ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 918489 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

北岳〜間ノ岳〜塩見岳縦走 憧れの鉄兜拝めず

日程 2016年07月16日(土) 〜 2016年07月17日(日)
メンバー stoner
天候1日目:曇晴れ 2日目:曇雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
1日目
新山口駅〜新横浜駅:新幹線 横浜線経由 八王子駅〜甲府駅:ムーライト信州
甲府駅〜広河原: 山梨交通バス
2日目
鳥倉登山口〜伊那大島駅:バス
伊那大島駅〜塩尻駅〜名古屋駅:JR(ワイドビューしなの)1泊
3日目
名古屋駅〜新山口駅:新幹線
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
鳥倉林道登山口バス時刻表が全てを左右するコースでした。本当は逆走で計画したかったのですが、スタートが8:00と遅くなるため断念。しかしながら、連休の群衆によりバスも遅れて広河原の到着も7:15。結局帰りの14:25に振り回されて最後は焦りながらの縦走でした。
コース状況/
危険箇所等
広河原から間ノ岳は皆さんのレコがあるので割愛。
間ノ岳〜熊の平もしっかりとした登山道で問題なし。
熊の平小屋から塩見岳間は案外しっかり整備された登山道だったので、ガスってても迷うことなく進めましたが、北荒川岳以降は強風が激しかったのと、ハイマツが切られてなく少し藪漕ぎの様な道も多数ありました。
個人的には全体的には危険箇所も少なく、体力勝負のコースだと思います。
テントを背負っての体力が不足していることを実感した苦行となりました。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

バスの出発時刻になると人が湧いてきた
2016年07月16日 04:21撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスの出発時刻になると人が湧いてきた
後から来た人は立ち乗りで2時間
2016年07月16日 04:22撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後から来た人は立ち乗りで2時間
トイレも長蛇の列
2016年07月16日 07:05撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレも長蛇の列
1
北沢峠行きもご覧の通り
2016年07月16日 07:05撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢峠行きもご覧の通り
甲府駅は雨もパラついていたが好天に
2016年07月16日 07:14撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲府駅は雨もパラついていたが好天に
10年振りの橋を渡って
2016年07月16日 07:16撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10年振りの橋を渡って
1
スタートからずっこけペース
2016年07月16日 08:27撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートからずっこけペース
ひたすら渋滞
2016年07月16日 08:43撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら渋滞
3
休憩ポイントで少しづつばらけて
2016年07月16日 09:05撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩ポイントで少しづつばらけて
雪渓は涼しい
2016年07月16日 09:08撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓は涼しい
2
この辺りから渋滞が解消
2016年07月16日 09:47撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから渋滞が解消
このコースはどこも水場なのが良い
2016年07月16日 09:47撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコースはどこも水場なのが良い
まだ先は長い
2016年07月16日 10:02撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ先は長い
最後の水場
2016年07月16日 10:34撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の水場
梯子ラッシュ
2016年07月16日 10:46撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子ラッシュ
北岳パッドレスからクライマーの声がする
2016年07月16日 10:47撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳パッドレスからクライマーの声がする
ひたすら登る
2016年07月16日 10:52撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら登る
ようやくコル
2016年07月16日 11:08撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくコル
富士山がお出迎え
2016年07月16日 11:11撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山がお出迎え
2
間ノ岳方面
2016年07月16日 11:19撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳方面
3
10年前には無かった気がする
2016年07月16日 12:22撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10年前には無かった気がする
2
強風で寒いため滞在5分
2016年07月16日 14:39撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風で寒いため滞在5分
富士山
2016年07月16日 14:43撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山
2
ライチョウの親子発見
2016年07月16日 14:48撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライチョウの親子発見
2
ヒナが5匹
2016年07月16日 14:48撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒナが5匹
2
北岳方面を振り返って
2016年07月16日 15:00撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳方面を振り返って
三峰岳方面
2016年07月16日 15:05撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峰岳方面
農鳥小屋方面
2016年07月16日 15:12撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥小屋方面
長大な仙塩尾根
2016年07月16日 15:18撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長大な仙塩尾根
剱岳と同じ
2016年07月16日 15:21撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳と同じ
2
振り返って間ノ岳
2016年07月16日 15:21撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って間ノ岳
向かう先
2016年07月16日 15:31撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かう先
農鳥岳
2016年07月16日 15:36撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥岳
1
ひたすら広い尾根を
2016年07月16日 15:43撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら広い尾根を
熊の平小屋
2016年07月16日 16:10撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊の平小屋
3
初のテント泊
2016年07月16日 17:16撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初のテント泊
3
トイレ
2016年07月16日 17:17撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレ
2
朝からガスガス
2016年07月17日 05:21撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝からガスガス
樹林帯をひた歩く
2016年07月17日 05:55撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯をひた歩く
北荒川岳の山頂で運よく雲がきれた
2016年07月17日 06:50撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北荒川岳の山頂で運よく雲がきれた
この日ただ一度の景色
2016年07月17日 06:50撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日ただ一度の景色
鉄兜だけ見えず
2016年07月17日 06:50撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄兜だけ見えず
1
強風の中稜線を歩く
2016年07月17日 06:56撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風の中稜線を歩く
1
確かに幕営したくなる位置とロケーション
2016年07月17日 06:59撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確かに幕営したくなる位置とロケーション
1
何も見えない中ひたすら登る
2016年07月17日 07:57撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何も見えない中ひたすら登る
ここでライチョウに遭遇
2016年07月17日 08:40撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでライチョウに遭遇
いつになったら塩見岳なのかと嫌になる
2016年07月17日 08:49撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつになったら塩見岳なのかと嫌になる
ハイマツがこんな感じなので
2016年07月17日 08:58撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツがこんな感じなので
レインコート着ないとこうなります
2016年07月17日 08:58撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レインコート着ないとこうなります
ガスってると見落としそうな西峰
2016年07月17日 09:15撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってると見落としそうな西峰
憧れの塩見岳もこの景色
2016年07月17日 09:27撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
憧れの塩見岳もこの景色
3
さっさと退散
2016年07月17日 09:27撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっさと退散
ガレてはいるが
2016年07月17日 09:33撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレてはいるが
危険は感じませんでした
2016年07月17日 09:43撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険は感じませんでした
新築の塩見小屋だが時間が気になるのでスルー
2016年07月17日 10:01撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新築の塩見小屋だが時間が気になるのでスルー
2
ここからまた雨に降られて
2016年07月17日 11:28撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからまた雨に降られて
写真撮る気力も無く
2016年07月17日 11:28撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真撮る気力も無く
屋根から一枚
2016年07月17日 12:20撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屋根から一枚
そして下山
2016年07月17日 13:57撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして下山
撮影機材:

感想/記録
by stoner

天気予報がいまいちだったためか、ムーンライト信州号は空席が多数。甲府駅で降りる乗客もまばら。しかしながらバスの時間になると100人を超える人達が集まってきて、バスは全く時間通りに進まず。途中のバス停でも人を拾うため予定より1時間も遅れて広河原に着。スタートから槍の穂先見たいな登山道渋滞が多数発生しており、ペースも上がらず終い。結局初めてのテン泊なのに到着が16時を過ぎる始末。

2日目は天気予報が外れて雨音と強風で目が覚める。慣れない手つきで嫌々テントを回収して出発。
バスで帰るためには行くしかないと決意し、時間に追われる苦渋の縦走をスタート。
眺望も無く悲しい稜線歩き。悲願の塩見岳も一度も拝むことなく登頂して下山。
結局、逆走するほうが塩見岳は満喫できたのかもしれなかったと後悔。
ちなみに熊の平〜塩見岳はすれ違った人が4人のみでした。
別で同じルートで私を抜いた人が1人でしたが
(他にこの日居たのかは不明)今回も世界の広さを実感させられる人物でした。
なんと前日は黒戸尾根から熊の平でツェルト泊とのこと(自分が就寝するときは居なかったので19:00以降着?)。そして本日の予定は百�洞山の家とのこと。強行なスケジュールとはいえ、トレランでないのだから只者ではない。。。

山口県に引っ越してから初の遠征でしたが、時間的にも経済的にも今年は行けてあと1度かなと実感した。。。

蛇足
高齢の方が多数集まる時期と地域は計画も考えなきゃいけないと反省。
無言でかなり無理やり追い抜くトレランやハイカーの方々にも苦言がありますが、そもそも集団で後に渋滞を作っていることに全く気づかないのも、、、
本来グループなら最後尾はベテランの方が状況を判断するべきなのに、そういった統率もなさそうな集団が北岳周辺では散見されました。
みんなの山なのでルールは無いけど、先頭から最後尾までゾンビ状態で登っているのはいかがなものかと思いました。
逆に、塩見岳からの下山時はその辺がかなりしっかりしたグループばかりで、山の知名度やレベルによって登山者モラルが違うことも実感しました。
訪問者数:492人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ