ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 918522 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

美ヶ原

日程 2016年07月17日(日) [日帰り]
メンバー topaz_19, その他メンバー2人
天候濃霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
In) 中央道諏訪IC―ビーナスライン→美ヶ原
Out) 美ヶ原→和田峠→中央道諏訪IC
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間33分
休憩
11分
合計
1時間44分
S山本小屋14:0814:22美しの塔14:2414:31塩くれ場14:54美ヶ原14:57王が頭ホテル15:0515:08王が頭15:0915:30塩くれ場15:38美しの塔15:52山本小屋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険な箇所はありませんでした。
その他周辺情報下山後、上諏訪の片倉館でお風呂に入ってさっぱりしました。
・片倉館 http://www.katakurakan.or.jp/natural_hot_spring.html
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

濃霧で先は見えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濃霧で先は見えません。
牧場の牛さん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧場の牛さん
美しの塔の鐘の音だけが聞こえていましたが、かなり近づいたらようやく見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しの塔の鐘の音だけが聞こえていましたが、かなり近づいたらようやく見えてきました。
霧につつまれた美しの塔もまた趣があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧につつまれた美しの塔もまた趣があります。
この道は中央分水嶺トレイルの一部のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道は中央分水嶺トレイルの一部のようです。
ようやく王が頭ホテル前に来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく王が頭ホテル前に来ました。
王が頭ホテルも霧の中です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
王が頭ホテルも霧の中です。
塩くれ場まで戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩くれ場まで戻ってきました。
霧でも関係なく牛さんたちはのんびりと草を食んでいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧でも関係なく牛さんたちはのんびりと草を食んでいます。
下山後、上諏訪の片倉館に行きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後、上諏訪の片倉館に行きました。
諏訪IC近くの水車のあるお蕎麦屋で食事をとりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
諏訪IC近くの水車のあるお蕎麦屋で食事をとりました。

感想/記録

悪天候で車山〜八島湿原周回を八島湿原周回だけにして、天候が少しでも良いことを期待して美ヶ原に来ました。が、雨は降っていませんがかなりの濃霧と風でした。せっかく来たので山本小屋から王が頭まで往復することにしました。後で記録を見るとたかが片道50分だったのですが、濃霧で視界がほとんど利かず先が見えない中で淡々と歩き続けるのは意外と(精神的に)しんどいものがありました。霧(というか雲)が強風で吹き付けると、髪や睫毛の先端、帽子のつば、眼鏡に水滴がどんどん付いていくというのは発見でした。
訪問者数:120人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

分水嶺
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ