ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 920891 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

梅雨明け翌日の八ヶ岳・赤岳

日程 2016年07月19日(火) [日帰り]
メンバー yanokenn
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸・赤岳山荘まで車で。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間40分
休憩
1時間30分
合計
8時間10分
S美濃戸山荘08:1010:10行者小屋10:3011:30地蔵の頭11:40赤岳天望荘12:10赤岳頂上山荘12:20赤岳13:1013:30文三郎尾根分岐14:10行者小屋14:3016:10美濃戸山荘16:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
南沢は以前より整備され歩きやすい。
危険箇所は南沢〜行者小屋〜地蔵尾根〜赤岳山頂〜文三郎にかけて特になし。

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ

写真

美濃戸・赤岳山荘の駐車場に車を止め、出発。
駐車場代:1000円/日
今日は南沢経由。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸・赤岳山荘の駐車場に車を止め、出発。
駐車場代:1000円/日
今日は南沢経由。
木漏れ日の登山道
登り始めてしばらくは、そこそこの斜度。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日の登山道
登り始めてしばらくは、そこそこの斜度。
沢を渡る仮設の橋。
数年前はなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を渡る仮設の橋。
数年前はなかった。
初の標識
ここまで約1時間。ここから行者小屋まで40分の表示。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初の標識
ここまで約1時間。ここから行者小屋まで40分の表示。
斜度が緩んでからしばらく進むと、登山道がはっきりしないところあり。地図とGPSをみて、涸れ沢を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜度が緩んでからしばらく進むと、登山道がはっきりしないところあり。地図とGPSをみて、涸れ沢を進む。
おかしいなと感じたが、地図を信じてすすむと、約5分で登山道に合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おかしいなと感じたが、地図を信じてすすむと、約5分で登山道に合流。
緩やかな登り。
冬は気持ちの良かった登山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな登り。
冬は気持ちの良かった登山道。
赤岳が見えた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳が見えた!
1
行者小屋に到着。
出発時はうす曇りだったけど、晴天へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋に到着。
出発時はうす曇りだったけど、晴天へ。
行者小屋からの赤岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋からの赤岳。
1
初めての地蔵尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めての地蔵尾根。
樹林帯を進み、時々、上空がひらける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を進み、時々、上空がひらける。
こんな感じの登山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの登山道。
よく整備されてる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく整備されてる。
2発目の階段。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2発目の階段。
階段を登り終えたところ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を登り終えたところ
階段を登り終えたところ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を登り終えたところ
1
登りやすい斜度の岩場
鎖など補助があり危険度は少ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りやすい斜度の岩場
鎖など補助があり危険度は少ない。
途中のお地蔵様
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中のお地蔵様
地蔵尾根を登りきった。
お地蔵様に御参り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根を登りきった。
お地蔵様に御参り。
地蔵の頭から振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の頭から振り返る。
冬場はここがナイフリッジになるのかな?
右側(行者小屋側)は切れ落ちているが、左側(清里側)は5mほどの段差。
夏場の印象からは大したことはなさそうだけど。。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬場はここがナイフリッジになるのかな?
右側(行者小屋側)は切れ落ちているが、左側(清里側)は5mほどの段差。
夏場の印象からは大したことはなさそうだけど。。。。
1
赤岳展望荘に向けて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳展望荘に向けて。
赤岳展望荘。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳展望荘。
展望荘から赤岳に向けての最後の登り。
途中で振り返って。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望荘から赤岳に向けての最後の登り。
途中で振り返って。
最後の斜面を登りきって振り返ったところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の斜面を登りきって振り返ったところ。
山頂に到着!
すこし雲が湧き出したけど、大丈夫だった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着!
すこし雲が湧き出したけど、大丈夫だった!
5
頂上からの眺望。
阿弥陀方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上からの眺望。
阿弥陀方面。
1
下りは文三郎尾根
山頂からちょっと下ったところ。
岩場の中をクネクネと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは文三郎尾根
山頂からちょっと下ったところ。
岩場の中をクネクネと。
こんな感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じ。
分岐からの階段。
歩きにくい。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐からの階段。
歩きにくい。。。
阿弥陀への分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀への分岐。
文三郎路は乾いた上に、大小の石がざれていて、歩きにくい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎路は乾いた上に、大小の石がざれていて、歩きにくい。
行者小屋に到着。
水場で水をいただく。冷たくておいしい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋に到着。
水場で水をいただく。冷たくておいしい!
1
赤岳を振り返る。
まだいい天気!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳を振り返る。
まだいい天気!
1
緑の気持ちのいい南沢を下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑の気持ちのいい南沢を下る。
訪問者数:319人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

GPS 水場 ナイフリッジ 地蔵 梅雨
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ