ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 920521 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走朝日・出羽三山

肘折温泉から月山 登山の楽しみを再認識出来る好ルート!

日程 2016年07月18日(月) 〜 2016年07月19日(火)
メンバー triglav
天候18日 くもり時々霧雨
19日 霧雨時々雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
[入山]
山形まで夜行バスを利用。
肘折温泉へはJR新庄駅から一日3〜4便バスあり。
[下山]
月山銘水館からJR寒河江駅まで路線バス。ただし休日日中はほとんど便がないので注意。今回はたまたま平日で助かりました。
志津から月山銘水館までご親切な方の車に便乗しましたが姥沢からバスも出ています。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間40分
休憩
10分
合計
5時間50分
Sスタート地点09:3510:45肘折登山口10:5515:25念仏ヶ原避難小屋
2日目
山行
6時間25分
休憩
10分
合計
6時間35分
念仏ヶ原避難小屋05:2006:15清川橋09:15月山09:2010:00金姥10:50装束場10:5511:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
肘折温泉から月山山頂まで、全般的に足元が良くないのでスリップや滑落に十分注意。肘折側の登山口からしばらくの間は急斜面のトラヴァースが非常に多いのですが、路肩が斜めになっているのでスリップ注意です。豪雪地帯にありがちなパターンですが、このコースは特に注意が必要と思いました。あと特に危険な個所として、念仏が原西側の清川越えは登りも下りも非常に危険を伴います。そのあと月山本峰の登りも意外に急斜面が多いのと、整備された姥沢側と違い自然の沢地形をそのまま利用しているため、水気が多くスリップ箇所が多くて気が抜けません。
このコースは体力的な面が問題にされることが多いですが、悪天候だったせいもあり、私はスリップや滑落など安全面が非常に気になりました。単独で挑まれる場合は十分に準備と覚悟が必要と思います。
念仏が原の避難小屋は非常にきれいで快適です。いつまでも大切に使っていきたいものです。
3連休で草刈りが入った直後でした。この難コースの草刈りはとても危険なうえ、非常に重労働であることは想像に難くありません。総勢8人がかりだったとのことです。草刈り前だとひどいヤブ漕ぎは避けられなかったでしょう。大変快適に縦走できました。ひたすら多謝多謝です。
月山でこのような充実した冒険ができるとは思ってもみませんでした。天気が悪くて残念だったので、いつの日かもう一度挑戦したいです。
その他周辺情報月山銘水館に温泉併設。300円は激安!

写真

肘折温泉の風情のある郵便局
2016年07月18日 09:37撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肘折温泉の風情のある郵便局
4
なかなか居心地のよさそうな温泉街です。東北らしいかな。
2016年07月18日 09:44撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか居心地のよさそうな温泉街です。東北らしいかな。
5
林道を延々歩いてようやく登山口。温泉街から4.5キロです。
2016年07月18日 10:57撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を延々歩いてようやく登山口。温泉街から4.5キロです。
5
朴葉。
2016年07月18日 11:26撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朴葉。
ブナの森
2016年07月18日 11:35撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの森
2
天気は悪いものの癒されます。
2016年07月18日 11:42撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気は悪いものの癒されます。
1
古い看板も随所にあります。
2016年07月18日 13:17撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古い看板も随所にあります。
3
湿原。幻想的です。
2016年07月18日 14:44撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原。幻想的です。
4
キスゲも開花してます。もう少しすると満開です。
2016年07月18日 14:54撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キスゲも開花してます。もう少しすると満開です。
3
念仏ヶ原避難小屋は非常に快適。
2016年07月18日 15:55撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
念仏ヶ原避難小屋は非常に快適。
7
夕方はなぜか天気が良かった。三日月池まで戻って景色を楽しんだ。
2016年07月18日 18:34撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方はなぜか天気が良かった。三日月池まで戻って景色を楽しんだ。
5
良い青空だ。
2016年07月18日 18:35撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い青空だ。
6
月山が噴火したような雲。
2016年07月18日 18:41撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月山が噴火したような雲。
6
なかなか晴れない。
2016年07月18日 18:49撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか晴れない。
3
頑張ったが、これまで。小屋に戻る。
2016年07月18日 18:51撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頑張ったが、これまで。小屋に戻る。
3
黄昏を満喫できました。
2016年07月18日 18:52撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄昏を満喫できました。
8
翌朝。念仏が原も幻想的。
2016年07月19日 05:38撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。念仏が原も幻想的。
3
ところどころ緑のトンネルです。
2016年07月19日 05:57撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ緑のトンネルです。
1
清川越えは非常に難路。なめてかかれない。難所のロープ場を無事くだり振り返る。
2016年07月19日 06:04撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清川越えは非常に難路。なめてかかれない。難所のロープ場を無事くだり振り返る。
2
清川。雨ですがそれほど増水はしていない。
2016年07月19日 06:14撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清川。雨ですがそれほど増水はしていない。
2
橋は立派です。以前のものは落ちてしまったそうです。
2016年07月19日 06:14撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋は立派です。以前のものは落ちてしまったそうです。
4
清川は月山らしからぬ荒々しい地形でした。
2016年07月19日 06:21撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清川は月山らしからぬ荒々しい地形でした。
2
月山本峰にとりつく。
2016年07月19日 07:05撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月山本峰にとりつく。
1
キスゲが良い感じ。
2016年07月19日 07:12撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キスゲが良い感じ。
6
湿原は目が覚める緑。
2016年07月19日 07:12撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原は目が覚める緑。
4
時々日も差すのですが雨も降り続く。
2016年07月19日 08:12撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々日も差すのですが雨も降り続く。
1
登りがつらくなってきた。
2016年07月19日 08:12撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りがつらくなってきた。
1
残雪もおおくなってきた。
2016年07月19日 08:27撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪もおおくなってきた。
1
やれやれ頂上。でも暴風雨ですぐに降り始めました。
2016年07月19日 09:20撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やれやれ頂上。でも暴風雨ですぐに降り始めました。
3
石跳沢の下山路は一か所橋が落ちてました。でもすぐ下を迂回できます。
2016年07月19日 11:07撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石跳沢の下山路は一か所橋が落ちてました。でもすぐ下を迂回できます。
1
残雪もありました。雨がひどくて写真はここまで。
2016年07月19日 11:08撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪もありました。雨がひどくて写真はここまで。
2
無事に寒河江まで出ました。小田原への帰途に着きます。
2016年07月19日 14:05撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に寒河江まで出ました。小田原への帰途に着きます。
3
山形の駅中で買った惣菜屋の牛丼がうまかった。
2016年07月19日 15:13撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山形の駅中で買った惣菜屋の牛丼がうまかった。
7
撮影機材:

感想/記録

7/18(月) 肘折温泉〜念仏が原避難小屋 曇り時々霧雨
 新庄行きの夜行バスは満席だった。山形行きに乗り、7:06の鈍行で8:23に新庄に到着。8:35の肘折温泉行バスに飛び乗った。今回は交通も綱渡りだった。
 肘折温泉の雰囲気は素晴らしい。見るからに良さげな宿がたくさん。公衆浴場も昔ながらの感じだ。後ろ髪を引かれつつ温泉街を離れ歩きはじめる。
 林道を歩き続け1時間強で登山口に到着。途中看板もほとんどなかったので不安だったが無事着いた。登山道を登りはじめるとすぐに気持ちの良いブナ林。ブナの森は晴れててもガスでも気持ちが良い。梅雨のしっとりとした雰囲気も悪くないのだ。
 さらに登り続けるとトラヴァースが多くなってくる。この山域はジャスト尾根上ではなく、少し下のトラヴァースが多い。おまけに豪雪地帯なので道幅が狭く傾いているうえ路肩も弱い。バランスを崩しやすく、こけるともちろん谷側に落ちる。一応れっきとした登山道だが上級者向けの道ではある。
 ネコマタ沢の渡渉点で草刈りのご一行にお会いした。総勢8名、3日間で山頂まで草刈りしたとのこと。まったく頭が下がります。この登山道は普通の山の3倍は危険だし、体力もいることだろう。それにしても草刈り直後に歩けるとはなんとラッキーなのだ。3日前だったらヤブ漕ぎでびしょ濡れになっていたに違いない。
 ネコマタ沢を詰めて一山超えると庄内平野の水系に入る。この山域は地形が非常に複雑だ。小沢をいくつか越えるので水は豊富だ。水筒はいらないくらいだ。更に一山越え、新庄の水系に戻り緩く下ると念仏が原だった。避難小屋は念仏が原の入り口に位置している。
 この避難小屋は非常にきれい。大切に使われているのがよくわかる。水場もすぐそばだしトイレは天然の水洗。それにしても東北の山の無人小屋はなぜこんなにきれいなのだろう。予想はしていたが今日は誰も来ず自分だけの宿泊。ひとりでまったりと過ごした。
 日没時には天気は晴れ渡り、三日月池までサンセットを見に行った。絶景だったが月山の山頂の雲だけはどうしても取れなかった。

7/19(火) 念仏が原避難小屋〜月山〜志津 霧雨時々雨
 出発してすぐは天気が比較的良かった。念仏が原の湿原は最高の景色。花もいっぱい咲いていた。
 しかし清川への下りになると雨が降ってきた。おまけに道は非常に悪い。なだらかな月山はどこへ行ったのか、峩々とした沢へじわじわ下るワイルドな道がつづく。スリップすると命にかかわる箇所もあるので慎重に慎重を重ねてゆく。橋は立派で渡渉は問題ないが、登りの路もまた悪く、非常に神経を使った。しかし何故かここの場面を私は非常に楽しんでもいた。最近の登山道は整備されすぎ。そして廃道は荒れすぎ。この登山道のようなちょうどよい道が昨今いかに少ないことか。
 清川の難路を超えると道は再び月山本峰の優しい斜面に吸収されてゆく。ところどころ池塘や湿原も現れ飽きさせない。残雪も多くなってくる。ただ雨はひどくなる一方。登山道は自然の小沢を利用しているので相変わらずワイルドでスリップしやすいので神経を使いながら進む。この状況は山頂寸前まで続いた。
 山頂は暴風雨。5分ととどまらず西側へ下山にとりかかった。さすがにこちらは整備が良くサクサク進む。姥沢へは降りず、湯殿山のほうへ行き装束場から志津へ降りるルートを取った。このルートも整備されていてきれいだったが、草刈りがされておらずヤブ漕ぎ状態だったうえ雨がひどかったのでびしょ濡れになった。沢の渡渉も多かったのでスリップしないよう細心の注意を払った。
 標高1000mを切ると晴れてきた。天気が悪いのは山の中だけだった。車道に出てバス停に向けて5分も歩くと車が止まってくれ「乗っていきませんか?」。うーん今日は天気はいまいちだが運は悪くない。
 仙台から来られた単独の女性の方だった。今日はあまりに天気が悪いので月山は途中であきらめたとのこと。肘折コースは歩いたことがあるそうで避難小屋がやっぱりいいとの意見で一致した。肘折コースは春のスキーもいいそうだ。飯豊や朝日の話題でも盛り上がった。
 月山銘水館で下してもらい、ひと風呂浴びてから路線バスでJR寒河江駅まで出た。そこから山形に出て新幹線で小田原まで順調に帰ってきた。

――

肘折コースは最高である。天気が悪かったのは残念だったが、自分としては良い山旅・冒険ができたと思った。登山道を歩いてこのような気持ちになったのはほんとうに久しぶり。このコースはもう一度絶対行く!!
訪問者数:502人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ