ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 921072 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

中央アルプス 烏帽子岳

日程 2016年07月18日(月) [日帰り]
メンバー nashimaru(CL), その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央自動車道松川ICを降りて小八郎林道に入り鳩打峠まで約20分です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間50分
休憩
1時間10分
合計
8時間0分
S鳩打峠06:0007:00小八郎岳07:1008:10セキナギ08:10飯島ルート・小八郎ルート分岐09:00シロクモナギの頭10:00烏帽子岳11:0012:00シロクモナギの頭12:10飯島ルート・小八郎ルート分岐12:40セキナギ12:40小八郎岳14:00鳩打峠14:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
所々、笹がボーボーになってますけど、踏み跡はしっかり付いてるので迷うことはありません。
その他周辺情報松川温泉「清流苑」は天然温泉ですが400円とリーズナブル。
食堂も休憩室も完備されてるコチラの温泉はお勧めですよ。
下山後はぜひ立ち寄って山旅の疲れをいやしてください。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

岐阜の自宅から中央自動車道松川ICまで2時間弱、意外と早く着きました。
ここから登山口のある鳩打峠までは約20分!
2016年07月18日 05:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岐阜の自宅から中央自動車道松川ICまで2時間弱、意外と早く着きました。
ここから登山口のある鳩打峠までは約20分!
小八郎林道の入り口まで来てみると、何とこの日の翌日(7月19日)から舗装工事のために林道が通行止めになるとの予告看板が設置されてました。
ラッキー、この日に訪れて良かったわ!
2016年07月18日 05:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小八郎林道の入り口まで来てみると、何とこの日の翌日(7月19日)から舗装工事のために林道が通行止めになるとの予告看板が設置されてました。
ラッキー、この日に訪れて良かったわ!
はい、こちらが林道終点の鳩打峠駐車場です。
午前6時少し前で泊まっていた車は我々の車を含めてたったの2台。
この時は、復路にすれ違うこととなる50名もの団体さんが訪れる山だなんてカケラも思ってなかったですわ。
2016年07月18日 05:36撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい、こちらが林道終点の鳩打峠駐車場です。
午前6時少し前で泊まっていた車は我々の車を含めてたったの2台。
この時は、復路にすれ違うこととなる50名もの団体さんが訪れる山だなんてカケラも思ってなかったですわ。
さあ、とりあえず最初のピークとなる小八郎岳に向けて出発します。
小八郎岳は事前情報では南アルプスの展望台なんだとか!
絶景を拝めることを期待して歩き始めました。
2016年07月18日 05:41撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、とりあえず最初のピークとなる小八郎岳に向けて出発します。
小八郎岳は事前情報では南アルプスの展望台なんだとか!
絶景を拝めることを期待して歩き始めました。
岐阜や北陸ではポピュラーなササユリですが、長野県では絶滅危惧種に指定されてるんだね(^_^;)
絶滅危惧種の指定にかかわらず自然は大切にしたいよね!
2016年07月18日 05:52撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岐阜や北陸ではポピュラーなササユリですが、長野県では絶滅危惧種に指定されてるんだね(^_^;)
絶滅危惧種の指定にかかわらず自然は大切にしたいよね!
登山道沿いにささやかに咲いてたシモツケソウ
2016年07月18日 06:09撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道沿いにささやかに咲いてたシモツケソウ
1
こちらもささやかに咲いてたホタルブクロ
2016年07月18日 06:10撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらもささやかに咲いてたホタルブクロ
1
おお〜っ、あった、ありました!
絶滅危惧種に指定されてるササユリのお花が一輪だけ残っててくれました(笑)
我々が訪れるまで待っててくれてありがとね〜!
2016年07月18日 06:29撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお〜っ、あった、ありました!
絶滅危惧種に指定されてるササユリのお花が一輪だけ残っててくれました(笑)
我々が訪れるまで待っててくれてありがとね〜!
2
そうこうしている内に、小八郎岳はもうすぐみたい!
2016年07月18日 06:14撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうこうしている内に、小八郎岳はもうすぐみたい!
小八郎岳山頂の東屋が見えたよ。
さ〜て、南アルプスの展望や如何に!
2016年07月18日 06:36撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小八郎岳山頂の東屋が見えたよ。
さ〜て、南アルプスの展望や如何に!
おっ、烏帽子岳がひと際尖ってますやん。
2016年07月18日 06:39撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ、烏帽子岳がひと際尖ってますやん。
さて、東方に目をやれば、南アルプスの主だったピークが勢ぞろいしてましたわ!
左から仙丈ケ岳、北岳、間ノ岳、農鳥岳、塩見岳、荒川三山、赤石岳、聖岳ですかね?
2016年07月18日 06:48撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、東方に目をやれば、南アルプスの主だったピークが勢ぞろいしてましたわ!
左から仙丈ケ岳、北岳、間ノ岳、農鳥岳、塩見岳、荒川三山、赤石岳、聖岳ですかね?
烏帽子岳までの間、合目表示が取り付けられてました。
この時点で烏帽子岳までの半分の行程でしたが、踵に違和感を感じ始めたのでした。
2016年07月18日 07:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳までの間、合目表示が取り付けられてました。
この時点で烏帽子岳までの半分の行程でしたが、踵に違和感を感じ始めたのでした。
コキンレイカを愛でつつも踵の違和感は痛みへと激変していくのでした!
ヤバいなぁ、実はこの日の最終目的地は念丈岳と考えてたんだけど、踵の擦れによって念丈岳は断念することにして、烏帽子岳をこの日の最終目的地とすることにしました。
2016年07月18日 07:56撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コキンレイカを愛でつつも踵の違和感は痛みへと激変していくのでした!
ヤバいなぁ、実はこの日の最終目的地は念丈岳と考えてたんだけど、踵の擦れによって念丈岳は断念することにして、烏帽子岳をこの日の最終目的地とすることにしました。
暫く行くと樹間から見える烏帽子岳の尖りピークがかなり近くなってました。
2016年07月18日 08:00撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く行くと樹間から見える烏帽子岳の尖りピークがかなり近くなってました。
ここは7合目に当たる飯島ルートとの分岐点です。
2016年07月18日 08:27撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは7合目に当たる飯島ルートとの分岐点です。
7合目を過ぎて程なくセキナギと呼ばれる大崩落地点を通過します。崩落地のヘリに建って下部を覗き込んでみたらめちゃビビったわ(^_^;)
2016年07月18日 08:57撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7合目を過ぎて程なくセキナギと呼ばれる大崩落地点を通過します。崩落地のヘリに建って下部を覗き込んでみたらめちゃビビったわ(^_^;)
9合目まで来ました。
烏帽子岳を最終目的地にしたことで気持ちが楽になり、それなら山頂直下にある烏帽子岩直登ルートに進もうという事になり!
2016年07月18日 09:36撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合目まで来ました。
烏帽子岳を最終目的地にしたことで気持ちが楽になり、それなら山頂直下にある烏帽子岩直登ルートに進もうという事になり!
もうじき烏帽子岩ね!
2016年07月18日 09:49撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうじき烏帽子岩ね!
はい、こちらが烏帽子岩の取り付き点です。
ほぼ垂壁に見えますね!
2016年07月18日 09:59撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい、こちらが烏帽子岩の取り付き点です。
ほぼ垂壁に見えますね!
1
でも、安心してください。
手掛かり足掛かりがふんだんにあるので登るのには全くノープロブレム!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、安心してください。
手掛かり足掛かりがふんだんにあるので登るのには全くノープロブレム!
1
副隊長も余裕の笑顔で登ってます。
2016年07月18日 10:06撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
副隊長も余裕の笑顔で登ってます。
1
一見すると難攻不落の岩砦に見える烏帽子岩でしたがサクッと頂点に立つことが出来ました〜(笑)
2016年07月18日 10:12撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一見すると難攻不落の岩砦に見える烏帽子岩でしたがサクッと頂点に立つことが出来ました〜(笑)
2
さて、お次は烏帽子岳の山頂に移動しましょうか!
おっと、後続の人が烏帽子岩のピークに到着しましたね。
2016年07月18日 10:14撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、お次は烏帽子岳の山頂に移動しましょうか!
おっと、後続の人が烏帽子岩のピークに到着しましたね。
鳩打峠から約4時間かけて烏帽子岳の山頂に到着です。
南駒ケ岳が出迎えてくれましたね。
2016年07月18日 10:31撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩打峠から約4時間かけて烏帽子岳の山頂に到着です。
南駒ケ岳が出迎えてくれましたね。
1
踵が不調でなければ向かっていたであろう念丈岳に至る稜線と、その途中にある池ノ平山を望みます。
あぁ、遥かなる念丈岳!
2016年07月18日 10:35撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踵が不調でなければ向かっていたであろう念丈岳に至る稜線と、その途中にある池ノ平山を望みます。
あぁ、遥かなる念丈岳!
今年は南アルプスの主稜線を歩いてみたいな〜(笑)
2016年07月18日 10:36撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年は南アルプスの主稜線を歩いてみたいな〜(笑)
烏帽子岳の山頂でようやく踵の擦れの原因が分かりました。
入れてあったはずのインソールが外したままになってたとは、、、、、、、、、、なんちゅうドジな私(^_^;)
2016年07月18日 10:25撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳の山頂でようやく踵の擦れの原因が分かりました。
入れてあったはずのインソールが外したままになってたとは、、、、、、、、、、なんちゅうドジな私(^_^;)
1

感想/記録

いや〜っ、踵の擦れによる不調を差し引いても、けっこうタフな山だったと思います。
今の我々に念丈岳は遠すぎますわ。 あぁ遥かなる念丈岳よ!
今回初めて訪れた烏帽子岳、展望は良いし行程も長過ぎず短過ぎず、山頂直下には冒険心をくすぐる烏帽子岩もあり、とっても魅力的な山でした。
予想外だったのは登山者の多さ(^_^;)
静かな山旅が楽しめる山と聞いていたのとは正反対で、多くの登山者とすれ違いましたし、圧巻は地元の町内会の団体さん約50名が登ってきたことでしょうか!
もはや、中央アルプスの山並みで静かな山旅を楽しめるエリアは無いのか?
いえいえ、烏帽子岳の先に向かった人は殆どいなかったことと思います。
次の機会には今回断念した念丈岳まで足を伸ばしてみたいと思いました。
訪問者数:386人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/7/2
投稿数: 225
2016/7/20 23:00
 同じ花ですね
はじめまして
ご一緒でしたのですね
私はスタート遅かったので天候もいまいちで烏帽子岳までにしました。
花の写真はたぶん同じ花ですねよね
登録日: 2014/12/31
投稿数: 28
2016/7/21 8:12
 Re: 同じ花ですね
はじめまして、utty さん。
コメントありがとうこざいます🙇
同じ日に烏帽子岳に登られた同志ですもんね😉
山頂付近ですれ違ってご挨拶も交わしたことと思います👍
ガスが無ければかなりの好展望だったのに生憎でしたね😓
utty さんは健脚なお方とご推察しますので次の機会には我々がかなわなかった念丈岳まで是非とも足をお運びください🙆
また、何処かの素敵な山でバッタリできると良いですね〜😍

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ