ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 918922 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

土樽〜矢場の頭〜茂倉岳〜一ノ倉岳〜谷川岳

日程 2016年07月17日(日) [日帰り]
メンバー littlepapa
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
土樽駅付近駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間13分
休憩
1時間27分
合計
8時間40分
S土樽07:5909:50矢場ノ頭10:1011:17茂倉岳避難小屋11:4411:57茂倉岳12:11一ノ倉岳12:1212:21ノゾキ12:2413:06谷川岳13:2413:59ノゾキ14:14一ノ倉岳14:1614:28茂倉岳14:2914:36茂倉岳避難小屋14:4515:25矢場ノ頭15:3116:38茂倉新道登山口16:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
土樽から矢場の頭までは急登が延々続きます。
この間、下草が多く木の根が大きく張り出し行く手を阻みます。

矢場の頭を過ぎ、茂倉岳〜一ノ倉岳までは、森林限界を超え、視界が開け快適に歩みを進められます。

特に稜線沿いには、登山者を歓迎してくれるかのような美しい花々がお出迎え。青い空や白い雲とのコントラストが、とても素敵でした。
その他周辺情報越後湯沢ICで、降りて土樽駅に向かう途中に駐車場があります。
今年は、土樽駅に向かうまでの途中、工事個所がありう回路を使用します。このう回路は、約4kmの片側交互通行となっているので、現地の誘導に従ってください。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

登山口から急登が続きます。
登山道も所々、木の根が張り出し、手を使って乗り越えないといけないような個所が多数あります。
2016年07月17日 09:32撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から急登が続きます。
登山道も所々、木の根が張り出し、手を使って乗り越えないといけないような個所が多数あります。
矢場の頭
森林限界を超えて、いっきに360度の眺望が開けいろんな山々が見渡せます。
2016年07月17日 09:56撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢場の頭
森林限界を超えて、いっきに360度の眺望が開けいろんな山々が見渡せます。
矢場の頭から茂倉岳まではきれいな稜線を歩きます。
ただ、下草がやや長く、草のつゆで足元がかなり濡れるので、スパッツ着用をお勧めします。(当日は雨で靴の中が水浸しになりました。)
2016年07月17日 10:40撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢場の頭から茂倉岳まではきれいな稜線を歩きます。
ただ、下草がやや長く、草のつゆで足元がかなり濡れるので、スパッツ着用をお勧めします。(当日は雨で靴の中が水浸しになりました。)
登山道沿いには、きれいな花々が登山者をお迎えするように咲いています。
2016年07月17日 10:42撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道沿いには、きれいな花々が登山者をお迎えするように咲いています。
オニユリ
2016年07月17日 10:42撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オニユリ
ツリガネニンジン
2016年07月17日 10:57撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツリガネニンジン
ニッコウキスゲ
2016年07月17日 11:07撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ
茂倉岳
晴れ間が出てきて、急に暑くなってきました。
2016年07月17日 11:59撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳
晴れ間が出てきて、急に暑くなってきました。
茂倉岳から一ノ倉岳までの稜線は、天空の花畑。
アップダウンを繰り返しながら、美しい花々に囲まれ、眺望を楽しみながら登山を楽しめる区間です。
2016年07月17日 11:59撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳から一ノ倉岳までの稜線は、天空の花畑。
アップダウンを繰り返しながら、美しい花々に囲まれ、眺望を楽しみながら登山を楽しめる区間です。
一ノ倉岳
ここから先は、いよいよ本日のメインイベント。谷川岳を一気に攻めます。
2016年07月17日 12:15撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳
ここから先は、いよいよ本日のメインイベント。谷川岳を一気に攻めます。
谷川岳山頂の双耳峰
一ノ倉岳から谷川岳山頂までは、岩場を断続的に乗り越えて進みます。足がすくむほどの急坂も谷川岳らしく登山を楽しめます。
2016年07月17日 12:16撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳山頂の双耳峰
一ノ倉岳から谷川岳山頂までは、岩場を断続的に乗り越えて進みます。足がすくむほどの急坂も谷川岳らしく登山を楽しめます。
この日は、雨から晴れまで天候が目まぐるしく変化していました。
2016年07月17日 12:16撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は、雨から晴れまで天候が目まぐるしく変化していました。
一歩間違うと、真っ逆さまに…
まさに谷川岳のだいご味ではないでしょうか。
2016年07月17日 12:24撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一歩間違うと、真っ逆さまに…
まさに谷川岳のだいご味ではないでしょうか。
厳しい岩場が所々に
2016年07月17日 12:30撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
厳しい岩場が所々に
手も使ってしっかり、足場を確保しながら上ります。
2016年07月17日 12:32撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手も使ってしっかり、足場を確保しながら上ります。
長距離の登山を癒してくれる、色とりどりのお花。
2016年07月17日 12:43撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長距離の登山を癒してくれる、色とりどりのお花。
ついに、谷川岳山頂(オキの耳)
この先には、トマの耳が控えていますが、ルート上にはほかの登山者も多く、今回は断念。
2016年07月17日 13:10撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに、谷川岳山頂(オキの耳)
この先には、トマの耳が控えていますが、ルート上にはほかの登山者も多く、今回は断念。
オキの耳から下をのぞき込むと…
信じられないくらいの美しさと怖さです。
2016年07月17日 13:11撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳から下をのぞき込むと…
信じられないくらいの美しさと怖さです。
ハクサンフウロ
2016年07月17日 13:16撮影 by DMC-FZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
雲の上に突き出す岩場。
谷川岳の醍醐味ですね。
2016年07月17日 13:23撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の上に突き出す岩場。
谷川岳の醍醐味ですね。
下山中もかなりガスに囲まれ、雨も降っていました。
2016年07月17日 13:50撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中もかなりガスに囲まれ、雨も降っていました。
訪問者数:224人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ