ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 920713 全員に公開 ハイキング富士・御坂

たかが富士山、されど富士山。八合目で敗退。リベンジ誓う。

日程 2016年07月18日(月) [日帰り]
メンバー okamo413(CL), その他メンバー5人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:小田急新松田駅から須走五合目行き9:30のバス
帰り:須走五合目から御殿場行きの19:40の最終バス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間45分
休憩
1時間0分
合計
7時間45分
S古御嶽神社11:3013:00須走口登山道 本六合目13:2017:00須走口・吉田口登山道 本八合目17:3018:30須走口下山道 砂払五合目18:4019:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険な所なし。
その他周辺情報東急菊名駅に23時頃着いたので、松乃家でとんかつ食べて解散。打ち上げは来週。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 タオル
備考 ストック

写真

留学生のアイマン君。
2016年07月18日 11:54撮影 by D5788, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
留学生のアイマン君。
1
僕。
2016年07月18日 11:55撮影 by D5788, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
僕。
2
須走本六合目瀬戸館のご主人。
2016年07月18日 12:55撮影 by D5788, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走本六合目瀬戸館のご主人。
1
オンタデ。
2016年07月18日 13:25撮影 by D5788, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オンタデ。
本八合目近くまで歩いた時の空。とっても青い。
2016年07月18日 16:26撮影 by D5788, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本八合目近くまで歩いた時の空。とっても青い。
1
本八合目。てっぺんに見える鳥居が山頂か?遠いなあ。
2016年07月18日 17:02撮影 by D5788, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本八合目。てっぺんに見える鳥居が山頂か?遠いなあ。
下山時の入道雲。
2016年07月18日 17:44撮影 by D5788, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時の入道雲。
砂走りを下って来ると、曇ってきた。
2016年07月18日 18:10撮影 by D5788, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂走りを下って来ると、曇ってきた。
砂払い五合目。
2016年07月18日 18:36撮影 by D5788, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂払い五合目。
須走口五合目。月が美しかった。
2016年07月18日 19:17撮影 by D5788, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走口五合目。月が美しかった。

感想/記録

新聞販売所の留学生達に思い出を作ってあげたくて、富士山を歩いてみました。朝刊を配達してから集合したので、新松田駅9:30発の須走口五合目行きのバスになりました。11:00に五合目に着きました。少し休んで11:30前から歩き始めました。僕は長く歩くのが好きなので、富士山は山頂まで歩けると思っていました。しかし、六合目の手前あたりから足が動かなくなりました。急坂でもないのに、しんどいのです。はあはあ息がきれます。どうしたのだろう。確かに荷物は少し重いが、それほどでもありません。自分に腹が立ってきます。本七合目太陽館に着いた時にはまだ歩ける、大丈夫だと言い聞かせなければならないくらいでした。ここで、これまで付き合ってくれたアイマン君と別れました。他の留学生の一番早い人は、本七合目の見晴館に着いていました。僕はゆっくり休んで、太陽館を後にして歩き始めましたが、すぐに山頂は無理だと分かりました。留学生たちと無事に会うことが出来る本八合目分岐までは歩こうと少しずつ歩いて行きました。僕の方が先分岐に着いて、彼らが下りて来るのを待っていました。彼らは全員(アイマン君も)、富士山山頂まで歩くことができました。山頂は青空が広がり、素晴らしかったと言っていました。いい思い出になったことでしょう。良かったです。ありがとうございました。富士山。
訪問者数:278人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/13
投稿数: 2053
2016/7/20 22:02
 高山病ですな
okamo413さん コンばんはpaper

体調良く無かったからでしょう
この場合は直ぐ下山の方が良いかな?
まー体調の良い時にリベンジですな〜

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

オンタデ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ