ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 921163 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

ヤビツ峠〜塔ノ岳〜鍋割山〜寄

日程 2016年07月16日(土) [日帰り]
メンバー oisu(記録)
天候曇り、小雨
アクセス
利用交通機関
電車バス

コース状況/
危険箇所等
雨上がりのため木の足場が滑りやすく気を遣いました。
途中の鎖場も、クサリがや足場が濡れていて滑りやすく、慎重に降りる必要がありました。

塔ノ岳まで変化に富んだコースや開けた景色など、飽きさせないところがあって、人気の理由がわかりました。天気の良い日にまた登ってみたいです。
その他周辺情報塔ノ岳の山小屋でコーヒーをいただきました。
猫が膝の上に乗ってきて癒やされました。
鍋割山でもしっかり鍋焼きうどんを食べて帰りました。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

バスで秦野駅からヤビツ峠へ。始発でしたが満員で臨時便が出されてました。結構長い時間乗ることになるので、早めに秦野駅入りしてバス停に並んで席を確保したほうがよいかもしれません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスで秦野駅からヤビツ峠へ。始発でしたが満員で臨時便が出されてました。結構長い時間乗ることになるので、早めに秦野駅入りしてバス停に並んで席を確保したほうがよいかもしれません。
ここから延々と急な上り坂で、体力的に一番つらいポイントです。足元がゴツゴツした岩だったり丸太だったりと変化に富んでいて、どこに足を置くか常に考えながら歩かないといけないのでかなり疲れますが、反面楽しさもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから延々と急な上り坂で、体力的に一番つらいポイントです。足元がゴツゴツした岩だったり丸太だったりと変化に富んでいて、どこに足を置くか常に考えながら歩かないといけないのでかなり疲れますが、反面楽しさもあります。
当日は曇りの予報だったのですが、登山開始から小雨が降り、山の景色も軒並みご覧の通りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当日は曇りの予報だったのですが、登山開始から小雨が降り、山の景色も軒並みご覧の通りです。
これは三ノ塔だったかな?わりと広々しているので、晴れていれば気持ちよくてさぞ景色も綺麗なことでしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは三ノ塔だったかな?わりと広々しているので、晴れていれば気持ちよくてさぞ景色も綺麗なことでしょう。
初めてのクサリ場(厳密には違いそうです)に興奮しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めてのクサリ場(厳密には違いそうです)に興奮しました。
三ノ塔〜鳥尾山荘の間で割と荒れた地点がありましたが、基本的にただまっすぐ進むだけでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ塔〜鳥尾山荘の間で割と荒れた地点がありましたが、基本的にただまっすぐ進むだけでした。
趣のある足場です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
趣のある足場です。
塔ノ岳です!途中の行者ヶ岳のクサリ場は、クサリや足場が雨に濡れて滑りやすくちょっとドキドキしましたが、クサリ(とロープも同時に垂れ下がってました)に頼り過ぎることなく、三点確保で慎重に降りていけば学校のジャングルジムみたいなもんですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳です!途中の行者ヶ岳のクサリ場は、クサリや足場が雨に濡れて滑りやすくちょっとドキドキしましたが、クサリ(とロープも同時に垂れ下がってました)に頼り過ぎることなく、三点確保で慎重に降りていけば学校のジャングルジムみたいなもんですね。
塔ノ岳の山小屋でコーヒーを頂いていたら、人懐っこい猫ちゃんが近づいてきました。膝の上に乗ってきたので、思わぬところで暖が取れて、癒やされました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳の山小屋でコーヒーを頂いていたら、人懐っこい猫ちゃんが近づいてきました。膝の上に乗ってきたので、思わぬところで暖が取れて、癒やされました。
8
かっこいい後ろ姿です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かっこいい後ろ姿です。
6
山小屋で休ませてもらって元気が出てきたので、そのまま鍋割山へ向かいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山小屋で休ませてもらって元気が出てきたので、そのまま鍋割山へ向かいました。
この丸太、雨だから余計にかもしれませんが、カカトだけで上に乗ると滑って踏み外してしまうので注意です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この丸太、雨だから余計にかもしれませんが、カカトだけで上に乗ると滑って踏み外してしまうので注意です。
お鹿りのお言葉を鹿と受け止めて先に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お鹿りのお言葉を鹿と受け止めて先に進みます。
二俣分岐と言われる地点に来ました。塔ノ岳から鍋割山までの区間は歩きやすく、特筆すべき点はありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣分岐と言われる地点に来ました。塔ノ岳から鍋割山までの区間は歩きやすく、特筆すべき点はありませんでした。
鍋割山についたので鍋焼きうどんを頂いています。意外と、といったら失礼ですが、クオリティが高くて、満足感高かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山についたので鍋焼きうどんを頂いています。意外と、といったら失礼ですが、クオリティが高くて、満足感高かったです。
3
目的を全て果たしたので、鍋割山からは栗ノ木洞と櫟山を通って寄に下ります。かなり足場が悪いところをひたすらうねうねと下るのですが、夏だからか、かなり草が生い茂っていて、草をかき分けて進まないと行けない場所などもあり、かといって特に見どころや綺麗な景色も無いので、つらい区間でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目的を全て果たしたので、鍋割山からは栗ノ木洞と櫟山を通って寄に下ります。かなり足場が悪いところをひたすらうねうねと下るのですが、夏だからか、かなり草が生い茂っていて、草をかき分けて進まないと行けない場所などもあり、かといって特に見どころや綺麗な景色も無いので、つらい区間でした。
鹿よけと思われる扉が終盤にいくつかありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿よけと思われる扉が終盤にいくつかありました。
ここまで下れば安心です。ここまでまったくヒルを見なかったのですが、ここの付近で靴にヒルが乗っているのに気付きました。その後、バス停で靴を脱いで確認したら両足に1匹ずつ入っていて震えました...。それより前にも何度か靴は脱いでいたので、この付近でヒルを連れて来てしまったのではないかと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで下れば安心です。ここまでまったくヒルを見なかったのですが、ここの付近で靴にヒルが乗っているのに気付きました。その後、バス停で靴を脱いで確認したら両足に1匹ずつ入っていて震えました...。それより前にも何度か靴は脱いでいたので、この付近でヒルを連れて来てしまったのではないかと思います。
訪問者数:166人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

関連する山の用語

鎖場
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ