mも標高を稼ぐ。登りもくだりも大変だ
4
地蔵岳の三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳の三角点
2
道は直角気味に折れて、切合小屋に向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は直角気味に折れて、切合小屋に向かう
2
センジュガンピ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
センジュガンピ?
2
晴れるかな? (^^)!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れるかな? (^^)!
2
ヒメサユリがペアで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメサユリがペアで
14
ハクサンシャクナゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲ
5
ダケカンバの枝が縦横無尽に暴れている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケカンバの枝が縦横無尽に暴れている
3
「御坪」秋は紅葉がいいらしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「御坪」秋は紅葉がいいらしい
2
クルマユリが2輪並んで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルマユリが2輪並んで
8
タカネマツムシソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネマツムシソウ
6
すこしずつ晴れてきているような。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すこしずつ晴れてきているような。。
3
あまり人を怖がらないようだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまり人を怖がらないようだ
8
切合小屋が見えた。例年に比べて少ないようだが、まだ雪渓が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切合小屋が見えた。例年に比べて少ないようだが、まだ雪渓が見える
5
雪渓に落ちる滝が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓に落ちる滝が見えた
5
種蒔山に向かう途中の水場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
種蒔山に向かう途中の水場
2
流れはさらに下へ。その周辺は植生が異なる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流れはさらに下へ。その周辺は植生が異なる
3
オトメユリとも呼ばれるらしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オトメユリとも呼ばれるらしい
7
ミヤマリンドウ(飯豊リンドウ?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマリンドウ(飯豊リンドウ?)
7
ヒメサユリが増えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメサユリが増えてきた
4
ウラジロヨウラクかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラクかな
2
ニッコウキスゲとヒメサユリの競演
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲとヒメサユリの競演
2
切合小屋への巻き道は雪渓が悪そうなので、雪渓横を直登する
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切合小屋への巻き道は雪渓が悪そうなので、雪渓横を直登する
4
キクザキイチゲも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キクザキイチゲも
5
ゴージャスなヒメサユリも全てびしょ濡れ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴージャスなヒメサユリも全てびしょ濡れ
9
切合小屋についた。「水は好きなだけ汲んでいって!」って、やさしい管理人さん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切合小屋についた。「水は好きなだけ汲んでいって!」って、やさしい管理人さん
6
上だけ咲いているヨツバシオガマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上だけ咲いているヨツバシオガマ
1
こんなにソバナを見たのは初めて(ソバナではなく、ミヤマシャジンのようとのこと: 追記 2016.7.20)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなにソバナを見たのは初めて(ソバナではなく、ミヤマシャジンのようとのこと: 追記 2016.7.20)
7
チングルマがまだ咲き初め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマがまだ咲き初め
2
シナノキンバイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノキンバイ
3
もう2.1kmで本山小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう2.1kmで本山小屋
3
ハクサンフウロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
11
ガスが濃くなり、突然白い姥が。。 ビックリ仰天!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが濃くなり、突然白い姥が。。 ビックリ仰天!
2
姥権現。これは怖いわ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姥権現。これは怖いわ
3
いよいよ御秘所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ御秘所
2
ガスのため、それほど高度感はない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスのため、それほど高度感はない
2
でも、振り返ると、それなりの難所に見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、振り返ると、それなりの難所に見える
3
ナウマンゾウの目から鼻の付け根に鎖がついてる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナウマンゾウの目から鼻の付け根に鎖がついてる
3
岩場を好むチシマギキョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を好むチシマギキョウ
5
さて、そろそろ着くかと思う間もなく、御坂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、そろそろ着くかと思う間もなく、御坂
1
やっとのことで急な大坂を登る(あのケルンのような2つの岩山は人工物?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとのことで急な大坂を登る(あのケルンのような2つの岩山は人工物?)
3
ウスユキソウが出迎えてくれた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウスユキソウが出迎えてくれた
5
イイデリンドウだとさ。まだ蕾
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イイデリンドウだとさ。まだ蕾
10
本山小屋が見えてきた(何と、本山小屋正面、内部、神社などの写真が無いぞ。ホッとして撮り忘れたらしい。。(他人事。。)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本山小屋が見えてきた(何と、本山小屋正面、内部、神社などの写真が無いぞ。ホッとして撮り忘れたらしい。。(他人事。。)
3
夕方、一瞬晴れて飯豊山頂が姿を現す。同泊のBさんに撮って送って頂いた。ありがとうございました。Bさんは、翌早朝、大日岳に向かった
2016年07月16日 17:10撮影 by QCAM-AA, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方、一瞬晴れて飯豊山頂が姿を現す。同泊のBさんに撮って送って頂いた。ありがとうございました。Bさんは、翌早朝、大日岳に向かった
3
翌朝、まず山頂を目指す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、まず山頂を目指す
4
途中でポツポツ雨が降り出す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中でポツポツ雨が降り出す
1
今日の天気もイマイチかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の天気もイマイチかな
1
ニッコウキスゲの花畑。それにしても深い山域だ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲの花畑。それにしても深い山域だ
4
急に風が強くなり、2輪のキスゲが舞い踊る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に風が強くなり、2輪のキスゲが舞い踊る
2
一応、頂上をとった。だけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応、頂上をとった。だけ
9
ハクサンシャクナゲ:ゴージャス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲ:ゴージャス
4
かなたに親子富士のような磐梯山が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなたに親子富士のような磐梯山が見えた
6
雲海が荒波のよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海が荒波のよう
5
帰る道(長いぞ〜)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰る道(長いぞ〜)
7
東北アルプスと呼ばれる理由が分かる景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東北アルプスと呼ばれる理由が分かる景色
6
大日岳に至るパノラマ(ついにその頂上は姿を見せてくれなかった)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳に至るパノラマ(ついにその頂上は姿を見せてくれなかった)
3
まずは、切合小屋へくだる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは、切合小屋へくだる
2
御秘所が近づく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御秘所が近づく
5
高校生軍団か?通過に時間がかかっている(いったん怖いと思ってしまうと中々スムーズに体が動かない)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高校生軍団か?通過に時間がかかっている(いったん怖いと思ってしまうと中々スムーズに体が動かない)
8
下を見るとこんな感じだし。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下を見るとこんな感じだし。。
3
一瞬、光が差し込む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬、光が差し込む
3
切合小屋とテント場が見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切合小屋とテント場が見えてきた
3
休憩を取らずにそのまま種蒔山へ(切合小屋を振り返る)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩を取らずにそのまま種蒔山へ(切合小屋を振り返る)
1
登りと同じように、雪渓脇をゆっくりくだる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りと同じように、雪渓脇をゆっくりくだる
3
例の水場を逆方向から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例の水場を逆方向から
2
雨が降り出した。一面の苔も元気そう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が降り出した。一面の苔も元気そう
1
これ以降、雨が強くなり、写真が少ない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これ以降、雨が強くなり、写真が少ない
1
やっとのことで地蔵岳まで帰ってきた。しかしこれからが、激くだり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとのことで地蔵岳まで帰ってきた。しかしこれからが、激くだり
3
御田の横に、こんな大杉(御田権現)があったのか〜。全容を撮るのは無理な大きさだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御田の横に、こんな大杉(御田権現)があったのか〜。全容を撮るのは無理な大きさだ
5
木の根のストラクチャーの罠に翻弄され続けてなお、最後の最後に「ザンゲ」しなければならない。修行の道の厳しさ。濡れて泥のついた鎖は、ほとんど役に立たず、時間をかけて慎重に降りた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根のストラクチャーの罠に翻弄され続けてなお、最後の最後に「ザンゲ」しなければならない。修行の道の厳しさ。濡れて泥のついた鎖は、ほとんど役に立たず、時間をかけて慎重に降りた
6
エゾアジサイがお帰りなさい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾアジサイがお帰りなさい
5
大日杉のあった場所だそうな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日杉のあった場所だそうな
3
無事に帰ったぞぃ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に帰ったぞぃ
10

感想/記録
by KaS

 世は連休なのだが、天気はあまり良くなさそう。と、思っていたら、2,3日前に予報が変わり、土曜日は飯豊山も悪くないぞ、という一瞬の情報判断が今回の難儀山行の起点。
 一応、初日は大日杉登山口から御西小屋まで行き、翌朝、大日岳山頂を取ってから戻る、という、前夜車中泊での1泊2日の計画で臨んだ。が、切合小屋までのアップダウンの(というか、まずは最初の3キロで1000メートル近くを急登する)厳しさに音を上げ、飯豊山山頂小屋直前の御坂でもがいている最中、大粒の雨が降り出したのがとどめとなり、まだ12時過ぎながら、早々と頂上小屋(本山小屋)泊を決めてしまった。テン泊装備を持ってきたのだが、雨が降りそうだし、「今日はあまり混まないだろう」という管理人さんの話もあり、まったりすることにしたのだ。周辺はガスガス。飯豊山頂上も見えない状況では、どうしようもなく、同様の皆さまといろいろな話をして時間つぶしをした。夕方から一瞬晴れて、同泊の方に山頂の写真を撮って、送って頂いた。
 実はその間、続々と宿泊者が到着し、神社泊の方々を含め(多分50人に迫る)夏休みの唐松岳小屋以来のギュウギュウ詰めの小屋となった。しかし、皆さんのマナーもよく、静かに就寝されて、私もそれなりに快適に記憶を無くし、目を覚ましたのは3時頃。4時までは安静のルールなので、それまで静かに瞑想?して過ごした。
 翌朝、空身で飯豊山山頂に向かう途中、パラパラ雨が降り出した。その後、切合小屋あたりまで戻る間は、雨は何とかあがっていてくれたものの、その後、少しくだると、結構な降りとなった。この前の船形山山頂小屋泊と時と同様、時々吹く風に伴い頭上の木々の葉や枝から降り注ぐ大粒の雨と、顔や胸の高さに道をふさぐ枝葉、足元の草等から、多量の給水を受け、衣服はもちろん靴の中まで満水状態。道も十分に水分を含んだ状態で、濡れた木の根のストラクチャーを踏むと、面白いように滑りまくる。下りのザンゲ坂はホントに懺悔している気持ちでやっとのことで降りた(泥に濡れた鎖はほとんど役に立たなかった)
 もし、当初の計画通りに御西小屋まで行っていたら、もう一泊しなければならなかった気がする。次は天気のいい時にゆっくり来たい。
 小屋泊の時、近くの方々には楽しくお話しさせて頂いた。小屋泊まりはそれが醍醐味ですね。

*追記(2016.7.18)第1日目の夕方の飯豊山頂写真を頂いたBさんは、この山行で100名山の99座目達成だったそうです。100座達成時はお祝いしたいなー
訪問者数:628人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/24
投稿数: 2
2016/7/18 12:05
 お疲れ様でした!
本山小屋にて同泊、翌日切合小屋まで同行させていただいた者です。
 今回の山行では、生憎の天候で飯豊本来の素晴らしい眺望はありませんでしたがKaSさんをはじめ小屋泊の方々と楽しい会話をさせて頂き、それはそれで大変充実した山行となりました。ありがとうございます。下山時の雨には参りましたが・・・。KaSさん同様、大日杉に着いたときには雨だか汗だか分からないくらいの濡れネズミでした。

 そう言えば、管理人さんと外で雑談をしているときの話の中で『条件よけりゃ、大日岳と牛首山の間から剱岳が見えるぞ!鹿島槍もな!』との一言。それを聞いていた一同『えっ!ホント!』その驚きに答えるように管理人さん手書きのスケッチを見せてくれました。『お〜、凄い!ここ飯豊からそれが見えるとは・・・!』
小生、帰ってきて早々お盆休みの後半にでもそれを確認できたらと、再び飯豊山山行を計画中です。

それではKaSさん、お体に気を付けてこれからも山旅を楽しんで下さい。
KaS
登録日: 2013/4/13
投稿数: 73
2016/7/18 16:47
 Re: お疲れ様でした!
 taka319さん、コメント頂き、有難うございます。

 小屋での、taka319さん、Bさん、仲のいい父娘ペア、手倉森監督似と言って頂いたおじさんとのお話しとゆったりした時間、至福の時でした。また、切合小屋まで楽しくくだって頂いて、有難うございました。
 天候は良くなかったけど、もう一度チャレンジしようと思う元気を貰えた山行でした。次は、できれば素晴らしい紅葉の景色を(剱岳と鹿島槍の姿も)見に行きたいと思います。

では、またどこかで ^^) /~
登録日: 2012/5/20
投稿数: 481
2016/7/18 19:32
 イイデ
おばんです。
こちらの山域でしたか。
自分も次は、アソコかアソコか朝日かイイデと考えてました。
貴重なレコありがとうございます。
それにしても距離、標高差を考えると飯豊はきつそうなイメージが。
いつか登れる日が来るのかと思ってしまいます。
登録日: 2013/11/12
投稿数: 894
2016/7/18 21:01
 お疲れさまでした。
KaSさん。こんばんは😃🌃
飯豊山行ってきたんですね。😃✌
実は、私も、週末狙っていたんですよ。
ただ、天気が悪そうだったので、取り止めてしまいました。(意気地無しです。)
レコ見て、やはり、1泊がいいなと思いました。切合小屋にデポして、泊まろかとも思っていますが、小屋の混み具合はどんなもんだったでしょうか?
テン泊装備を持っての登山、私には真似できません。凄いです。(^-^)
KaS
登録日: 2013/4/13
投稿数: 73
2016/7/18 22:25
 Re: イイデ
 juanさん、何をおっしゃるんですか。juanさんならば、飯豊全山縦走でも2泊、いや、1泊でも全く問題ないはずです。
 今回、ザンゲ坂を少し過ぎたあたりで、「このくらいの登りは赤城山よりまし」と励まし合う3人組の脇を通り過ぎましたが、その後、会うことはありませんでした。一方、ザンゲ坂直上で追い抜いたおじさんは、15:00くらいにゆっくり本山小屋に到着され、小屋では楽しいお話しを聞かせて頂きました。
 登山口までのアプローチは少し長いですが、それを補って余りある深く魅力一杯の山でした。juanさんのイイデレコ、首を超長くして待ってまよー
KaS
登録日: 2013/4/13
投稿数: 73
2016/7/18 22:40
 Re: お疲れさまでした。
 FUKUSIMAさん、あなたのせいですよ、この週末、イイデを選んだのは。
って、マジですよ。これまで飯豊山系は憧れの山域で、とても私に行けるところではないと思っていたのですが、FIKUSIMAさんが「どうせ行くなら1泊で行きたい」とか、なんとか、おっしゃっているのが目に入ってしまい、ついつい計画してしまいました。私には厳しすぎる山域ではありましたが、その深さに魅了されました。
 今回の本小屋はかなり混み混みでしたが、お盆やシルバーウィーク以外はこんなに混む感じでは無いとのことでした。切合小屋の込み具合はもう少し穏やかだったと思います。
 でも一番いいのは、天気のいい平日でっせっ! サラリーマンには禁断の一手ですが、飯豊に行くなら、年休を取っても、とってもイイデーなんチって ← って、死語ですね。。
登録日: 2013/11/12
投稿数: 894
2016/7/18 23:10
 Re[2]: お疲れさまでした。
貴重な情報ありがとうございました。(^-^)
私の迂闊な呟きのせいで、KaSさんを飯豊に魅了させてしまい、m(._.)mです。(笑)
飯豊は、イイデは、まだ、おじさんの口から聞くこともありますので、死語にはなっていないと思います。(笑)
禁断の一手使いますか。でも、もう夏休みですよね。夏休みは、アルプス行きたいしなあ。
KaS
登録日: 2013/4/13
投稿数: 73
2016/7/19 8:04
 Re[3]: お疲れさまでした。
> KaSさんを飯豊に魅了させてしまい、m(._.)mです。(笑)

 なんのなんの。でも、飯豊といい、魔女の瞳といい、見事、FUKUSIMAさんの罠に掛っちゃってますね〜(笑)。
 アルプスですか、メジャーなところは人も多いでしょうね。そのうち、穴場を呟いてください(爆)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ