ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 919478 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走栗駒・早池峰

栗駒山(須川高原)

日程 2016年07月18日(月) [日帰り]
メンバー mitikusa
天候小雨ガス
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間57分
休憩
12分
合計
4時間9分
S栗駒山登山口(須川温泉)10:4211:02名残ヶ原11:08苔花台分岐11:0911:25三途の川12:02産沼分岐12:55栗駒山13:0613:23天狗平13:54昭和湖14:03地獄谷14:12苔花台分岐14:18名残ヶ原14:37ゆげ山14:50栗駒山登山口(須川温泉)14:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報須川高原温泉
内湯600円 ロッカー有料100円
日帰り入浴受付15時まで
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

カッパを着てのスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カッパを着てのスタート
蒸し風呂の戸を利用しての自撮り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒸し風呂の戸を利用しての自撮り
2
イワオトギリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワオトギリ
2
キンコウカが盛り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キンコウカが盛り
3
風が無くて良かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が無くて良かった
上りは左の自然観察路コース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上りは左の自然観察路コース
徒渉してすぐの湿原
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徒渉してすぐの湿原
2
コバイケイソウ今年は不作か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コバイケイソウ今年は不作か?
1
三途の川、真ん中の棒が消えていて二途の川
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三途の川、真ん中の棒が消えていて二途の川
1
ウラジロヨウラク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラク
3
ハクサンシャクナゲが見頃でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲが見頃でした
3
視界が開けた所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が開けた所
産沼、奥にヒナザクラの群生が見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
産沼、奥にヒナザクラの群生が見えました
2
避難小屋行けないの?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋行けないの?
1
山頂方面はガス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方面はガス
ここでスマホの電池が死ぬ
昭和湖過ぎた辺りから晴れ間もみれました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでスマホの電池が死ぬ
昭和湖過ぎた辺りから晴れ間もみれました
1
下界に下りて、須川帰りにいつも寄るブルーベリーハウス
ブルーベリー摘みも出来るようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界に下りて、須川帰りにいつも寄るブルーベリーハウス
ブルーベリー摘みも出来るようです
3
330円
ブルーベリーは目に良いので良く食べます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
330円
ブルーベリーは目に良いので良く食べます
3

感想/記録

まずは今日の忘れ物。カメラ、着替えのズボン。
約2ヶ月振りの山行、中々山に向かう時間が取れなく悶々とした日々を過ごしていたので多少の雨なら登るつもりで須川高原を目指した。
須川温泉は雰囲気と泉質が好きなので山好き、温泉好きな自分にとってはうってつけな場所。
駐車場に着くと小雨程度だったので、予定通りカッパを着てのスタート。
行きは自然観察路コースを歩く。道は狭く草が登山道に被りカッパの中はぐしょぐしょになった。ほぼほぼ樹林帯で見晴らしが悪いのであまりオススメ出来るコースではない。今日すれ違った感じだと、なんとなくだが下山に使われている人が多そうではある。
山頂で10分程度休み下山。天狗平過ぎるとスマホの電源が落ちガッカリ。昭和湖の写真は撮りたかった。そのあと青空も見え始めたのでなおさらショックでした。
ゼッタ沢の徒渉で、気が抜けていたのと、2ヶ月振りの山行で膝が笑っていたのとで
スリップしてしまい沢の中で思いっきりしりもちを着いてパンツの中、靴の中までぐしょぐしょ、ぐじゅぐじゅ。着替えのズボンが無いので温泉に入った後、またこのズボンを履かねばならぬのかと考えるだけで気が滅入る。
1年2ヶ月振りの須川温泉は貸しきり状態ですごく気持ちが良かった。しかしズボンを履く時は清水の舞台から飛び降りる気持ちで履きました。期待を裏切らない気持ち悪さでした。次は何を忘れるのか?自分が怖いです、、
訪問者数:261人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ