ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 918074 全員に公開 ハイキング祖母・傾

祖母山 〜尾平から周回出来ず〜

日程 2016年07月15日(金) [日帰り]
メンバー oto750
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間44分
休憩
15分
合計
6時間59分
Sスタート地点06:0006:14尾平登山口06:26宮原分岐(吊り橋)07:08宮原分岐(吊り橋)07:0908:04二合目分岐09:14宮原09:59祖母山九合目小屋10:15祖母山10:2910:42祖母山九合目小屋11:18宮原12:00二合目分岐12:33宮原分岐(吊り橋)12:44尾平登山口12:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険と思えるところは無いが、梅雨の大雨の後なので、川の水量が多く、渡渉できず、周回できなかったが、地震のせいで崩落しているなどの場所は無かった。

登山口から黄色い吊り橋 問題なく歩ける。

黄色い吊り橋から林道  急登で岩が多いところは、若干登り辛いが問題はない。

林道区間(通行止)   約10分で取りつき、問題は無い。

取りつきから宮原    急登続きのがまん坂、岩や木の根が多いが問題はない。

宮原から9合目小屋   基本稜線歩き、岩場のやせ尾根、ロープ、鎖とあるが注意すれば問題はない。ただし、熊の糞と思われるものが3か所あり。

9合目小屋から山頂   ザレ場の登り、滑りやすく注意必要。足首など捻挫しやすいかな。  

渡渉のある所は、最後に持ってこない方が良い。説明版にも書いてあるが、黒金から宮原に回るのが良いと思う。   
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

原尻の滝近く、綺麗な朝焼け。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
原尻の滝近く、綺麗な朝焼け。
8
全面通行禁止個所。この手前に車を置く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全面通行禁止個所。この手前に車を置く。
唯一、地震の影響かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唯一、地震の影響かな。
1
橋の上から、結構な水量。山間に響く音が凄い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の上から、結構な水量。山間に響く音が凄い。
3
登山口にポストあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口にポストあります。
しばらく行くと、トイレがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく行くと、トイレがあります。
渓谷内へ歩いていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓谷内へ歩いていきます。
黄色い吊り橋の下を潜って、黒金尾根へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色い吊り橋の下を潜って、黒金尾根へ。
2
本流の水量は多く、音が響きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本流の水量は多く、音が響きます。
1
吊り橋を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡ります。
1
揺れるのを楽しむ余裕はありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
揺れるのを楽しむ余裕はありません。
1
掛けられた橋を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
掛けられた橋を渡ります。
橋の上から。この時点で、本流の渡渉は無理かも知れないと思いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の上から。この時点で、本流の渡渉は無理かも知れないと思いました。
1
支流の渡渉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支流の渡渉。
渡渉を振り返って。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉を振り返って。
昔は橋があったのでしょうか?流された残骸がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔は橋があったのでしょうか?流された残骸がありました。
本流の渡渉地点。周りも探しましたが、残り半分が渡れませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本流の渡渉地点。周りも探しましたが、残り半分が渡れませんでした。
1
黄色い吊り橋まで戻ります。黒金尾根を登って、帰りに宮原に回れと書かれています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色い吊り橋まで戻ります。黒金尾根を登って、帰りに宮原に回れと書かれています。
黄色い吊り橋を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色い吊り橋を渡ります。
3
ここも半分までは渡れるのですが、残り半分が渡れませんでした。引き返します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも半分までは渡れるのですが、残り半分が渡れませんでした。引き返します。
2
一度黄色い吊り橋まで戻ったのですが、林道コースがあったなと思い出し、登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一度黄色い吊り橋まで戻ったのですが、林道コースがあったなと思い出し、登っていきます。
1
涼しげなナメ滝ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涼しげなナメ滝ですね。
1
滝の下を渡渉します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の下を渡渉します。
1
渡渉地点。ここはさすがに楽勝です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉地点。ここはさすがに楽勝です。
1
青空に、稜線が映えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に、稜線が映えます。
1
林道に出ました。小さな標識があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出ました。小さな標識があります。
10分ほどで、取りつきに着きます。ここからも急登です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ほどで、取りつきに着きます。ここからも急登です。
岩のところは、一瞬道がわからなく感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩のところは、一瞬道がわからなく感じます。
大きなミミズがいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きなミミズがいました。
1
宮原コースとの合流地点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮原コースとの合流地点。
振り返って、林道への分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、林道への分岐。
まだまだ急登は続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ急登は続きます。
ここから上は、合目ではなく、標高を示す標識に変わります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから上は、合目ではなく、標高を示す標識に変わります。
右側は切り立った岩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側は切り立った岩。
宮原。ここからは基本稜線歩きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮原。ここからは基本稜線歩きです。
やせ尾根のところから、祖母山山頂が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やせ尾根のところから、祖母山山頂が見えました。
3
切り立っていますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切り立っていますね。
1
恐る恐る覗き込んでみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恐る恐る覗き込んでみます。
1
鎖とロープが続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖とロープが続きます。
3
メンノツラの分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メンノツラの分岐。
広場に出ます。この向こうに、回り込むと水場があるようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広場に出ます。この向こうに、回り込むと水場があるようです。
最後のザレ場です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のザレ場です。
この分岐まで来たら、すぐに山頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この分岐まで来たら、すぐに山頂です。
3
祖母山山頂。気持ち良い景色を堪能しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖母山山頂。気持ち良い景色を堪能しました。
10
祠でしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠でしょうか。
1
よく見るとすごい岩場ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく見るとすごい岩場ですね。
1
ちょっと頼りなさげな丸太。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと頼りなさげな丸太。
登りでは気づかなかったのですが、ヒメシャラの木ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りでは気づかなかったのですが、ヒメシャラの木ですね。
1
林道から尾平への降り口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から尾平への降り口。
ここまで来れば一安心。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来れば一安心。
登山口に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に戻ってきました。
青い空と祖母山の稜線が眩しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青い空と祖母山の稜線が眩しいです。
2
大観峰から九重連山。ここから見ると、穏やかに感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大観峰から九重連山。ここから見ると、穏やかに感じます。
5
熊本駅前の歩道の段差。地震の爪痕ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊本駅前の歩道の段差。地震の爪痕ですね。

感想/記録
by oto750

熊本地震後、登ろうかどうか?と考えながら、恐る恐る登ってみました。しかも、結局は、林道経由になってしまい、レコをアップすべきか悩んだのですが、現状を知ってもらうために、お叱りを承知でアップさせていただきます。

近くまで来たついでに、祖母山に行くことにしました。毎日とんでもない雨が続く、梅雨の中の貴重な晴れの日に当たり、ラッキーでした。前日は、原尻の滝道の駅で車中泊。夜の明かりでも滝のしぶきが凄い!

朝起きて尾平登山口を目指しますが、県境7km手前で、全面通行止めと書かれています。行けるところまで行こうと、車を走らせます。後1kmぐらいのところで、全面通行止めの工事個所。車で行けそうですが、ここに駐車して、歩き出します。

登山口を過ぎ、川沿いの道を進み、黒金尾根へ、吊り橋を渡り、渡渉。本流の渡渉のところで、膝位の深みと、連日の雨のせいですごい急流なので、あきらめて撤退。

宮原尾根のほうへ、黄色い吊り橋を渡り、しばらく行くも、渡渉が出来ず。ここも膝位の深さと早瀬に撤退。一度黄色い吊り橋に戻ったのだが、そういえば、林道コースがあったなと思い出し、歩き始める。

このあたりの、登山道の感じは、大崩山と似ています。関東の両神山とも似た感じです。滝の下の渡渉を過ごし、林道に出て10分位で尾根にとりつきます。急登です。暑さも厳しい、湿気も厳しい、足元の木や石も滑りやすく、注意しながら歩きます。

やがて宮原。尾根に出ました。ここからは、尾根沿いに歩いていきますが、時々絶壁の上なんだと気づかされるところを通過しながら、進みます。やがて広場から、9合目小屋を過ぎ、山頂へ。広場以降、道が一杯あって、どれもが山頂に行けそうですが、よくわかりません。

山頂からは、気持ち良い景色が望めました。あの先が、大崩山まで連なるだと思いながら。何度見て見ても、九州の真ん中を連なる山々に感動しますね。そして、帰りは往路をひたすら降ります。先週登った大雪山と違い、木々の中の、うっそうとした森歩きでしたが、天気に恵まれ楽しかったです。まあ暑さに、クラクラでしたが。

登山口から、車まで帰る途中の工事は、電線の復旧で、もう少しで終わりそうでした。ほしこがインも閉鎖しているみたいだし、少しでも早く、地震前の日常を取り戻していただければと思います。

原尻の滝を見学後、57号線復旧のため、ミルクロードを迂回し、懐かしの大観峰に寄ってから、熊本へ。熊本駅で旧友と待ち合わせて、飲みに行きました。友人の周りは無事でしたが。大好きな熊本城の痛ましい姿に、心が痛みます。また被災された方のご健康と、一日でも早い復旧をお祈りしております。
訪問者数:388人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/9
投稿数: 1158
2016/7/20 7:38
 遠征でしたか
オトさん こんにちは

ログ見ると苦労の後がうかがえます。
山頂まで行けてよかったですね。

南阿蘇を回るのは厳しそうですが、北側を回るのは問題なさそうですね。
大観峰や原尻の滝など懐かしく拝見させていただきました。

熊本で呑むのもいいですね。
馬刺しが・・・
遠征お疲れ様でした。
しかし、北海道からご苦労様です。
登録日: 2013/6/12
投稿数: 94
2016/7/20 20:50
 Re: 遠征でしたか
たのさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

今回は別の件で行ったものですから、ついでの登山でした。
本当に、何とか山頂に立てて良かったです。
途中まで半分諦めていましたから。

道路も探しながらのドライブで、立てかけられた看板を必死で見ましたが。
基本、阿蘇の北側はOKのようでした。昔、何度かミルクロードを走ったことがあったので、
その時の記憶が役に立ちました。

熊本の馬刺しにタイの刺身。めっちゃ美味しかったです。
その上に、旧友の元気な顔を見て、ほっとしました。
やはり、友達って良いなと改めて思った次第です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ