ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 919573 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

蓮華温泉〜朝日岳〜雪倉岳〜小蓮華山 日帰り周回

日程 2016年07月15日(金) [日帰り]
メンバー sekinao
天候出発時:小雨
朝日岳付近:雨
雪倉岳〜下山:曇り
下山後:小雨
夕方:時々やや強い雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
▼蓮華温泉駐車場
国立府中ICから300km
安曇野ICから100km
白馬村から48km
平岩駅から登り坂20km(残り6kmから狭い箇所あり)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間34分
休憩
15分
合計
8時間49分
S蓮華温泉06:4606:50蓮華温泉キャンプ場06:55蓮華の森分岐06:5607:08兵馬の平07:21瀬戸川橋07:2407:49ヒョウタン池08:34花園三角点09:41吹上のコル10:01朝日岳10:0510:40小桜ヶ原10:4111:56雪倉岳11:5912:22雪倉岳避難小屋12:2312:53鉱山道分岐12:5413:23三国境13:2413:55小蓮華山15:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●蓮華温泉〜白高地沢橋
 蓮華温泉前の道を右手に下りて行き、キャンプ場前から木道になる。
 直後に鉱山道との分岐あり。
 木道メインの道を瀬戸川橋まで350mほど下る。
 この日は木道が100%濡れていたが30cm程の間隔で設置されている横板(ステップ)の上を必ず踏むようにして特に問題無し(ビブラムトレランシューズ)。
 一部斜度のある部分で横板が脱落し釘・ネジが露出した箇所があり、致命的な怪我を負いかねないのでここだけはスリップできないと思った。
 沢を登るような場所もあるがマーカーやリボン多数。

●白高地沢橋〜朝日岳
 迷う心配は無い。
 高度を上げていく。
 序盤は沢の中を岩伝いに登るような場所が一部あり。
 開けた階段をしばらく登るとその先が花園三角点。
 五輪高原先の平坦部分で水たまりがあり3mくらいを助走をつけてジャンプした。
 この日は稜線(吹上のコル)直前まで流があった(梅雨時のためかもしれない)。
 また、登山道上も流れが多数。
 水場となりそうな沢は10か所以上あったが渇水期はどうなるか不明。
 この日は少々濁りあり。。

●朝日岳〜雪倉岳
 コルとなる小桜ヶ原まで400m下り、雪倉まで600m登る。
 朝日岳からの下りはあまり歩かれていない感じで道は細い。
 ここも登山道上に流れがある場所多数、小さい渡渉や沢も2〜3ヶ所あり。
 雪倉直下は少々ザレた部分あり。

●雪倉岳〜三国境
 終盤に入り疲れたところで三国境直前のザレ場が少し難儀。

●三国境〜蓮華温泉
 大池山荘までは登山者の非常に多いルートなのでとても歩きやすい。
 大池山荘手前から蓮華温泉まで下る(標高差900m、2時間と書いてある)。
 下り序盤は岩の多い道、半分ほど行くとやや岩は多いが凹凸は少なくなる。
 残り半分くらいからコースタイムの案内板あり。
その他周辺情報▼電波状況(docomo)
 蓮華温泉 ×(平岩駅から3km程登った所から×)
 朝日岳 ○
 稜線 部分的に○
 雪倉岳 ○(やや弱い)
 雪倉避難小屋 ×
 小蓮華〜大池 ○
 蓮華温泉への下り ×

▼水場
 蓮華温泉
  ・温泉裏の白馬岳登山道入口に水道
  ・駐車場トイレ
 朝日岳まで沢多数
 朝日岳〜雪倉岳間に沢が2〜3ヶ所
 雪倉岳〜三国境間は残雪下に流れあり(季節限定?)
 白馬大池山荘(タンク・無料)

▼トイレ
 蓮華温泉駐車場
  紙あり・とてもきれい
 雪倉岳避難小屋
 白馬大池山荘

▼小屋
 ・朝日小屋
  金曜時点で既に翌土日は100名の定員満員だったようです。
 ・雪倉岳避難小屋
  緊急避難用の建物であり『初めから簡易宿泊所として利用する目的で泊まる。あるいは、初めからその予定で山行計画を立案する』のはダメなので気を付けましょう。

▼店
白馬岩岳入口信号前にセブンイレブン
小谷村付近にローソン
白馬駅付近にスーパー(アップルランド)とコインランドリー

▼温泉
蓮華温泉(800円、子供500円)
http://www.hikyou.jp/detail.php?shid=30452
内湯はやや熱め、洗い場5つ・湯船1つ(20人程度)。
外湯は余裕なく利用せず。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

備考
水:4.5L携行、2L消費
行動食:大福3/3、SOYJOY2本、羊羹1個、クロワッサン4/4

写真

遠かった。。
蓮華温泉駐車場に到着、意外と停まっています。
2016年07月15日 06:43撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠かった。。
蓮華温泉駐車場に到着、意外と停まっています。
1
支度して早速スタート。
右はトイレ。
2016年07月15日 06:44撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支度して早速スタート。
右はトイレ。
すぐ先に蓮華温泉。
年輩のお二人が白馬岳方面に向かわれたが、自分は右下の道へ。
2016年07月15日 06:45撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ先に蓮華温泉。
年輩のお二人が白馬岳方面に向かわれたが、自分は右下の道へ。
キャンプ場までは砂利道。
2016年07月15日 06:47撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場までは砂利道。
キャンプ場、人気は無い。
2016年07月15日 06:51撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場、人気は無い。
キャンプ場前右手に朝日岳登山口。
2016年07月15日 06:51撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場前右手に朝日岳登山口。
少し行くとアヤメ平。
2016年07月15日 07:00撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し行くとアヤメ平。
更に行くと兵馬の平湿原。
2016年07月15日 07:07撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に行くと兵馬の平湿原。
1
沢沿いを登る場所もあり。
2016年07月15日 07:18撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いを登る場所もあり。
立派な橋が現れた。
2016年07月15日 07:23撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な橋が現れた。
橋が無ければ泳ぐしかないのでありがたい、と言うかこの流れでは無理。
2016年07月15日 07:23撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋が無ければ泳ぐしかないのでありがたい、と言うかこの流れでは無理。
1
立派な木。
2016年07月15日 07:35撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な木。
1
白高地橋沢橋。
2016年07月15日 07:51撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白高地橋沢橋。
白高地橋沢。
沢沿いを登って行けそうな感じ。
2016年07月15日 07:51撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白高地橋沢。
沢沿いを登って行けそうな感じ。
早めに給水しつつしばらく行くと開けてきた。
しかしここで雨足が強くなる。
2016年07月15日 08:24撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早めに給水しつつしばらく行くと開けてきた。
しかしここで雨足が強くなる。
花園三角点到着。
2016年07月15日 08:33撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花園三角点到着。
三角点。
2016年07月15日 08:33撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点。
花も降られている。
2016年07月15日 08:35撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花も降られている。
ニッコウキスゲ。
2016年07月15日 08:41撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ。
1
青ザク。
2016年07月15日 08:48撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青ザク。
地層が青い。
2016年07月15日 08:49撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地層が青い。
五輪高原先の走り幅跳びした水たまり。
2016年07月15日 08:55撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五輪高原先の走り幅跳びした水たまり。
トラバース道に沢が多数あり。
2016年07月15日 08:58撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース道に沢が多数あり。
視界は良くないが、まだまだ登りが続きそうな雰囲気。
2016年07月15日 09:14撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界は良くないが、まだまだ登りが続きそうな雰囲気。
少し大きめの沢を渡る。
2016年07月15日 09:16撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し大きめの沢を渡る。
1
水芭蕉。
2016年07月15日 09:16撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水芭蕉。
けっこう大きい沢を飛び石で渡る。
ここは濁っていて水場には厳しい。
2016年07月15日 09:23撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこう大きい沢を飛び石で渡る。
ここは濁っていて水場には厳しい。
1
残雪。
ここまででソロの男性が3名ほど下って来られた。
2016年07月15日 09:34撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪。
ここまででソロの男性が3名ほど下って来られた。
ハクサンコザクラの群生地と聞いたが濡れていて良くわからない。
2016年07月15日 09:36撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンコザクラの群生地と聞いたが濡れていて良くわからない。
1
吹上のコル到着。
2016年07月15日 09:41撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹上のコル到着。
吹上のコルでの案内。
2016年07月15日 09:41撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹上のコルでの案内。
レンズも濡れてしまってイマイチです。。
2016年07月15日 09:46撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レンズも濡れてしまってイマイチです。。
1
登山道脇に残雪。
2016年07月15日 09:57撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道脇に残雪。
残雪脇を登り間もなく山頂到着!
2016年07月15日 10:01撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪脇を登り間もなく山頂到着!
2
方位盤。
雨が止まない。
2016年07月15日 10:01撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
方位盤。
雨が止まない。
1
長居せずに進む。
2016年07月15日 10:04撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長居せずに進む。
だいぶ下って樹林帯突入。
2016年07月15日 10:22撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ下って樹林帯突入。
朝日小屋との分岐に出る。
2016年07月15日 10:28撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日小屋との分岐に出る。
分岐標識。
2016年07月15日 10:28撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐標識。
広場に出た。
2016年07月15日 10:38撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広場に出た。
小桜ヶ原。
雪倉とのコルになる部分。
2016年07月15日 10:39撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小桜ヶ原。
雪倉とのコルになる部分。
不思議な地層。
2016年07月15日 10:45撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不思議な地層。
大岩が現れる。
2016年07月15日 10:49撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩が現れる。
再度森林限界を抜ける。
天気は回復傾向?
2016年07月15日 11:30撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再度森林限界を抜ける。
天気は回復傾向?
ゴアテックスを来たまま歩く。
中でびしょびしょのシャツが乾いて来た。
2016年07月15日 11:39撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴアテックスを来たまま歩く。
中でびしょびしょのシャツが乾いて来た。
そろそろ山頂か?というところ。
2016年07月15日 11:44撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ山頂か?というところ。
1
おっ!雷鳥です。
2016年07月15日 11:48撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ!雷鳥です。
3
三角点。
2016年07月15日 11:56撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点。
白馬方面。
晴れそうで晴れない。
2016年07月15日 11:56撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬方面。
晴れそうで晴れない。
少し下ります。
2016年07月15日 12:08撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下ります。
いや、だいぶ下る。。
2016年07月15日 12:11撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いや、だいぶ下る。。
小屋が見えて来た。
2016年07月15日 12:21撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋が見えて来た。
雪倉岳避難小屋です。
2016年07月15日 12:21撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳避難小屋です。
内部。
あくまで緊急避難用の小屋です。
2016年07月15日 12:22撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
内部。
あくまで緊急避難用の小屋です。
三国境を目指し徐々に登ります。
斜度は緩め。
2016年07月15日 12:41撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国境を目指し徐々に登ります。
斜度は緩め。
鉱山道分岐手前。
2016年07月15日 12:56撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉱山道分岐手前。
三国境直下。
ザレている。
2016年07月15日 13:18撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国境直下。
ザレている。
三国境。
4年ぶり。
2016年07月15日 13:22撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国境。
4年ぶり。
初心者だったころ最初のアルプスがこのコースだった。
懐かしい。
2016年07月15日 13:23撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初心者だったころ最初のアルプスがこのコースだった。
懐かしい。
小蓮華山を目指す。
白馬は最初から行く予定なし。
2016年07月15日 13:26撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華山を目指す。
白馬は最初から行く予定なし。
小蓮華山到着!
鹿児島から来たというご夫婦に写真を頼まれお礼に大粒のラッキョウを貰う。
2016年07月15日 13:52撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華山到着!
鹿児島から来たというご夫婦に写真を頼まれお礼に大粒のラッキョウを貰う。
1
白馬方面。
2016年07月15日 13:53撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬方面。
1
雷鳥坂を下り大きなケルン。
登山者の数に比例する大きさ。
2016年07月15日 14:20撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥坂を下り大きなケルン。
登山者の数に比例する大きさ。
少し進むと雷鳥♀
しかも雛を伴っています。
2016年07月15日 14:25撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進むと雷鳥♀
しかも雛を伴っています。
1
ガスっていて動きが速いので自分のデジカメではコレがせいいいっぱい。
2016年07月15日 14:26撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスっていて動きが速いので自分のデジカメではコレがせいいいっぱい。
間もなく白馬大池山荘。
ここも懐かしい。
2016年07月15日 14:30撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく白馬大池山荘。
ここも懐かしい。
大池を見に行くが残念な景色。
4年前は快晴で大池の景色に感動したのを今でも忘れていない。
2016年07月15日 14:32撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大池を見に行くが残念な景色。
4年前は快晴で大池の景色に感動したのを今でも忘れていない。
ちょっと勘違いしていたが下山路は大池山荘手前からだった。
白馬乗鞍手前だと思っていた。
2016年07月15日 14:33撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと勘違いしていたが下山路は大池山荘手前からだった。
白馬乗鞍手前だと思っていた。
大池山荘から白馬往復は4時 間とのこと。
2016年07月15日 14:33撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大池山荘から白馬往復は4時 間とのこと。
下山開始。
岩場の道でペースが上がらない。
2016年07月15日 14:40撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始。
岩場の道でペースが上がらない。
天狗の庭👺
2016年07月15日 14:58撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の庭👺
蓮華の森。
また少し雨が降ってきた。
2016年07月15日 15:23撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華の森。
また少し雨が降ってきた。
いきなり建物が現れる。
2016年07月15日 15:32撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり建物が現れる。
蓮華温泉だった。
と言うことでお疲れ様でした。
2016年07月15日 15:33撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華温泉だった。
と言うことでお疲れ様でした。
1
案内板。
ありがとうございました。
下山後は当然蓮華温泉に入るがいろんな理由で外湯散策する余裕はなかった。
2016年07月15日 15:33撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板。
ありがとうございました。
下山後は当然蓮華温泉に入るがいろんな理由で外湯散策する余裕はなかった。

感想/記録

7/15(金)に休暇を取得して4連休です。

天気はあまり良くなさそうですが、せっかくなので少し遠い所へ足を延ばそうかと思い長野北部の山域をいくつか登ることにします。

初日は少しハードになりそうですが蓮華温泉から新潟朝日岳→雪倉岳→小蓮華山→蓮華温泉周回という面白いルートを見つけたのでチャレンジします。
翌日からバス運行開始となり本格的なシーズンイン直前というのも後押ししました。

アクセスが遠いので1時過ぎに起きて急いで出発しても到着が6時半となってしまいました。
スタートからの標高差はそれほどでもないものの朝日岳と雪倉岳の登り返し600mと、雪倉避難小屋から三国境までの350mの登り返しはそこそこハードです。

後は天気ですが、曇りメインで時々雨の予報でしたが、けっこう降られる時間が長く久々の雨天山行となりました。
当日までの3日間で合計100mm(小谷村)、特に前夜だけで集中的に50mm降ったらしく登山道上に水の流れている所が多かったです。

4年前、初めてアルプス登った時の一部ルートを逆に辿る事ができて懐かしさと同時に、今でも元気で登れている境遇に感謝の山行でした。
訪問者数:407人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ