ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 920970 全員に公開 ハイキング増毛・樺戸

花の暑寒別岳

日程 2016年07月18日(月) [日帰り]
メンバー yeti7007
天候曇り時々小雨
アクセス
利用交通機関
電車タクシー、 飛行機
新千歳空港まで飛行機
新千歳空港⇨札幌⇨深川⇨増毛
箸別登山口まで宿の車
南暑寒荘からタクシー
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間11分
休憩
50分
合計
11時間1分
S箸別避難小屋04:5507:00箸別コース四合目07:0507:45箸別コース六合目07:4708:31箸別コース八合目08:3408:58コース分岐09:0009:26暑寒別岳09:4612:07南暑寒岳12:1513:38湿原展望台13:4514:43湿原(入口)展望台14:4615:25白竜の滝15:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
箸別コースは歩きやすい 下山に利用すると足に堪えなくていいかもしれない 暑寒別岳ー南暑寒別岳間の草刈りはされていて厳しいヤブこぎはない 最低鞍部から南暑寒別岳まで220mの登りはきつい 特に危険箇所はないが、雨竜湿原を越えて滝まで濡れていてよく滑った
その他周辺情報JR留萌ー増毛間は今年限りで廃線になるので、カメラを抱えた観光客が多かった 宿泊したB旅館は若者から年寄りまで元気で楽しい人が多かった 主人が気配りのきく良い人で安い宿だが食事が美味しかった
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

来年はお目にかかれない切符
2016年07月17日 11:00撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来年はお目にかかれない切符
連休もあって増毛駅は人だかり
2016年07月17日 14:53撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連休もあって増毛駅は人だかり
今日の宿 B旅館
2016年07月17日 15:01撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の宿 B旅館
海鳥が逃げない
2016年07月17日 15:35撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海鳥が逃げない
B旅館のトイレに掛かっていた 素敵なことばです 相田みつおさん??
2016年07月18日 03:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
B旅館のトイレに掛かっていた 素敵なことばです 相田みつおさん??
箸別避難小屋 駐車場には車一台もなし 心細い
2016年07月18日 04:53撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箸別避難小屋 駐車場には車一台もなし 心細い
さー出発 雨が心配 熊が心配
2016年07月18日 04:55撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さー出発 雨が心配 熊が心配
どうもこのコース今日は一人だけか・・・
2016年07月18日 06:21撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうもこのコース今日は一人だけか・・・
このあたりで割と新しい熊らしき糞 写真撮り損ねた
2016年07月18日 07:21撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりで割と新しい熊らしき糞 写真撮り損ねた
ハクサンボウフウ?
2016年07月18日 07:24撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンボウフウ?
7合目付近 尾崎喜八流に言うと「世界の天井が抜けた」
2016年07月18日 08:03撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7合目付近 尾崎喜八流に言うと「世界の天井が抜けた」
マシケオトギリ
2016年07月18日 08:04撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マシケオトギリ
イワイチョウ
2016年07月18日 08:19撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワイチョウ
シラネアオイ?
2016年07月18日 08:23撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネアオイ?
チシマギキョウ
2016年07月18日 08:28撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チシマギキョウ
タカネナデシコ
2016年07月18日 08:38撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ
マシケレイジンソウ?
2016年07月18日 08:39撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マシケレイジンソウ?
イソツツジ?
2016年07月18日 08:40撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イソツツジ?
マシケレイジンソウ
2016年07月18日 08:40撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マシケレイジンソウ
ミヤマアズマギク
2016年07月18日 08:50撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマアズマギク
ミヤマオグルマ
2016年07月18日 08:53撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマオグルマ
エゾツツジ
2016年07月18日 08:54撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾツツジ
ハクサンチドリ
2016年07月18日 08:56撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ
ようやく出会えたマシケゲンゲ ここの固有種 でもあまり好みの花ではないが・・・ 旅に出たらご当地のものを食べるように、ご当地の花に出会えなかったら残念だったのでラッキー たくさん咲いている
2016年07月18日 09:01撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく出会えたマシケゲンゲ ここの固有種 でもあまり好みの花ではないが・・・ 旅に出たらご当地のものを食べるように、ご当地の花に出会えなかったら残念だったのでラッキー たくさん咲いている
暑寒別コースとの分岐点 標識がない
2016年07月18日 09:09撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑寒別コースとの分岐点 標識がない
ようやく頂上 今回初めて3人組のグループに出会った 暑寒別コースから登ってきたそうだ
2016年07月18日 09:22撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく頂上 今回初めて3人組のグループに出会った 暑寒別コースから登ってきたそうだ
4
視界が効かない 前方の山は南暑寒別岳?
2016年07月18日 09:39撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が効かない 前方の山は南暑寒別岳?
1
ウコンウツギ?
2016年07月18日 09:44撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウコンウツギ?
崩壊地
2016年07月18日 10:07撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地
マシケレイジンソウ
2016年07月18日 10:33撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マシケレイジンソウ
ミヤマオグルマ
2016年07月18日 10:33撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマオグルマ
熊の糞? 少し古い
2016年07月18日 11:02撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊の糞? 少し古い
オオバタチツボスミレ
2016年07月18日 11:08撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオバタチツボスミレ
220mの急登を登ってやっと南暑寒別岳 人の気配なし 展望効かず、雨竜湿原も見えない
2016年07月18日 12:08撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
220mの急登を登ってやっと南暑寒別岳 人の気配なし 展望効かず、雨竜湿原も見えない
4
途中ガイドに連れられた10人ほどのグループに出くわした こんな遅い時間に・・・とガイドらしき人に聞いたら南暑寒別岳まで行くそうな 下山は18時前になるのではと心配した
2016年07月18日 13:40撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中ガイドに連れられた10人ほどのグループに出くわした こんな遅い時間に・・・とガイドらしき人に聞いたら南暑寒別岳まで行くそうな 下山は18時前になるのではと心配した
下山者は左を行く
2016年07月18日 13:59撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山者は左を行く
人が一人いただけで静か 広大な湿原を一人じめ
2016年07月18日 14:25撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人が一人いただけで静か 広大な湿原を一人じめ
2
湿原一帯が霧
2016年07月18日 14:34撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原一帯が霧
白竜の滝
2016年07月18日 15:29撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白竜の滝
やっと着いた南暑寒荘
2016年07月18日 15:56撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと着いた南暑寒荘

感想/記録

「オンボロロ オンボロボロロー ・・・」 ぶっきらぼうに投げ捨てるビートの効いた北原ミレイの声が耳に残ります。あの石狩挽歌です。作詞家のNの実話です。満州から引き上げて小樽に住み、その兄が小樽の自宅を担保に借金して、増毛の網元から3日間の網を買って、3日目に鰊が大漁。それで十分儲けがあったのに、さらに船で内地に運び高く売って大儲けしようとして時化に遭遇、全てを海に棄てる羽目になる。結局、一家離散した。生活を暗転させた兄と鰊を憶いこの歌が出来たとされています。
その増毛に今年廃線になる留萌線で訪れることができたのは奇遇でした。
増毛のB旅館に宿をとり(安くて、親切で、楽しくていい旅館でした)、箸別避難小屋まで送っていただいて、登山が始まりました。
この山の目的は景色もそうですが、仝罵種のマシケゲンゲを見ること、広大な雨竜湿原を見てみたいこと、もう1、2年で古希に届かんとする年で20Km強のロングコースに耐えられるかということでした。
天候はほとんど霧、小雨で視界は効かず。出発時には人の気配もなく熊の心配で熊鈴2つ、笛を持って行きましたが、山に入ると不思議なもので、あまり気にならなくなっていきます。すごく登りやすい足に優しいコースでした。7合目には空が抜けて、霧の中でも解放感が出てきました。8合目あたりの花の見事なこと。9合目ではお目当てのマシケゲンゲに出会えました。山頂では群別岳どころか南暑寒別岳もはっきりせずでした。しかし、暑寒別岳ー南暑寒別岳の鞍部のヤブ刈りもできており、深いヤブに悩まされることもありませんでした。前日は多かったと聞いていたのですが、当日は南暑寒岳も人の気配なく、途中縦走者にも会いませんでした。
しかし、涼しくて気持ち良く縦走できました。雨竜湿原の広大さ、木道を除き人工物のない景色は最高でした。晴れていたらどんなに素晴らしいでしょう。

訪問者数:377人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ