ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 919615 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

裏銀座ルート 烏帽子〜双六

日程 2016年07月16日(土) 〜 2016年07月18日(月)
メンバー Holiday-A
天候1日目霧→晴天 2日目強風・雨 3日目晴天
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間10分
休憩
20分
合計
7時間30分
S高瀬ダム濁沢登山口05:4506:40ブナ立尾根取付07:25権太落し07:3509:15三角点09:2510:25烏帽子小屋12:45烏帽子岳13:15烏帽子小屋
2日目
山行
9時間5分
休憩
2時間25分
合計
11時間30分
烏帽子小屋02:5004:20三ツ岳04:3006:35野口五郎岳07:00真砂岳分岐08:55水晶小屋10:1010:35水晶岳11:05水晶小屋11:5512:10ワリモ北分岐12:40ワリモ岳13:30鷲羽岳13:4014:20三俣山荘
3日目
山行
6時間30分
休憩
2時間15分
合計
8時間45分
三俣山荘03:1003:35三俣峠04:00三俣蓮華岳04:3005:20双六岳05:4506:20双六小屋06:3007:30弓折乗越07:4508:15鏡平山荘08:4009:10シシウドヶ原09:2009:50秩父沢出合10:0010:50わさび平小屋11:0011:55新穂高ロープウェイG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
東沢乗越周辺〜水晶小屋手前まで滑落注意

写真

山荘からの長いトンネル
タクシーで通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘からの長いトンネル
タクシーで通過
ダムの堤部分よりスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムの堤部分よりスタート
トンネルをくぐる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネルをくぐる
つり橋を渡る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つり橋を渡る
砂利道を越えるとブナ立ての入り口
水場は入り口の隣
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂利道を越えるとブナ立ての入り口
水場は入り口の隣
階段や石と木の根の階段状の道を登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段や石と木の根の階段状の道を登る
9番の権太落とし(大岩)
1分ほど進むと岩の上の部分で休憩可能
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9番の権太落とし(大岩)
1分ほど進むと岩の上の部分で休憩可能
3番あたりまでくるとようやく先が見えるようになる
ここまで我慢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3番あたりまでくるとようやく先が見えるようになる
ここまで我慢
最後は青空に励まされつつ登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は青空に励まされつつ登る
烏帽子小屋到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子小屋到着
烏帽子岳分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳分岐
烏帽子岳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳山頂
1日目のテント場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1日目のテント場
1
三ツ岳 風強い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ岳 風強い
野口五郎小屋まであと一息
雨も降ってくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎小屋まであと一息
雨も降ってくる
野口五郎小屋 風速10m以上は確実
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎小屋 風速10m以上は確実
1
湯俣への分岐
通行止めとのこと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯俣への分岐
通行止めとのこと
東沢乗越手前あたりから道が険しくなる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東沢乗越手前あたりから道が険しくなる
東沢乗越から水晶小屋まではこのような感じの道が続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東沢乗越から水晶小屋まではこのような感じの道が続く
山頂直下の水晶鉱脈
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の水晶鉱脈
ワリモ岳への分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモ岳への分岐
鷲羽から三俣への下り
地図で見るほど急じゃない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽から三俣への下り
地図で見るほど急じゃない
今回唯一であった雷鳥
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回唯一であった雷鳥
2
双六岳を目指す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六岳を目指す
1
山頂付近はのんびりした平原
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近はのんびりした平原
1
双六小屋 交通の要所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋 交通の要所
1
双六から先は基本的に歩きやすい道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六から先は基本的に歩きやすい道
シシウドが原はベンチと水場がある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシウドが原はベンチと水場がある
秩父沢 水場があり休憩できる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父沢 水場があり休憩できる
左俣川も見えてあと一息
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左俣川も見えてあと一息
わさび平小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わさび平小屋
左俣林道入り口ゲート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左俣林道入り口ゲート
橋を渡れば新穂高ロープウェイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡れば新穂高ロープウェイ

感想/記録

夏のアルプス体力測定として裏銀座ルート烏帽子〜双六に挑戦。
3日間天気が思わしくない予報でしたが、やばかったのは2日目でした。

1日目
夜行バスで七倉山荘に到着。準備しながらタクシー待ち。約2200円で高瀬ダムへ移動します。相乗りしようとしたけど人数配分的にできずちょっとがっかり。
高瀬ダムから25分ほどでブナ立て尾根入り口へ到着。水場は入り口そばの沢。
ブナ立て尾根は北アルプス三大急登と言われるだけあって奥多摩や丹沢の一番急登よりもきつい感じでした。
12〜0番までの番号があり、7番までは傾斜も比較的楽ですが、6〜2番が急登・1区当たりの距離も長いので結構疲れます。2番から先は傾斜も緩く山頂も近いのが分かるので歩きやすくなります。
烏帽子小屋のテント場ででテント設営後、烏帽子岳をピストン。天気も良く山頂の岩の窓まで行くことができました。

2日目
軽い雨の音で目が覚め、雨の様子を見ながらの片付け・準備。3時目安でスタートし稜線コースへ。2日目は一日中風が強く雨もあり、全体的にタフな難易度となりました。

事前に雨具を洗って撥水スプレー(いつも使ってるのと違うやつ)をかけたのですが不良品?だったらしく撥水効果が全然なくがっかりなことに。雨具のスプレー後は一度水にぬらして撥水状態を確認しておく必要があると学びました。

野口五郎小屋周辺まで来て風が一層強くなり小屋前で少し休憩。気持ちを入れなおして進みます。真砂分岐を越えた先の地図上で崖マークがある場所より岩場・ゴーロの飛び石が続くようになるので滑落に注意しながら進みます。東沢乗越後も水晶小屋までは足元が厳しい道が続きます。
水晶小屋は小屋中で休憩して良いとのことだったので雨具を外して昼食タイム。その後水晶岳をピストン。水晶岳は名前通り水晶鉱脈があるのが分かります。なお水晶持ち帰り禁止。
小屋で休憩しつつ気合を入れなおして鷲羽を目指します。ワリモ〜鷲羽ルートはワリモの山頂直下が足元が危険な程度で野口〜水晶よりも楽でした。
鷲羽〜三俣の下りは地図上では急斜面に見えますが広々とした斜面で富士山のようなつづら折りの坂道なので拍子抜けするくらい楽です。
びしょ濡れで三俣山荘について流石にテントを立てる気にならず小屋泊。夜行バスで同じコースを予定していた女性グループも同じくテントをあきらめて小屋泊でした。
また、バーナーのフリントの調子が悪く、予備のライターも湿気て使えない状態でしたが、あまりのライターをくれた男性に感謝。

3日目
帰りのバスの時間にあわせ3時目安で出発。三俣蓮華岳に到着しすぐ移動しようかと思いましたが空が白むのを見ながら時間超過。
こりゃいかんと双六まで飛ばしてみるも、天気が良く双六でも時間を越えて楽しんでしまいました。
タイムアタックの様相になってきつつ、双六小屋〜弓折乗越・弓折岳〜鏡平と進みます。鏡平は有名な鏡池で逆さ槍・穂高を撮影。今年最初の北アルプスで最高の写真を1枚。
更にタイムアタックをしつつ、各水場で休憩をはさみ左俣林道へ到着。林道を進むと最終的に新穂高ロープウェイに到着。

3月に痛めた膝の具合を見つつ、体力の具合も見つつのアルプス1発目でしたが、今回も無事に下山できてお疲れちゃんでした。
訪問者数:460人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ