ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 920020 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

白峰三山(大門沢から日帰り)農鳥岳・間ノ岳・北岳

日程 2016年07月18日(月) [日帰り]
メンバー kamui
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
13時間33分
休憩
29分
合計
14時間2分
S奈良田駐車場03:0603:18奈良田ゲート03:1905:29大門沢小屋05:3408:37大門沢分岐08:3809:22農鳥岳09:2309:58西農鳥岳10:0110:36農鳥小屋12:01間ノ岳12:0212:46中白根山13:10北岳山荘13:1113:39トラバースルート分岐13:4014:02吊尾根分岐14:0614:20北岳14:2414:36両俣分岐14:44北岳肩ノ小屋14:57小太郎尾根分岐14:5815:03草すべり分岐15:0915:44白根御池小屋17:00白根御池分岐17:08広河原山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【奈良田〜大門沢小屋】林道後は吊り橋や渡渉が連続。手すり無いハシゴ橋もあり。
【大門沢小屋〜大門沢降下点】激しい登りが続く。
【大門沢降下点〜農鳥小屋】岩場の通過注意。
【農取小屋〜間ノ岳】ガレ場を進み、標高を稼ぐ。危険箇所なし。
【間ノ岳〜北岳】岩場の通過あり苦手な方は注意。北岳山荘以降は落石注意。
【北岳山荘〜広河原(御池経由】下山時は膝への負担が大きい。虫多い。
その他周辺情報※最終バスに乗り遅れると、歩くか泊まるかしかありませんのでご注意下さい。
詳しくは交通機関等にお問い合わせ下さい。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調味料 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 ナイフ
備考 日焼け対策

写真

星が綺麗。
天候も期待できそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
星が綺麗。
天候も期待できそうだ。
2
明るくなると綺麗な沢が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくなると綺麗な沢が見えてきた。
1
大きな沢に沿って登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな沢に沿って登る
2
あの花も咲いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの花も咲いていた。
1
雲海に浮かぶ富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ富士山
2
何気ない景色も美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何気ない景色も美しい
2
大門沢分岐に到着。
鐘の音が響く。
ここまでが本当にしんどい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大門沢分岐に到着。
鐘の音が響く。
ここまでが本当にしんどい。
1
遠くまで見渡せる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くまで見渡せる。
5
西農鳥岳と間ノ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西農鳥岳と間ノ岳
3
ピークで写真を撮るパーティー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークで写真を撮るパーティー
2
西農鳥岳から望む間ノ岳と北岳。
眼下に農鳥小屋が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西農鳥岳から望む間ノ岳と北岳。
眼下に農鳥小屋が見える。
4
天気はこのまま持ちそうだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気はこのまま持ちそうだ
2
間ノ岳。
かなりバテてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳。
かなりバテてきた。
12
たおやかな山容は仙丈ケ岳だろうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たおやかな山容は仙丈ケ岳だろうか
1
北岳と甲斐駒ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳と甲斐駒ヶ岳
4
北岳と北岳山荘
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳と北岳山荘
6
歩いてきた道を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた道を振り返る
4
北岳山荘。
シンプルだけど屈強な造りに見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘。
シンプルだけど屈強な造りに見える
見上げる北岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げる北岳
5
稜線の脇の斜面も、もちろん美しい。
左も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の脇の斜面も、もちろん美しい。
左も
2
最後まで好天の中歩けそうだ。
ただもう脚が残ってない..;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後まで好天の中歩けそうだ。
ただもう脚が残ってない..;
いつか行きたい両俣小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつか行きたい両俣小屋
1
すっぽりスペースに収まる肩の小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっぽりスペースに収まる肩の小屋
2
御池が見えてきた
俺の限界も近い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池が見えてきた
俺の限界も近い

感想/記録
by kamui

前回敗退した北岳に再度挑戦したいと思いながら、ずいぶん時が経ってしまった。
三連休にいくつかルートを立てて計画するも、どこの山域も真ん中が悪天候の予報。こればかりは嘆いても仕方ないので諦めて最終日に日帰りで最も天気の良い場所を回ることに。ほぼ同じところを歩いた事があるので、色々と大変とは思いながらも大門沢から白峰三山を経て大河原を目指すこととした。
3時にヘッドライトと自作のUSBビデオライトを装着して出発。自作ライトは非常に明るく照射範囲が広いため足元が昼間と同じようにしっかり見える。そこに収束光のヘッドライトを組み合わせることで、遠くから足元までカバーできた。熊鈴と柏手と奇声を発しながらまだ暗い道を進んだ。
歩き始めから林道やあまり斜度のない歩きやすい道が続き、それが終わると吊橋やハシゴ橋や渡渉を繰り返して沢沿いを進む。何度か登りを繰り返すと大門沢小屋に。まだ休憩は必要ないのでそのまま先へ。この先から急登が続きぐんぐん体力が奪われていく。大門沢分岐に近付くと更に斜度が増していき、ガレ場を詰めていくと大門沢分岐の黄色い塔が見えてきた。
ここからやっと稜線歩きへ。まずは農鳥岳と西農鳥岳を経て農鳥小屋を目指す。この2つはアップダウンがそれほど大きくないので疲れながらも無事クリア。
暑さで想定より水の消費が多かったので農鳥小屋でボトルを購入。買った"味付いろはす"はりんごだと思っていたが、ひと口飲んだら味がヤバイ...吐き出そうかと思った時にラベルをよく見たらトマト味でした(o'д`o)
農鳥小屋から見える間ノ岳はそれはそれは大きくてどっしりしています。ガレた道を進んで上を目指しますが、なかなか手強い。強風を受けながら 小さなアップダウンを経てゆっくり歩を進め頂上へ。
先に聳える北岳は、見るからに高く厳しい山容。登り詰めていくと斜度はどんどんキツくなり、階段や梯子も出てきました。上がる息を落ち着けながら、休み休みでなんとか登頂しました。
下山は肩の小屋から御池小屋を抜けて広河原へ。
なかなか膝に厳しい下山道でした。
距離もアップダウンも大きい行程でしたが、怪我なく回れて良かったです。






訪問者数:728人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/10/19
投稿数: 1026
2016/7/20 17:15
 きたきたきた
カムイさん憧れのロングお疲れ様です!

やりたくて堪らない周回コースですが、怖くて実行に移せません。
とてもハードだと皆さんが口を揃えて言う大門沢を登ってからの周回かー。時計回りを選択された理由は何でしょうか?

また、この時お車は奈良田に停められたのですよね?
広河原からはバスで芦安へ、そこから奈良だはバスが出ているんでしたっけ。。うーん、ここがいつもイメージつきません。カムイさんの説明ならば、私も理解出来るかも・・・。
登録日: 2013/5/28
投稿数: 73
2016/7/20 20:30
 Re: きたきたきた
ありがとうございます。
なんとなくこちらの方が歩きごたえがあるかなぁと思って選びました。それほど意味は無かったです(´ω`;)
奈良田〜広河原間は直通バスが出ています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雲海 急登 熊鈴 林道 渡渉 ガレ クリ 落石
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ