ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 918085 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走伊豆・愛鷹

富士山 御殿場ルート(予定外の弾丸登山)

日程 2016年07月16日(土) [日帰り]
メンバー biglog
天候晴(登山口付近は霧雨)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

ここからが始まり。
2016年07月16日 04:31撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからが始まり。
1
長い登りの始まり。
天気はどうなるのだろうか・・・。
2016年07月16日 04:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い登りの始まり。
天気はどうなるのだろうか・・・。
わずかな日差しに天気が回復することを期待して登り続けます。
2016年07月16日 05:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わずかな日差しに天気が回復することを期待して登り続けます。
登り始めて約1時間で次郎坊。どうやら晴れてきそうな感じ。
2016年07月16日 05:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めて約1時間で次郎坊。どうやら晴れてきそうな感じ。
登り始めて約2時間。
2016年07月16日 06:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めて約2時間。
山の斜面から水蒸気が立ち昇る。
2016年07月16日 06:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の斜面から水蒸気が立ち昇る。
宝永山
2016年07月16日 07:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永山
登り始めて約4時間。砂走館から望む山頂方向
2016年07月16日 08:29撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めて約4時間。砂走館から望む山頂方向
御殿場山頂が見えた!
呼吸に気を付けないとバランスを崩しそうになる。
睡眠不足というか睡眠ゼロ影響か('ω')
2016年07月16日 10:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿場山頂が見えた!
呼吸に気を付けないとバランスを崩しそうになる。
睡眠不足というか睡眠ゼロ影響か('ω')
1
再び剣ケ峯へ。
また来ることができてよかった。
2016年07月16日 11:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び剣ケ峯へ。
また来ることができてよかった。
1
見事な雲海
2016年07月16日 11:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事な雲海
雲海の中をひたすら下る。
2016年07月16日 14:45撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海の中をひたすら下る。
突然あらわれた大石茶屋
2016年07月16日 15:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然あらわれた大石茶屋
無事戻れてよかった。
2016年07月16日 15:25撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事戻れてよかった。
撮影機材:

感想/記録
by biglog

 3年ぶり2回目の富士登山に挑みました。梅雨の合間の晴れを狙っていたところ、金曜日夕方の三重県北部の天気は晴れ、御殿場市付近の明日の予報は曇り(降水確率0%)であったが、ワンチャンスに賭け、急きょ準備し、午後9時ごろ出発しました。
 御殿場口の駐車場に到着したのが、翌午前1時30分ごろ。早速、仮眠するも、外は雨模様。午前3時30分に出発するつもりであったが、様子見しながら準備し、いつでも引き返すつもりで午前4時30分に出発しました。
 しばらくすると雨も止んで、晴れてきそうな様子に気をよくして、そのまま登ることにしました。55分歩き5分休憩するペースを維持し、約4時間45分で3年前お世話になった赤岩八号館へ到着。大休止ののち、山頂を目指しました。赤岩八号館から約1時間15分で御殿場頂上へ。紺碧の空と雲海がとても綺麗でした。昨夜、ほぼ睡眠をとれなかったせいか、早いペースがたたったのか、きちんと呼吸しないと高山病の症状(軽いめまい)が出そうになる。意識的に呼吸するようにしました。
 富士山頂奥宮へ参拝し、お守りを購入しました。今回の登山の目的のひとつでした。その後、剣ケ峯を目指しました。剣ケ峯直下の急登はかなりきつかった。
 山頂で記念写真を撮り、偶然居合わした栃木の方とそのまま御鉢巡りへ。3年前の同時期には山頂直下に残雪があったが、今回はなく、これも温暖化の影響なのだろうか。高山病の影響か調子があがらあないまま時計周りに周回し、再び御殿場山頂へ戻り、休憩。食事、水分を補給し、下山開始。栃木の方は、宝永山へ、途中で別れました。
 砂走の途中から雲海の中へ、やがて霧雨となりました。砂走特有の砂ほこりがないのはよかったが、視界は数メートルしかなく、ただひたすら歩くのは面白みがないものであった。やがて、大石茶屋が見えてきてゴール。約11時間の山行であった。
 下山後は、胎内温泉で汗を流し、途中2度仮眠をとって、深夜の帰宅となりました。
 

 
 
訪問者数:111人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雲海 急登 山行 高山病 梅雨
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ