ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 921006 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

燧ヶ岳、尾瀬

日程 2016年05月14日(土) 〜 2016年05月16日(月)
メンバー fnt-chi
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
戸倉駐車場を利用
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間20分
休憩
0分
合計
3時間20分
S大清水12:3014:30尾瀬沼15:50尾瀬沼キャンプ場
2日目
山行
8時間40分
休憩
50分
合計
9時間30分
尾瀬沼キャンプ場05:3009:10燧ヶ岳10:0015:00見晴キャンプ場
3日目
山行
7時間30分
休憩
30分
合計
8時間0分
見晴キャンプ場05:0006:30三条の滝07:0013:00鳩待峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
時間は特に記録していなかったので、大雑把なところも、予想して書いたところもあります。参考にしないで下さい。
コース状況/
危険箇所等
アイゼンとストックを持って行ったが、柴安堯酌瑤隆屬任里濟藩
その他周辺情報登山後、1時間弱を車で走り、名湯日光湯元へ
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 12本爪アイゼン

写真

戸倉駐車場でバスで移動の予定が間に合わず、次が1時間半後だったので大清水までタクシーで移動。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸倉駐車場でバスで移動の予定が間に合わず、次が1時間半後だったので大清水までタクシーで移動。
尾瀬沼に着くと正面に燧ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬沼に着くと正面に燧ヶ岳。
これを見たいがために、尾瀬に来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これを見たいがために、尾瀬に来ました。
水芭蕉の群生。群生しているところは、いい香りが漂っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水芭蕉の群生。群生しているところは、いい香りが漂っていました。
フキノトウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フキノトウ。
山桜も一本だけ残ってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山桜も一本だけ残ってました。
リュウキンカもたくさん見られました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リュウキンカもたくさん見られました。
大江湿原。清々しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大江湿原。清々しいです。
夕日に染まる燧ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕日に染まる燧ヶ岳。
山頂付近から尾瀬沼を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近から尾瀬沼を望む。
燧ヶ岳の山頂が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳の山頂が見えてきました。
燧ヶ岳山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳山頂。
俎瑤ら柴安瑤鯔召燹
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
俎瑤ら柴安瑤鯔召燹
最大斜度は45度以上あると思います。軽アイゼンでは怖い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最大斜度は45度以上あると思います。軽アイゼンでは怖い。
三条の滝。たくさんの滝を見てきましたが、水量が多く、落差も高く、三本の指に入る名瀑。風はなかったが、滝で気流が乱れているせいか、手前の葉が揺れてしまい、惜しい写真になりました。観瀑台は封鎖されていました。確か夏には開通だったかと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条の滝。たくさんの滝を見てきましたが、水量が多く、落差も高く、三本の指に入る名瀑。風はなかったが、滝で気流が乱れているせいか、手前の葉が揺れてしまい、惜しい写真になりました。観瀑台は封鎖されていました。確か夏には開通だったかと思います。
池塘に朝日が反射してきれいでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池塘に朝日が反射してきれいでした。
分かりにくいですが、70センチほどヘビ。気づいた時にはすぐに逃げてしまい、止まらないので撮るのが難しかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分かりにくいですが、70センチほどヘビ。気づいた時にはすぐに逃げてしまい、止まらないので撮るのが難しかった。
見晴キャンプ場に物資輸送のヘリ。物資は歩荷も上げていると思ったけど、ヘリも着ているみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴キャンプ場に物資輸送のヘリ。物資は歩荷も上げていると思ったけど、ヘリも着ているみたいです。
尾瀬ヶ原から至仏山を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原から至仏山を望む。
ギンブナでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンブナでしょうか。

感想/記録

水芭蕉の群生を見たことがなく、
水芭蕉の群生を見るためにこの時期に行きました。
至仏山にも登りたかったが、この時期は登れず残念でした。
尾瀬沼や湿原は勾配がないのため体力的には余裕があった。

一日目
夏用の薄いシュラフを持って行ったが、
とても寒くて、レインウェアまで着込んで寝ました。

二日目
燧ヶ岳でピストンしたくなかったが、
見晴新道もナデッ窪も通行止めになっていたため、
長英新道をピストンした。
長英新道は残雪も多く、靴は泥だらけになりました。
アイゼンは持って行ったが不要でした。

俎瑤ら柴安瑤泙任論磴竜涕配で、
柴安瑤泙嚢圓ない人も多かった。

念の為に持って行った12本爪アイゼンと
トレッキングポールを使ったのはここだけ。
6本爪の軽アイゼンでは私は怖いと思いました。
実際、軽アイゼンで私の前に登っていた人は、
悲鳴とともに10メートルぐらい滑落してました。

見晴キャンプ場には午後一ぐらいで着きました。
日曜のためキャンプ場は空いていてテントは3張りぐらいでした。
晴れていたのでテントのグラウンドシートで昼寝していたら、
人生で初めてブヨに刺されました。
それでも虫は少なく、ハエやメマトイに悩まされることはなかった。

三日目
早朝から三条の滝を目指しました。
道中も滝に着いても誰一人いませんでした。
観瀑台は封鎖されていました。
確か雪対策で柵が外されているとかの理由でした。

私は滝が好きで色々と行きましたが、
水量が多く、落差もあり、大迫力です。
このような名瀑にはなかなか出会えません。
この山行で一番感動しました。

キャンプ場にデポっていたので、
荷物を回収して鳩待峠へ。
尾瀬ヶ原は月曜日でしたので、空いていてのんびりと歩きました。
山の鼻に近づくと徐々に人も増えてきました。

感想
水芭蕉の群生が一番の目的で、
見事な群生を見ることができました。
他にもミヤマキンバイ、ヤマザクラなどの植物を見れました。
ギンブナの群れや40センチを超えるイワナ。
オタマジャクシやイモリ、大きなヘビも見られた。
たくさんの動植物を見ることができて満足の山行でした。
訪問者数:23人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ