ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 920923 全員に公開 沢登り近畿

マンガ谷 

日程 2016年07月18日(月) [日帰り]
メンバー heshu(SL), その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
日ノ原浄化センター横のゲートボール場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間24分
休憩
21分
合計
3時間45分
Sゲートボール場10:4510:48ソーメン滝10:5011:1130m大滝11:4830m大滝落ち口12:29連瀑帯中間部12:4813:1320m大滝13:3120m大滝落ち口13:35遡行終了地点13:57尾根線14:30ゲートボール場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
アプローチは良好

直登可能な滝の宝庫です
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
Tシャツ 1
長袖インナー 1
ウインドブレーカー 1 コロンビア
タイツ 1
ズボン 1
ネオプレンソックス 1
グローブ 1 ゴム付き軍手
日よけ帽子 1
着替え 1
サンダル 1 キーン
ザック 1 バリアント37
アタックザック 1 ファウデの25
行動食 1 クリフバーなど
非常食 1 アルファ米
飲料 1L スポーツ飲料
地図(地形図) 1 iPadに保存
遡行図 1 iPadに保存
コンパス 1
個人装備品
数量
備考
ヘッドランプ 1
ファーストエイドキット 1
保険証 1
携帯 1
タオル 1
エマージェーシーキット 1
カメラ 1
ハーネス 1
ヘルメット 1
確保機 1
ロックカラビナ 4 O-1、H-2、D-1
カラビナ 2
スリング 2 120cm
ロープスリング 1 45cm
セルフビレイランヤード 1
アッセンダー 1 ダック
渓流シューズ 1 サワートレッカー
すね当て 1

共同装備

共同装備品
数量
備考
ロープ 50m 10mmシングル
共同装備品
数量
備考
カム 5
備考 iPadに地図を保存して使うのは、コンパスに干渉するので良くない。

写真

入渓ポイントであるソーメン滝。
水量が多いからか、ソーメンというよりはきしめん。
ラインはどこでも行けそうだが、水量からして流れの緩い左側を登ることに。
2016年07月18日 10:48撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入渓ポイントであるソーメン滝。
水量が多いからか、ソーメンというよりはきしめん。
ラインはどこでも行けそうだが、水量からして流れの緩い左側を登ることに。
2
うなるような水の流れで、楽しそうな予感。
2016年07月18日 10:55撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うなるような水の流れで、楽しそうな予感。
1
しばらくすると、30mの大滝。かなりの迫力。
2016年07月18日 11:11撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくすると、30mの大滝。かなりの迫力。
2
右側は水に負けそうなので、左側を登ることに。
2016年07月18日 11:12撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側は水に負けそうなので、左側を登ることに。
1
下部は登りやすいですが、中間部、上部はそれなりに難しい。落ちたら命の危険があるので、慎重なクライミング。特に落ち口のスラブが悪い。
2016年07月18日 11:17撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下部は登りやすいですが、中間部、上部はそれなりに難しい。落ちたら命の危険があるので、慎重なクライミング。特に落ち口のスラブが悪い。
1
大滝を抜けると、次々に滝が現れる。
直登可能なものが多く、軽快に進む。
2016年07月18日 12:12撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝を抜けると、次々に滝が現れる。
直登可能なものが多く、軽快に進む。
1
谷が明るくなったところで、幻想的な風景が現れる。
2016年07月18日 12:51撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷が明るくなったところで、幻想的な風景が現れる。
最後に20mの大滝。
やはり水量が多く、轟音を響かせている。
2016年07月18日 13:13撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に20mの大滝。
やはり水量が多く、轟音を響かせている。
2
滝壺へのアプローチは困難と判断し、右岸へクライミング。
2016年07月18日 13:20撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝壺へのアプローチは困難と判断し、右岸へクライミング。
右岸は簡単なので、トラバース気味に高度を稼いでいく。
途中で滝に合流し、上に抜ける。
2016年07月18日 13:22撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸は簡単なので、トラバース気味に高度を稼いでいく。
途中で滝に合流し、上に抜ける。
1
20mの大滝を最後に谷を脱出。
2016年07月18日 13:35撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20mの大滝を最後に谷を脱出。
右岸の尾根線まで上がる。
2016年07月18日 13:57撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸の尾根線まで上がる。
最後は尾根線を目安に西へ進む。
それなりに傾斜があるので、あえて滑り降りていくと道路にたどり着く。
原発電所方向に降りるとフェンスが邪魔をするので、駐車場所よりに出る。
2016年07月18日 14:30撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は尾根線を目安に西へ進む。
それなりに傾斜があるので、あえて滑り降りていくと道路にたどり着く。
原発電所方向に降りるとフェンスが邪魔をするので、駐車場所よりに出る。
1

感想/記録
by heshu

2日続けての沢登りで、最近フリーばかりでなまった体には堪えるかな...と思っていましたが、本当に気持ちの良い沢で疲れを感じずにガンガン進んでいきました。

2つある大滝も、ルートが読みやすく巻かずに済みますし、連瀑帯も気持ち良く登れるところが多く、非常に楽しみの多い沢でした。
道路からすぐのアプローチにもかかわらず風景も良く、沢初心者としては非常にありがたかったです。

次は長めの沢にもチャレンジしたいと思います。
訪問者数:225人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アプローチ 右岸 直登
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ