ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 917929 全員に公開 沢登り奥多摩・高尾

ぼくのなつやすみ2016 ~奥多摩川苔谷逆川遡行から川乗山へ

日程 2016年07月17日(日) [日帰り]
メンバー taxi(記録)
天候曇りで湿度高いが雨はなし、ときに薄日が差す
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR南武線:川崎ー立川
JR青梅線:立川ー青梅
JR奥多摩線:青梅ー奥多摩(ここまで1,250円)
西東京バス:JR奥多摩駅−川乗橋バス停(260円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
45分
合計
6時間15分
S川乗橋バス停07:4508:15下降点(ちょっと行き過ぎた)08:3010:30大ダワ林道交差点(標高955mくらい)10:4010:551030二股11:0012:05川苔山山頂12:2014:00JR鳩ノ巣駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ツェルト(1) ロープ(8mm×20m) カラビナ スリング ATC ハーネス ヘルメット 沢靴 沢靴下 沢タイツ 上着 グローブ 防寒着 着替え アプローチシューズ 行動食 非常食 救急セット リペアキット 地図(25000分の1) GPS カメラ

写真

4:45に川崎をでっぱつして早3時間。川乗橋バス停を降りて、いよいよ出発ですよ!なつやすみフゥー!!(実際は寝起きローテンションで黙々とパッキングをする)
2016年07月17日 07:46撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4:45に川崎をでっぱつして早3時間。川乗橋バス停を降りて、いよいよ出発ですよ!なつやすみフゥー!!(実際は寝起きローテンションで黙々とパッキングをする)
登山する人も、沢登りする人もこの林道を使うんだね!やっべぇぞ!!テンションあがるぅ!(実際は)
2016年07月17日 07:46撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山する人も、沢登りする人もこの林道を使うんだね!やっべぇぞ!!テンションあがるぅ!(実際は)
今回はカメラが不調でピントをとってくれないことしばしば。フィルターを紛失したせいなのか?
2016年07月17日 07:47撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はカメラが不調でピントをとってくれないことしばしば。フィルターを紛失したせいなのか?
沢に入って凍えないようにと林道をぶいぶい歩いていたら下降点を100mほど行き過ぎた。恥ずかしいので沢靴に履き替えたりして他登山者をやり過ごしてから下降点に戻る。
2016年07月17日 08:28撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に入って凍えないようにと林道をぶいぶい歩いていたら下降点を100mほど行き過ぎた。恥ずかしいので沢靴に履き替えたりして他登山者をやり過ごしてから下降点に戻る。
にゅう★けい。水はぬるくて心地よい。
2016年07月17日 08:32撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
にゅう★けい。水はぬるくて心地よい。
1
でもしょっぱなから腰まで浸かったらやっぱり寒くて「おうふ・・・っ!」って声が出た。深みは避けていきたい、沢登りでも、人生でも。
2016年07月17日 08:41撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもしょっぱなから腰まで浸かったらやっぱり寒くて「おうふ・・・っ!」って声が出た。深みは避けていきたい、沢登りでも、人生でも。
1
ヤマレコで予習してた3m+7mの滝。へへ、おいでなすったぜ(両手ぶらり)
2016年07月17日 08:42撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマレコで予習してた3m+7mの滝。へへ、おいでなすったぜ(両手ぶらり)
1
7mは右の苔っぽいところを我武者羅に登りました。手がかり多め。愛羅武勇(言いたいダケ)
2016年07月17日 08:44撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7mは右の苔っぽいところを我武者羅に登りました。手がかり多め。愛羅武勇(言いたいダケ)
5
心の余裕があるうちに綺麗なものを撮っておく。知らないだけかもしれないけれど、北海道で見たことがない。
2016年07月17日 08:49撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心の余裕があるうちに綺麗なものを撮っておく。知らないだけかもしれないけれど、北海道で見たことがない。
3
好ましい。
2016年07月17日 08:53撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
好ましい。
1
ナイス函!でも回避。これがパーティ行動だったら粋がって突入しちゃうんだろうな。
2016年07月17日 08:54撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイス函!でも回避。これがパーティ行動だったら粋がって突入しちゃうんだろうな。
1
未来予想図はー、ほーらー♪ 

口ずさんでは見たものの、その虚ろな目は深宇宙で焦点を結び、なにも語ってはくれない。
2016年07月17日 08:57撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
未来予想図はー、ほーらー♪ 

口ずさんでは見たものの、その虚ろな目は深宇宙で焦点を結び、なにも語ってはくれない。
沢の目印ではないと思いますが、右岸沿いの木にずっと白ペンキ。「あってますよ。大丈夫ですよ」って言われているようで、卑屈な半笑いになる
2016年07月17日 09:11撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の目印ではないと思いますが、右岸沿いの木にずっと白ペンキ。「あってますよ。大丈夫ですよ」って言われているようで、卑屈な半笑いになる
1
たのしいシャワークライム。
2016年07月17日 09:20撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たのしいシャワークライム。
1
トイ・トイ・トイ。おまじないのことば。
2016年07月17日 09:21撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイ・トイ・トイ。おまじないのことば。
1
モス・モス・モス。苔むした岩場。
2016年07月17日 09:23撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モス・モス・モス。苔むした岩場。
2
一本立ち。
2016年07月17日 09:28撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一本立ち。
貴女には見えるだろうか。途切れそうな想い(残置シュリンゲ)が(使った)
2016年07月17日 09:29撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貴女には見えるだろうか。途切れそうな想い(残置シュリンゲ)が(使った)
2
トラロープ。ちょっと意味が分からないのだが、滝が埋まったのか、支点が崩落したのか。
2016年07月17日 09:45撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラロープ。ちょっと意味が分からないのだが、滝が埋まったのか、支点が崩落したのか。
深いところは避ける。それが生きる道。
2016年07月17日 10:03撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深いところは避ける。それが生きる道。
2
ヤマレコで大人気(わたし調べ)の「最後は突っ張って越える滝」。登ってる姿が写ってないと面白さがビタいち伝わらない。
2016年07月17日 10:18撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマレコで大人気(わたし調べ)の「最後は突っ張って越える滝」。登ってる姿が写ってないと面白さがビタいち伝わらない。
3
腹まで水に浸かって取り付く。避けられない戦いが、そこに、ある。
2016年07月17日 10:21撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腹まで水に浸かって取り付く。避けられない戦いが、そこに、ある。
2
大物登場の予感しかない。
2016年07月17日 10:30撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大物登場の予感しかない。
大ダワ林道出合い手前の大物。秒速で巻き道を探したが、結局流れ右脇直登が安全牌。ホールドは豊富。何より岩が硬いのがありがたい。
2016年07月17日 10:30撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ダワ林道出合い手前の大物。秒速で巻き道を探したが、結局流れ右脇直登が安全牌。ホールドは豊富。何より岩が硬いのがありがたい。
1
[啼擦鮖箸辰涜腑瀬鏃侏海撚嫉
⇔啼擦ら登山道にでて川乗山山頂へ
このまま沢を詰めて川乗山山頂へ
2016年07月17日 10:43撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[啼擦鮖箸辰涜腑瀬鏃侏海撚嫉
⇔啼擦ら登山道にでて川乗山山頂へ
このまま沢を詰めて川乗山山頂へ
林道が誘っている。大ダワはこっちだよ、って。安全だよ、って。
2016年07月17日 10:43撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が誘っている。大ダワはこっちだよ、って。安全だよ、って。
でも時間もあるしなつやすみだもの、沢続行!!
2016年07月17日 10:44撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも時間もあるしなつやすみだもの、沢続行!!
1
2つ目の大物も直登。「だいじょうぶ。オマエは絶対落ちない。おちない!」ってつぶやいてた。相変わらず岩は硬くて良い。
2016年07月17日 10:51撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目の大物も直登。「だいじょうぶ。オマエは絶対落ちない。おちない!」ってつぶやいてた。相変わらず岩は硬くて良い。
1
だいぶ水量の少なくなった沢の奥に、最後の門番めいた大滝。
2016年07月17日 11:01撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ水量の少なくなった沢の奥に、最後の門番めいた大滝。
1
登れなくはなさそうだったけれど、万が一落ちたときの払い戻しがキツすぎるので右岸側を巻く。巻きもずるずるしてて厄介。
2016年07月17日 11:04撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登れなくはなさそうだったけれど、万が一落ちたときの払い戻しがキツすぎるので右岸側を巻く。巻きもずるずるしてて厄介。
1
水がなくなった沢を詰める。落ち葉が川床の形を隠しており、左足が穴に落っこちて脛を強打する。
2016年07月17日 11:23撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水がなくなった沢を詰める。落ち葉が川床の形を隠しており、左足が穴に落っこちて脛を強打する。
拾いました。連絡求ム。
2016年07月17日 11:26撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
拾いました。連絡求ム。
沢型から尾根に上がり山頂に向かって一直線に詰めあがる。体力的にはこの辺が一番しんどかった。
2016年07月17日 11:59撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢型から尾根に上がり山頂に向かって一直線に詰めあがる。体力的にはこの辺が一番しんどかった。
1
山頂。靴からザックからすべて水クサイので脇でそっと休む。
2016年07月17日 12:12撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂。靴からザックからすべて水クサイので脇でそっと休む。
1
下山なめてた。すたすた行ったら、そのまま標高1,000mくらい降りるのね。意地になってノンストップで降りたら膝がくがく。
2016年07月17日 12:30撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山なめてた。すたすた行ったら、そのまま標高1,000mくらい降りるのね。意地になってノンストップで降りたら膝がくがく。
白と黒のエクスタシー。
2016年07月17日 12:31撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白と黒のエクスタシー。
4
こたえは、杉の森。
2016年07月17日 12:32撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こたえは、杉の森。
4
森に光が入った・・・!(もののけ姫的な)
2016年07月17日 13:15撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森に光が入った・・・!(もののけ姫的な)
生還。でもこの後駅までの下りもかなり足にクる。
2016年07月17日 13:30撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生還。でもこの後駅までの下りもかなり足にクる。
1
鳩ノ巣駅着。
喉が渇きすぎているので向かいの商店(ところてんを売っているのでところてん屋とする)へ。
2016年07月17日 14:01撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩ノ巣駅着。
喉が渇きすぎているので向かいの商店(ところてんを売っているのでところてん屋とする)へ。
北海道の夏にところてんは無い(わたし調べ)のだが、気の迷いで注文する。最高だ。夏のところてん。3杯くらい食いたい。主食でいい。
2016年07月17日 14:06撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海道の夏にところてんは無い(わたし調べ)のだが、気の迷いで注文する。最高だ。夏のところてん。3杯くらい食いたい。主食でいい。
1
ところてん屋のおかあさんに日帰り入浴できる温泉聞いたら「青梅まで戻ってあと二駅くらい行くとカベって駅があって」「壁?」「そう、カベ」「壁ですか」

「河辺」だった。日本語むつかしい。
2016年07月17日 14:58撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところてん屋のおかあさんに日帰り入浴できる温泉聞いたら「青梅まで戻ってあと二駅くらい行くとカベって駅があって」「壁?」「そう、カベ」「壁ですか」

「河辺」だった。日本語むつかしい。

感想/記録
by taxi

土曜日に東京砂漠での最強装備であるところの、スーツ革靴革ベルトを宅急便で送り返し、川崎駅前の漫画喫茶で仮眠をとったら、一日だけのぼくのなつやすみがスタート。

ソロ沢であることから、作戦は「いのちだいじに」一択。ヤマレコ諸パイセンの記録を参考にイメージトレーニングし、体力温存のため水には浸からないよう巻きやへつりを多用(といってもそんなに難しいところはない)。大滝の登りは自分を鼓舞して一手一手を確実に。

ロープは使用せず(残置には一回助けてもらった)林道にエスケープもせず山頂までコンプリート。やればできる子。それがわたし。

汗と沢水でびしょびしょで乗ってしまった奥多摩線、青梅線で乗り合わせた方々、臭くてすみませんでした。あと温泉で玄関入ってきた途端「なんかクサい」って言った奥様、それがわたし。
訪問者数:269人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ