ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 921147 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

立山・剱岳

日程 2016年07月19日(火) 〜 2016年07月20日(水)
メンバー runninvestor
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
往路:〜富山(阪急高速バス)富山市内前泊、電鉄富山〜立山(電車)、立山〜美女平(ケーブルカー)、美女平〜室堂(高原バス)
復路:富山までは往路と同様。富山〜(JR)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間24分
休憩
44分
合計
6時間8分
S室堂08:1408:20みくりが池08:2409:10一の越山荘09:1510:17雄山10:2710:50大汝休憩所11:0511:26富士ノ折立12:01真砂岳12:0912:55別山南峰12:5713:08別山北峰13:17別山南峰13:47剱御前小舎14:22剱沢キャンプ場
2日目
山行
9時間22分
休憩
48分
合計
10時間10分
剱沢キャンプ場05:1505:20剱澤小屋05:43剣山荘05:4506:05一服剱06:50前剱07:08前劔の門07:1007:34平蔵の頭07:3608:01カニの縦バイ08:0808:17カニのハサミ08:2108:36剱岳08:4109:32平蔵の頭09:47前劔の門09:58前剱10:0210:48一服剱10:5311:14剣山荘11:2311:55剱澤小屋12:06剱沢キャンプ場12:0813:25剱御前小舎13:2914:33浄土橋14:3514:55雷鳥荘15:20みくりが池15:25室堂G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鎖多数。一服剱〜前剱の急斜面は浮石が多いので注意。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ テント テントマット シェラフ ヘルメット

写真

高速バスで富山入り前泊
2016年07月18日 15:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高速バスで富山入り前泊
富山電鉄 始発で室堂へ!
2016年07月19日 05:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富山電鉄 始発で室堂へ!
1
立山からケーブルカー
前に乗ったのは高校の修学旅行か?
2016年07月19日 07:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山からケーブルカー
前に乗ったのは高校の修学旅行か?
1
室堂着
2016年07月19日 08:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂着
1
みくりが池
2016年07月19日 08:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みくりが池
2
一の越への整備された道を進む
2016年07月19日 08:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の越への整備された道を進む
2
一部雪渓有り
2016年07月19日 09:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一部雪渓有り
雄山到着
2016年07月19日 10:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山到着
2
ここで安全登山のご祈祷をしてもらいました。
2016年07月19日 10:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで安全登山のご祈祷をしてもらいました。
大汝山着
2016年07月19日 10:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝山着
大汝定食900円也
2016年07月19日 11:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝定食900円也
2
ミヤマキンバイ
2016年07月19日 11:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ
4
富士の折立
2016年07月19日 11:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士の折立
3
チシマギキョウかな
2016年07月19日 11:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チシマギキョウかな
真砂岳
2016年07月19日 12:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真砂岳
2
別山着
2016年07月19日 13:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山着
1
別山北峰から剱岳
2016年07月19日 13:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山北峰から剱岳
3
剱御前小屋通過
2016年07月19日 13:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱御前小屋通過
剱沢キャンプ場着
2016年07月19日 14:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱沢キャンプ場着
1
剱沢小屋ビール購入
2016年07月19日 15:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱沢小屋ビール購入
1
チングルマ
2016年07月19日 15:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ
1
晩御飯はカルボナーラ
2016年07月19日 17:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晩御飯はカルボナーラ
2
朝、剱沢小屋からの雪渓
2016年07月20日 05:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝、剱沢小屋からの雪渓
クルマユリ
2016年07月20日 05:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルマユリ
2
剣山荘通過
2016年07月20日 05:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣山荘通過
前剱の門を通過する先行者
手前の橋の通過が怖い
2016年07月20日 07:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前剱の門を通過する先行者
手前の橋の通過が怖い
2
カニのタテバイ
2016年07月20日 08:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニのタテバイ
1
剱岳登頂
2016年07月20日 08:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳登頂
6
立山を望む
2016年07月20日 08:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山を望む
6
富士山も見える
2016年07月20日 08:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も見える
2
かに
2016年07月20日 09:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かに
1
カニのヨコバイ
2016年07月20日 09:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニのヨコバイ
感覚がマヒしているのかあまり怖くない
2016年07月20日 09:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
感覚がマヒしているのかあまり怖くない
2
ステップが赤くマーキングしてありました。
2016年07月20日 09:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ステップが赤くマーキングしてありました。
ヨコバイ後のハシゴ
2016年07月20日 09:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨコバイ後のハシゴ
タテバイを登る方々
2016年07月20日 09:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タテバイを登る方々
1
ミヤマシオガマ?
2016年07月20日 10:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマシオガマ?
1
剣山荘通過
2016年07月20日 11:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣山荘通過
雷鳥沢キャンプ場
2016年07月20日 14:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢キャンプ場
1
室堂着
2016年07月20日 15:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂着

感想/記録

今年の休暇は、ソロテント泊で立山と剱岳へ。阪急バスで富山まで行って駅前のアパホテルで前泊4800円。晩御飯は回転寿司と富山ブラック。寿司はまあまあ、富山ブラックは、塩辛かった。翌朝、5時28分の始発電車に乗り、ケーブルカーとバスを乗り継ぎ、一気に標高2400mの室堂に8時過ぎに到着。天気は快晴!。室堂は完全に観光地で普段着の人も多い。中国人や、英語を話すアジア人もちらほら。道もコンクリで綺麗に整備されてる。一の越までの登山道もほぼコンクリで固められていて、景色は北アルプスだけどテーマパークっぽい。一の越から雄山への道は急にガチのガレた登山道になる。雄山は雄山信仰の本宮があり、頂上のお宮で神主さんか500円でご祈祷をしてもらえるので安全祈願をしてもらった。その後、大汝山、真砂岳、別山への縦走。大汝山では、来る前から決めていた大汝定食900円を注文。小屋のレゲエ風のお兄さんがあまり慣れてないのか、「何はともあれ、できました」と作ってくれた定食は、見た目はイマイチだったが味はまあまあだった。別山までの尾根歩きは気持ち良く、明日登る剱岳を見ながら剱沢キャンプ場には午後2時過ぎに到着。平日なんでテントはポツポツ。幕営後、剱沢小屋に足を延ばして剱を見ながらビールで明るいうちから晩酌。テントに戻って、パスタを茹でて晩飯。しかしその後、頭痛と軽く吐き気と高山病の典型症状。標高が高いので夜は相当冷え込むと思って、ダウンと使い捨てカイロを持参していたので、着込んであたたかくしていたら少し楽になった。翌朝も治まらなかったら、剱はあきらめて下山しようと思いながら就寝した。夜中、ふと目が覚めて、外がやけに明るいとおもったら満月でヘッドライトが要らないぐらいの明るさ。頭痛も吐き気も治っていたので安心して爆睡した。翌朝も快晴。カップヌードルのリフィルをコッヘルで茹でて朝食。ゴミも最小限で結構イケル。出発は5時過ぎ。キャンプ場では出かける人はいなかったが、剣山荘通過後にチラホラと見えてきたので安心する。いくつか鎖場を経て、一番怖いと思っていた前剱の門の橋も無事通過した。その後の道中、50代男性と20代女性の親子と思われる2人組と一緒になった。道を譲ってもらうのだが、自分が何度がルートミスして戻ると抜かれていて、、の繰り返し。極めつけは平蔵のコルで下りコースに入ってしまい。カニのヨコバイの手前でやっと気が付いて、下ってきた人に、下ってくるひとが多いから戻ったほうがいいですよと助言を頂く。。戻ったら、また2人組に「アレ?」と驚かれる。実は下りコースに入ってまして。。と笑いを誘う。ついでに親子登山ですか?と聞くと、年の差はありますけど夫婦なんです。と、奥様ご満悦であった。旦那はいい気はしなかったかも。カニのタテバイは、距離が長くて腕が疲れたが落ち着いて行けば恐怖感はあまりなかった。渋滞も無し。剱岳登頂後、30分ぐらい軽食を摂り、下山開始。難関と言われるカニのヨコバイもYouTubeで研究してきたので、余裕をもって臨めたし、死角にあるステップに赤印がつけてあったので難なく通過。その後の下りは、ガレた急斜面に飽き飽きしたが、無事に剣山荘まで下山。用を足した後、剱沢小屋で昼食。ビールを飲むを我慢してキャンプ場まで戻り、テントを急いで撤収。この時12時半。今日中に家に帰らないと、明日の娘の中学最後のバスケ試合観戦に間に合わない。室堂の富山接続最終バスまであと4時間もなく地図のコースタイムは4時間でぎりぎりか。。ペースを上げたいが日差しが強く熱中症気味でペースが上がらない。が、何とか、剱御前小屋までの登り返しを通過、雷鳥沢までの下りもガレていて日影が無い。バテバテでなりつつ雷鳥沢に到着。ここで高校生の団体がすれ違いで全員「コンニチハ」と言ってくれるので、息絶え絶えになりながら返答しつつ、無事、室堂に午後3時半、予定より早く到着。2日目は連続10時間行動で、途中、ウルトラマラソンの感覚を思い出した。
訪問者数:320人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ