ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 917882 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

雨の合間の金剛山・もみじ谷

日程 2016年07月17日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山akipapa, その他メンバー1人
天候曇り時々小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち35%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間46分
休憩
56分
合計
4時間42分
S水越峠09:4310:08金剛の水10:0910:16カヤンボ11:41山頂広場12:3012:37金剛山12:41一の鳥居12:45郵便道分岐13:03高天・橋本院分岐13:15朝原寺道分岐13:23旧パノラマ台13:2713:49金剛の水13:5114:25水越峠14:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

9:41 水越峠を出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:41 水越峠を出発。
7
あじさいのお出迎え。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あじさいのお出迎え。
4
あじさいは雨天が似合う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あじさいは雨天が似合う。
2
へびのような巨大ミミズ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
へびのような巨大ミミズ
3
雨こそ降ってませんが、今にも降りだしそうな曇天。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨こそ降ってませんが、今にも降りだしそうな曇天。
4
超元気なあき。
昨日の疲れもまったく感じさせない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
超元気なあき。
昨日の疲れもまったく感じさせない。
6
県境尾根のシール発見。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根のシール発見。
4
登り口を確認してみる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り口を確認してみる。
2
ここを登ると思われるが、倒木、藪は大丈夫かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを登ると思われるが、倒木、藪は大丈夫かな?
1
ご機嫌のあき。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご機嫌のあき。
6
ホタルブクロ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホタルブクロ。
3
ダイコンソウの大きな花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイコンソウの大きな花。
5
オカトラノオ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オカトラノオ
2
10:14 もみじ谷入口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:14 もみじ谷入口
4
矢印のとおりに進み、川を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢印のとおりに進み、川を渡ります。
6
増水し、濁流となっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
増水し、濁流となっています。
1
緑が美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑が美しい。
3
10:43 休憩スポット
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:43 休憩スポット
5
大根キムチ食べたいな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大根キムチ食べたいな。
2
この滝は右から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝は右から。
2
この雰囲気、いいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この雰囲気、いいです。
4
10:51 右の本流ルートへ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:51 右の本流ルートへ。
1
写真では表現できませんが、頭上からは
蝉の鳴き声が降り注いできます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真では表現できませんが、頭上からは
蝉の鳴き声が降り注いできます。
3
第六堰堤
冬季の人気スポットです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第六堰堤
冬季の人気スポットです。
7
左側を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側を登ります。
1
右が本流の正規ルート、
今日は左の谷へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が本流の正規ルート、
今日は左の谷へ。
3
そのまま直登できそうですが、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま直登できそうですが、
2
左のお助けロープで楽々登攀。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左のお助けロープで楽々登攀。
3
巨大な倒木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨大な倒木。
2
アカショウマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカショウマ
1
右は餌場尾根方向、今日は左の谷へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右は餌場尾根方向、今日は左の谷へ。
3
水量が少なくなってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水量が少なくなってきました。
1
ここも左。
katatumuriさんが難渋されたのはここの右の谷?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも左。
katatumuriさんが難渋されたのはここの右の谷?
2
11:19 源頭部分へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:19 源頭部分へ。
2
左の斜面を登り、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の斜面を登り、
1
ササ藪を越えて(踏みあとはしっかりとあります)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ササ藪を越えて(踏みあとはしっかりとあります)
4
もみじ谷の正規ルートに合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もみじ谷の正規ルートに合流。
4
11:31 メインの登山道に合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:31 メインの登山道に合流。
4
ガスってるこの雰囲気、好きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってるこの雰囲気、好きです。
2
11:39 山頂に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:39 山頂に到着。
3
思いの外人が多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思いの外人が多い。
3
雨は降っていない。
戸外で昼食。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨は降っていない。
戸外で昼食。
8
12:28 下山開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:28 下山開始。
1
帰路はダイトレで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路はダイトレで。
3
小雨がパラパラ、傘のいらない程度。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雨がパラパラ、傘のいらない程度。
1
13:20 旧パノラマ台
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:20 旧パノラマ台
5
雨はあがっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨はあがっています。
1
14:21 水越峠に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:21 水越峠に到着。
7

感想/記録

昨日の長距離ハイクの疲れを癒すべく、今日は骨休めも兼ねて
金剛山もみじ谷に向かうことに。
天気予報は夕方からの雨、にもかかわらず自宅周辺では8時過ぎから
雨が降りだした。けっこう強い雨。9時過ぎにやや小降りに。
この程度なら何とかなるかと登山決行。水越峠頂上へ。
着いてみると雨は上がっていた。これなら行けそうと
予定どおりもみじ谷をめざす。林道を登っていると、前方より
ランで降りてくる一団が。その中になんと私の勤務先のT氏の姿が。
少し前は土砂降りの雨、登山道が濁流になっていたとのこと。
林道のあちこちに大きな水たまり、これはかなり降ったなと思って
いたがやはり。ひょっとしてGOCHANさんに会えるかもしれないと
思い、やや遅めのスタートをして大正解。午後から天気が崩れるからと
早朝から登っていたらひどい目に遭うところだった。なんという幸運。
途中、気になっていた県境尾根の標識を確認、ついでに登山口もチェック。
登る人が増え、整備されるといいが。
やがてもみじ谷へ。いきなり矢印のペンキ。川はかなり増水していた。
さらに堰堤へ。くっきりと数字の書き込みが。不快に思っていたこの
書き込み、昨日の二本ボソ山の下山時には標識に大いに助けられた。
不案内なルートではゴミですら勇気をもらう。
こんなの不要とはちょっと言いにくい・・・
ただわざわざ苔を削ってまで書き込むのはやり過ぎかと。
心地よい川の流れ、鮮やかな緑、頭上から降り注ぐ蝉の声を楽しみながら
渓流ルートを登った。もみじ谷はルートの大半が川沿いの緩やかな登り。
登攀困難個所が所々あるものの、私達は問題なし。
はあはあぜいぜい、大汗をかき息を切らしながらの山登りとはまるで違う。
いったん道筋を覚えてしまえばこんなにいいルートはない。
今回も沢歩きを堪能し山頂に到着した。思いの外、人が多い。
雨も降っておらず実に快適。戸外のテーブルで昼食。
食事の終わり頃にぽつりぽつりときた。帰路はダイトレで。
雨は急に激しくなりだしたがすぐに止む。傘は使わずに下山できた。
大雨には遭わず、降雨は下山時の一瞬という幸運な登山だった。
訪問者数:260人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/1/5
投稿数: 823
2016/7/18 9:56
 正解でしたね〜
10時頃からのスタート、バッチリでしたね。
最近の天気は読めないですね。
だからこそ、慎重に行動しないとダメなんですが・・・
登録日: 2013/11/27
投稿数: 125
2016/7/18 17:07
 骨休め?
骨休めがもみじ谷登攀とは!! 私は濁流を見ただけで、尻込みしていたかと思います。今回はお目にかかるチャンスを逃しましてごめんなさい。akipapaさんは、小生の二十倍以上のペースで歩いておられますね。そのうちにぜひよろしくです。 
登録日: 2012/4/21
投稿数: 1732
2016/7/18 21:16
 Re: 正解でしたね〜
私の場合は単に運が良かっただけ、ほんと行き当たりばったりです。
kamaさんが早朝に行かれたのは、手に入る情報の中での最良の判断だったと
思います。しかし9時前後に集中豪雨とは、自然現象は手ごわいですね!
登録日: 2012/4/21
投稿数: 1732
2016/7/18 21:18
 Re: 骨休め?
今回はgochanさんのおかげで、運よくほとんど雨に遭わず登れました。
まさに幸運の女神?
ぜひご一緒させてください。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ