ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 920640 全員に公開 沢登り甲信越

黒桂河内川下部ゴルジュ

日程 2016年07月19日(火) [日帰り]
メンバー Lynn_Kato(記録), その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道ゲート手前に停めた。3台位可。(堰堤工事中なのでゲートは開いているが、一般車立ち入り禁止。)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間52分
休憩
4時間6分
合計
8時間58分
Sスタート地点07:3107:56下降点08:20沢床09:52F110:0610:06F210:2410:24F311:5511:55F412:1112:40F513:5414:57二段堰堤15:3016:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一部の奇特なゴルジャー向け上級ショートコース。沢の難易度で4級位(F3の核心部分は叉蕁砲世隼廚錣譴泙后しかし巻きはもっと怖そうに見えます。(>_<)
その他周辺情報ヘルシー美里 550円。

写真

林道ゲート。
2016年07月19日 07:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道ゲート。
30分位歩くと東電の看板。地形図上の堰堤のあたり。急だが、踏み跡を辿ると100m下の河原に降りられる。
2016年07月19日 07:56撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分位歩くと東電の看板。地形図上の堰堤のあたり。急だが、踏み跡を辿ると100m下の河原に降りられる。
やっと河原! 堰堤のちょい上に出た。カジカガエルが鳴いてる♡
2016年07月19日 08:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと河原! 堰堤のちょい上に出た。カジカガエルが鳴いてる♡
暑いので水に浸かって体を冷やしてから、延々とゴーロ歩き。(かなり長いので釣りしながら行くのがいいのではないかと思ったが魚影は薄い。)
2016年07月19日 08:21撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑いので水に浸かって体を冷やしてから、延々とゴーロ歩き。(かなり長いので釣りしながら行くのがいいのではないかと思ったが魚影は薄い。)
ゴーロがだんだん巨岩になってきて、最後は超巨岩になってボルダーとか楽しめるようになる。巨岩のおかげで小滝や淵や釜が形成されており、楽しくなっていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーロがだんだん巨岩になってきて、最後は超巨岩になってボルダーとか楽しめるようになる。巨岩のおかげで小滝や淵や釜が形成されており、楽しくなっていく。
1
そして、不意に、ゴルジュ地形になる。始まったか?と思ったら、本当に始まっていた。
2016年07月19日 09:52撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、不意に、ゴルジュ地形になる。始まったか?と思ったら、本当に始まっていた。
1
最初の淵は20m位。奥に見えるのがこのゴルジュのF1。寝てるナメ滝なので簡単に登れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の淵は20m位。奥に見えるのがこのゴルジュのF1。寝てるナメ滝なので簡単に登れる。
前半は泳ぎで後半は水流が強いのでヤツメ+ヘツリで。
2016年07月19日 09:59撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前半は泳ぎで後半は水流が強いのでヤツメ+ヘツリで。
1
F1の直後、ゴルジュは直角に左に曲がる。曲がった先には、F2のこの大深釜と、滝がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1の直後、ゴルジュは直角に左に曲がる。曲がった先には、F2のこの大深釜と、滝がある。
泳いで取り付きに行く。
2016年07月19日 10:07撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泳いで取り付きに行く。
直登中の隊長。
2016年07月19日 10:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直登中の隊長。
1
水流が強いので怖かったが、登ってみたら意外に簡単に登れた。
2016年07月19日 10:27撮影 by FinePix XP200/XP210, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水流が強いので怖かったが、登ってみたら意外に簡単に登れた。
2
登り終わった先にあるどうってことない小滝を超えると、
2016年07月19日 10:22撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り終わった先にあるどうってことない小滝を超えると、
1
核心のF3。過去の記録では10mと記されてたが、私にはもう少しあるように見えた。(荷揚げで30mロープ二つ折りにしたらギリギリだったので、壁の高さは15m位らしい。)
2016年07月19日 10:24撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心のF3。過去の記録では10mと記されてたが、私にはもう少しあるように見えた。(荷揚げで30mロープ二つ折りにしたらギリギリだったので、壁の高さは15m位らしい。)
2
隊長が空荷+フラットソールでリード。核心トラバース部分は叉蕁しかし巻きも超絶悪そうなので滝登るほうがマシに思える。(;・∀・)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隊長が空荷+フラットソールでリード。核心トラバース部分は叉蕁しかし巻きも超絶悪そうなので滝登るほうがマシに思える。(;・∀・)
3
ハーケンを抜くのに苦労しております。(無事に回収♡)
2016年07月19日 11:51撮影 by FinePix XP200/XP210, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハーケンを抜くのに苦労しております。(無事に回収♡)
2
F3登ったらその先にまたすぐにF4がある。(;・∀・) 大釜を泳いで取り付く。
2016年07月19日 11:57撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F3登ったらその先にまたすぐにF4がある。(;・∀・) 大釜を泳いで取り付く。
2
意外に立ってる。Σ(゜Д゜)
2016年07月19日 12:19撮影 by FinePix XP200/XP210, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
意外に立ってる。Σ(゜Д゜)
2
これでやっと終わりか。平和なゴルジュが続き、ほっとする。
2016年07月19日 12:11撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これでやっと終わりか。平和なゴルジュが続き、ほっとする。
ゴーロも出てきて終わりの雰囲気が濃くなってきた所で、また廊下。そしていきなり、なんか淵の先に白いのがみえるんですけど?
2016年07月19日 12:40撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーロも出てきて終わりの雰囲気が濃くなってきた所で、また廊下。そしていきなり、なんか淵の先に白いのがみえるんですけど?
1
ええええ?Σ(゜Д゜) こんな滝あるって聞いてないけど。(;・∀・) (それ以降、この滝は「聞いてない滝」と命名w)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ええええ?Σ(゜Д゜) こんな滝あるって聞いてないけど。(;・∀・) (それ以降、この滝は「聞いてない滝」と命名w)
2
両岸ツルツルで到底巻けない。戻れば巻けるけど、取り付くことさえできれば行けるはず。ということで隊長を叱咤激励w
2016年07月19日 12:52撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両岸ツルツルで到底巻けない。戻れば巻けるけど、取り付くことさえできれば行けるはず。ということで隊長を叱咤激励w
2
対岸から泳いで取り付くが足がなくてツルツル。水流に押されつつ水中コイノボリ状態で手のみスローパーを掴んで体を止め、なんとか体を、、、で、失敗すること3回。
2016年07月19日 12:53撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸から泳いで取り付くが足がなくてツルツル。水流に押されつつ水中コイノボリ状態で手のみスローパーを掴んで体を止め、なんとか体を、、、で、失敗すること3回。
2
がんばがんばがんばがんば!!
2016年07月19日 12:57撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
がんばがんばがんばがんば!!
2
おおっ!4度目の挑戦で行った行ったー!
2016年07月19日 12:57撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおっ!4度目の挑戦で行った行ったー!
2
上部、水流ラインは厳しいらしい。ので、CSから人工で行くことに。
2016年07月19日 13:18撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部、水流ラインは厳しいらしい。ので、CSから人工で行くことに。
1
隊長人工登攀中。
2016年07月19日 13:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隊長人工登攀中。
2
深釜で、足が立たないため、待ってる間はタロンを使って体をなるだけ水中から出してハンギングでセルフをとる。ウェットを着ていてもずっと浸かりっぱなしでは冷えきってしまう。かけられる所さえあればタロンって超お役立ち。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深釜で、足が立たないため、待ってる間はタロンを使って体をなるだけ水中から出してハンギングでセルフをとる。ウェットを着ていてもずっと浸かりっぱなしでは冷えきってしまう。かけられる所さえあればタロンって超お役立ち。
3
隊長登攀終了。私は水流の右側にロープを出してもらって水流真ん中〜右をゴボウ+フリクションで登りました。
2016年07月19日 13:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隊長登攀終了。私は水流の右側にロープを出してもらって水流真ん中〜右をゴボウ+フリクションで登りました。
2
上から見た死闘現場。ここは超面白かった。沢登りってサスケみたいだけど、アタマも使うパズルみたいで、持てる体力知力道具人員あらゆるものを総動員して前に進む面白い遊びだなぁと最近実感する。
2016年07月19日 13:55撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上から見た死闘現場。ここは超面白かった。沢登りってサスケみたいだけど、アタマも使うパズルみたいで、持てる体力知力道具人員あらゆるものを総動員して前に進む面白い遊びだなぁと最近実感する。
3
そのあとはまったり休憩したりヘラヘラ遊んだりしながら二段堰堤まで遡行。
2016年07月19日 14:57撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのあとはまったり休憩したりヘラヘラ遊んだりしながら二段堰堤まで遡行。
1
堰堤のハシゴを降りる。こわー(;・∀・)
2016年07月19日 15:04撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤のハシゴを降りる。こわー(;・∀・)
林道終了点。
2016年07月19日 15:30撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終了点。
第四ダム(二段堰堤の少し上)建設中で、上部に遡行する人はこの部分は沢通しでは遡行できなさそうなので、ご注意を。工事は今年9月までと書いてあったが、入渓前に確認してください。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第四ダム(二段堰堤の少し上)建設中で、上部に遡行する人はこの部分は沢通しでは遡行できなさそうなので、ご注意を。工事は今年9月までと書いてあったが、入渓前に確認してください。
完全遡行できたので、トポ的なものを書いてみた。グーグルマップのほうが実際の地形をよく拾っていて、それで見るとこのトポはF1〜F4が実際より少し上(北)に描かれています。^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全遡行できたので、トポ的なものを書いてみた。グーグルマップのほうが実際の地形をよく拾っていて、それで見るとこのトポはF1〜F4が実際より少し上(北)に描かれています。^^;
3

感想/記録

黒桂河内と書いて、つづらごうち、と読む、そうです。
この沢の下部ゴルジュについては、ネットではあまり情報がなく、唯一あった詳しい遡行記録によれば、かなり悪そうだったので、どうなるかなーと思ってましたが、隊長の頑張りにより、無事に完全遡行が出来ました♡ しかしF3は上部が見た目より悪くて、核心部分はかなりヒヤヒヤ。^^; フォローで登っても喉がカラカラになりました。そのあとF4であっけなく終わったかに見えて、油断してた時にいきなりF5が現れてビックリポン! このF5がこれまた非常に攻略しがいのある滝で、登り終えてとても満足しました。泳ぎ系は、滝の取り付きまでに水の中で苦労する点が加わるので楽しさ倍増です♡ 帰りも林道でラクチンで、最近こんなのばっかりでもはや稜線まで詰め上げることが出来ない体になりつつありますが、だって、夏だもの。泳ぎ優先ですー\(^o^)/
訪問者数:298人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ