ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 918458 全員に公開 沢登り日光・那須・筑波

裏那須・井戸沢

日程 2016年07月16日(土) [日帰り]
メンバー tochimochi
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間22分
休憩
4分
合計
7時間26分
Sスタート地点07:5508:44三斗小屋宿跡12:27流石山13:03大峠13:0714:38三斗小屋宿跡15:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

深山ダム奥の大川林道終点のゲートから出発しました。
2016年07月16日 07:52撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深山ダム奥の大川林道終点のゲートから出発しました。
ゲートからも割としっかりした会津中街道が続いています。
2016年07月16日 08:21撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートからも割としっかりした会津中街道が続いています。
1
会津中街道が会津への主要道だったころの宿営地、三斗小屋宿跡です。きれいに刈払われて整備されています。
2016年07月16日 08:45撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会津中街道が会津への主要道だったころの宿営地、三斗小屋宿跡です。きれいに刈払われて整備されています。
1
その先に車が駐車してありました。ゲートが閉まっているのにどうして入ったのでしょう?
ここから左に分岐して歩いていくと木製の堰堤が見えてきました。しかしガスに巻かれた様子は気分まで落ち込んでしまいます。ここは右から草付きを頼りに少し高巻いて越えました。
2016年07月16日 08:54撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先に車が駐車してありました。ゲートが閉まっているのにどうして入ったのでしょう?
ここから左に分岐して歩いていくと木製の堰堤が見えてきました。しかしガスに巻かれた様子は気分まで落ち込んでしまいます。ここは右から草付きを頼りに少し高巻いて越えました。
沢に下りて少し行くとF1が見えてきました。ここは階段状で足慣らしにはちょうどいいところです。
2016年07月16日 09:29撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に下りて少し行くとF1が見えてきました。ここは階段状で足慣らしにはちょうどいいところです。
次の15m滝が核心部と言われているところです。右側のカンテ沿いに登っていきました。
2016年07月16日 09:34撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の15m滝が核心部と言われているところです。右側のカンテ沿いに登っていきました。
1
ここは最後がハングになっています。しかしうまい具合にシュリンゲが2本ぶら下がっています。ここは思い切りA0で越えました。
2016年07月16日 09:36撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは最後がハングになっています。しかしうまい具合にシュリンゲが2本ぶら下がっています。ここは思い切りA0で越えました。
2
さらに8mスダレ状滝です。ここは真ん中から取り付きました。そして頭からシャワーをかぶりながらバンド伝いに左壁に移動して越えました。
2016年07月16日 09:56撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに8mスダレ状滝です。ここは真ん中から取り付きました。そして頭からシャワーをかぶりながらバンド伝いに左壁に移動して越えました。
1
ここは一見登れそうもありません。しかし左壁に移動してみると草付きの中に巻道がありました。
2016年07月16日 10:05撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは一見登れそうもありません。しかし左壁に移動してみると草付きの中に巻道がありました。
次が18m階段状、と言っても真っ直ぐ登れるわけもなく、水流際に登ってから左壁に移動して登りました。しかし最後の一手が悪かったような・・・。
2016年07月16日 10:12撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次が18m階段状、と言っても真っ直ぐ登れるわけもなく、水流際に登ってから左壁に移動して登りました。しかし最後の一手が悪かったような・・・。
3
そしてほんとの階段状、これは楽ちんでした。
2016年07月16日 10:25撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてほんとの階段状、これは楽ちんでした。
後はもう大した滝はありません。水流も消え、ゴーロを詰めていくといきなり青空が見えてきました。思わずバンザーイです。
2016年07月16日 10:50撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後はもう大した滝はありません。水流も消え、ゴーロを詰めていくといきなり青空が見えてきました。思わずバンザーイです。
1
両脇はシモツケソウやトリアシショウマ、オオババギボウシその他のお花畑で、気分は最高です♪ 癒しの沢は本当でした。
2016年07月16日 11:06撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両脇はシモツケソウやトリアシショウマ、オオババギボウシその他のお花畑で、気分は最高です♪ 癒しの沢は本当でした。
そして何とシナノキンバイが咲いていました。この花を見たのは30年以上ぶりです。
2016年07月16日 11:14撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして何とシナノキンバイが咲いていました。この花を見たのは30年以上ぶりです。
2
長い急傾斜のゴーロを詰め、さらにササヤブを少し漕いでやっと稜線に出ました。装備を解いているとおばさんが歩いてきました。いろいろ話しかけてきて沢のルートには興味津々のようでした。
2016年07月16日 12:19撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い急傾斜のゴーロを詰め、さらにササヤブを少し漕いでやっと稜線に出ました。装備を解いているとおばさんが歩いてきました。いろいろ話しかけてきて沢のルートには興味津々のようでした。
1
お馴染みのハクサンフウロもあちことに咲いていました。
2016年07月16日 12:22撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お馴染みのハクサンフウロもあちことに咲いていました。
草原の尾根を歩いていきます。ここも癒しの稜線です。
2016年07月16日 12:22撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草原の尾根を歩いていきます。ここも癒しの稜線です。
流石山を過ぎ、
2016年07月16日 12:26撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流石山を過ぎ、
いよいよ大峠への下りにかかります。黄色い絨毯にはいまいちでしたが、満足の光景でした。
2016年07月16日 12:46撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ大峠への下りにかかります。黄色い絨毯にはいまいちでしたが、満足の光景でした。
2
大峠まで下りました。ここのお地蔵さんのファッションはいつも和ませてくれます。
2016年07月16日 13:02撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峠まで下りました。ここのお地蔵さんのファッションはいつも和ませてくれます。
1
三斗小屋宿跡方面に林道(会津中街道)を下りていくとヤマオダマキが一輪咲いていました。
2016年07月16日 13:11撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三斗小屋宿跡方面に林道(会津中街道)を下りていくとヤマオダマキが一輪咲いていました。
2
峠沢、中の沢を渡り、最後の渡渉点のところで峠沢を下降してみました。しかし意外に水量が多く、時間がかかりそうだったので右岸から林道に上がってしまいました。
2016年07月16日 14:16撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠沢、中の沢を渡り、最後の渡渉点のところで峠沢を下降してみました。しかし意外に水量が多く、時間がかかりそうだったので右岸から林道に上がってしまいました。
途中で見つけた一本です。イグチの類でしょうか?
しばらく行くと井戸沢の分岐に戻りました。さらに中街道を歩いて出発地点に戻りました。
2016年07月16日 13:38撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で見つけた一本です。イグチの類でしょうか?
しばらく行くと井戸沢の分岐に戻りました。さらに中街道を歩いて出発地点に戻りました。

感想/記録

入渓時の暗い雰囲気も核心部を過ぎたころから、天候の回復とともに明るくなってきました。沢の詰めというのはヤブ漕ぎに悩まされることも多いのですが、それがないのもこの沢のいいところです。ほとんどのホールドがカチッと決まり、お花畑を見ながら稜線に達せられました。そしてキスゲ咲く大峠への下り、まさに癒しの山行でした。
ただし、単独での遡行は危険が多くなります。年を経るにつれ、臆病になってきている自分を感じます。易しいと評されている沢でも危険なところはあります。沢に入るのは情報をできるだけ集めて、確実に安全と思えるところにしようと感じた山行でもありました。
訪問者数:179人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

花畑
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ