ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 918789 全員に公開 ハイキング丹沢

書策新道〜塔ノ岳〜源次郎尾根 戸沢周回 そして最後に奴がいた

日程 2016年07月18日(月) [日帰り]
メンバー pxsth851
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル

写真

天神尾根への道から右の階段が書策新道入口です
2016年07月18日 05:25撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神尾根への道から右の階段が書策新道入口です
1
階段を上ってすぐ左側の尾根道に入ります
2016年07月18日 05:26撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を上ってすぐ左側の尾根道に入ります
1
ここは源次郎尾根への入り口
書策新道は尾根に乗らずに右を行きます
2016年07月18日 05:39撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは源次郎尾根への入り口
書策新道は尾根に乗らずに右を行きます
所々崩落しかけた個所があるので注意が必要です
2016年07月18日 06:00撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々崩落しかけた個所があるので注意が必要です
1つ目の沢を渡ります
解りにくければまず画面上部中央の少し左の看板を目指し看板を確認し
2016年07月18日 06:02撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1つ目の沢を渡ります
解りにくければまず画面上部中央の少し左の看板を目指し看板を確認し
看板のアップ

2016年07月18日 06:03撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板のアップ

1
この道標を左手に進み
2016年07月18日 06:04撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道標を左手に進み
小沢の右側の登ります
2016年07月18日 06:04撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小沢の右側の登ります
このような草があちこちに生えているので、長ズボン着用をお勧めします
2016年07月18日 06:09撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような草があちこちに生えているので、長ズボン着用をお勧めします
このロープの向こうの尾根に入ると木ノ又小屋へ出ます
2016年07月18日 06:18撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このロープの向こうの尾根に入ると木ノ又小屋へ出ます
カラフルなキノコが生えていました
2016年07月18日 06:19撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラフルなキノコが生えていました
1
2つ目の沢はそのまま横断します
2016年07月18日 06:26撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目の沢はそのまま横断します
3つ目の沢
この札が出てきたら沢の左側を登り
2016年07月18日 06:30撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3つ目の沢
この札が出てきたら沢の左側を登り
札のアップ
2016年07月18日 06:29撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
札のアップ
1
ここを左に降りて
(折れた木に張ってあるロープが目印)
2016年07月18日 06:32撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを左に降りて
(折れた木に張ってあるロープが目印)
上の木のアップ
2016年07月18日 06:32撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の木のアップ
白竜の滝
2016年07月18日 06:48撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白竜の滝
2
白竜の滝の右側の沢へ行き
2016年07月18日 06:33撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白竜の滝の右側の沢へ行き
その沢のすぐ左側を登って行きます
2016年07月18日 06:49撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その沢のすぐ左側を登って行きます
この札は下山者向けの札
2016年07月18日 06:52撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この札は下山者向けの札
その後沢を少し登ると
2016年07月18日 07:22撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後沢を少し登ると
右手にこの目印が出てくるので
2016年07月18日 07:23撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手にこの目印が出てくるので
写真右側の赤テープの方へ登って行きます
2016年07月18日 07:26撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真右側の赤テープの方へ登って行きます
視界が開けてきました
2016年07月18日 07:33撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が開けてきました
書策小屋跡地に到着
3つ目の沢で迷ったせいで時間がかかりました
2016年07月18日 07:46撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
書策小屋跡地に到着
3つ目の沢で迷ったせいで時間がかかりました
山頂はガスの中
2016年07月18日 08:28撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はガスの中
1
源次郎尾根初挑戦
間違えて右側の岩場を下ってそのまま進んでしまいルートに戻るのに苦労しました
2016年07月18日 08:49撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源次郎尾根初挑戦
間違えて右側の岩場を下ってそのまま進んでしまいルートに戻るのに苦労しました
カモシカに初めて遭遇
2016年07月18日 08:59撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカに初めて遭遇
10
源次郎尾根の草原
2016年07月18日 09:02撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源次郎尾根の草原
広々としていて気持ちいい
2016年07月18日 09:16撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広々としていて気持ちいい
6
駐車場に戻って靴を脱いだら靴下に奴が付いていました。。。
2016年07月18日 10:10撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に戻って靴を脱いだら靴下に奴が付いていました。。。
2
戸沢山荘に置いてあった塩を使わせてもらいました。
ありがとうございます。
2016年07月18日 10:13撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸沢山荘に置いてあった塩を使わせてもらいました。
ありがとうございます。
1

感想/記録

塔ノ岳へ2度目の書策新道で登ってきました。
2度目なのでスムーズに行けるだろうと思っていたら、3つ目の沢で迷ってしまいました。
前回も同じ沢で迷ったのですが、今回は前回迷った個所では迷わなかったのですが、前回はスムーズに行った個所で悩んでしまいました。前回よりも草が生い茂っていたので迷ったか?
下りで初めて源次郎尾根を使用しましたが、下りだと間違える箇所や踏み跡が所々あり難しく感じました。
特に間違えた踏み跡へ進んでしまうと源次郎沢に出てしまうようなので注意が必要です。
現に最初から間違えていきなり岩場を下ってしまい本来の尾根に戻るのに苦労しました。(でも間違えたおかげで初めてカモシカに遭遇することが出来ました)
このルートを使用する場合は尾根から外れて谷へ入り込まないように注意してください。
書策新道も源次郎尾根も初心者が軽い気持ちで入り込むと遭難する恐れがあるので注意してください。
因みに下山後靴を脱いだら靴下にヒルが付いていました。靴下にヤマビルファイターを使用していたので上がってこれなかったのと、厚手の靴下を使用していたので破られずに済みました。
訪問者数:402人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ