ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 921164 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

笠ヶ岳

日程 2016年07月19日(火) [日帰り]
メンバー hiro-kuwana
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高温泉第3駐車場(登山者用駐車場:無料)利用(19日は平日でしたがほぼ満杯)
お風呂は中崎山荘(800円)利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間1分
休憩
1時間41分
合計
11時間42分
S新穂高温泉バス停05:3006:10笠新道登山口06:1808:49杓子平09:0910:17分岐指導標(仮称)10:24抜戸岳10:2710:37笠新道分岐10:4511:16抜戸岩11:50笠ヶ岳山荘11:5112:04笠ヶ岳12:2212:32笠ヶ岳山荘12:4113:02抜戸岩13:0313:44分岐指導標(仮称)13:5214:30杓子平14:4816:25笠新道登山口16:3217:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特にありません。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計

写真

7月19日(火)早朝の新穂高温泉第3駐車場(登山者用駐車場)です。平日でも9割以上埋まっています。
2016年07月19日 05:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7月19日(火)早朝の新穂高温泉第3駐車場(登山者用駐車場)です。平日でも9割以上埋まっています。
登山センター。ここで入山届、下山届を出します。トイレも綺麗。
2016年07月19日 17:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山センター。ここで入山届、下山届を出します。トイレも綺麗。
これから登る笠ヶ岳。新穂高温泉から笠新道まではテクテクと林道を50分ほど。
2016年07月19日 05:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから登る笠ヶ岳。新穂高温泉から笠新道まではテクテクと林道を50分ほど。
笠新道登山口。ここには清水を引いたパイプとコップがあり、喉を潤せます。
2016年07月19日 06:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠新道登山口。ここには清水を引いたパイプとコップがあり、喉を潤せます。
笠新は急登りです。が後ろを振り返ると絶景が。
2016年07月19日 06:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠新は急登りです。が後ろを振り返ると絶景が。
笠新道から振り返ると槍穂高の絶景が広がります。これが素晴らしい。
2016年07月19日 07:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠新道から振り返ると槍穂高の絶景が広がります。これが素晴らしい。
急登を苦しんで登ると杓子平にでます。ここはお花が沢山咲いていたり、笠ヶ岳への展望が開けたりして気持ちいい。スキーで滑るにもいいようです。(穴毛大滝の処理はどうするか知りませんが)
2016年07月19日 08:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を苦しんで登ると杓子平にでます。ここはお花が沢山咲いていたり、笠ヶ岳への展望が開けたりして気持ちいい。スキーで滑るにもいいようです。(穴毛大滝の処理はどうするか知りませんが)
抜戸岳山頂に寄ります。
2016年07月19日 10:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜戸岳山頂に寄ります。
稜線を笠ヶ岳へ向けて。気持ちい稜線です。
2016年07月19日 11:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を笠ヶ岳へ向けて。気持ちい稜線です。
1
抜戸岩ですか。奥には笠ヶ岳。
2016年07月19日 11:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜戸岩ですか。奥には笠ヶ岳。
小屋まであと少し。
2016年07月19日 11:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋まであと少し。
テン場の雪渓。テン場の水源ですがいつまでもつやら。
2016年07月19日 11:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場の雪渓。テン場の水源ですがいつまでもつやら。
小屋をパスして山頂へ。向こうには黒部の山が。
2016年07月19日 11:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋をパスして山頂へ。向こうには黒部の山が。
笠ヶ岳山頂です。
2016年07月19日 12:08撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳山頂です。
2
帰りの笠新道にて。夕方でガスが切れて槍穂が綺麗。(写真の腕がもう一つなのが残念)
2016年07月19日 15:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの笠新道にて。夕方でガスが切れて槍穂が綺麗。(写真の腕がもう一つなのが残念)
穂高。
2016年07月19日 15:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高。
あそこまで行って帰ってきました。
2016年07月19日 18:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこまで行って帰ってきました。
2
撮影機材:

感想/記録

19日(火)の晴天を狙って前から行きたいと思っていた笠ヶ岳に行って参りました。笠ヶ岳は遠くからはその姿が(昔の)笠をかぶった人見たいと言われますが、まさしくその通り。いろんな方から、笠は大きな山で大変と聞いてましたが体感してきました。
登りは笠新道から、下りは当初の予定はクリヤ谷を考えましたが、山頂のばて具合、残り時間から、また、クリヤ谷はあまり良い道でなさそうなので結局は笠新道ピストンとしました。
絶好の好天です。平日ですが、新穂高の第3駐車場は満車に近い。ここからぼちぼち歩き始めます。ただ、夏風邪を引いて喉は痛い、頭は痛いで無事行けるか?と思いましたが、具合が悪ければ引き返せばと気楽に足を進めます。
新穂高から40分ほどで笠新道登山口へ、ここまではまずまず快調です。ここからが急登の始まり。道自体は大変整備されていて歩きやすい。最初は樹林の中を進みますが、2000mぐらいまでくると疎林になってきます。ここらで後ろを振り返ると槍穂高、焼岳などの絶景が。この景色は一見の価値があると思います。
標高にして最初の500mぐらいまでは快調でしたが、徐々にペースが落ちてきます。標高で2000mを超えるとだんだんペースが落ちてきます。杓子平まで長く感じること。つづら折れを我慢して登るとちょっとした乗越になり、杓子平の入り口となります。そこでまた景色が変わります。ここからは笠ヶ岳〜抜戸岳の稜線が一望に。また、花が沢山咲いています。
杓子平から稜線までは1時間強。風邪ひいたりなんだりでペースが上がりません。稜線に上がり、せっかくなので抜戸岳へ。抜戸岳は山頂がはっきりしません。三角点を見てああここが山頂ということでした。
ここから笠ヶ岳の小屋まで1時間。のどかな稜線を進みます。途中の岩は抜戸岩でしょうか。小屋下のテント場の雪渓は今年はとても小さいようです。まだ水は取れるようですが。テント場から小屋まで最後の登り。さらに小屋を通過して山頂へ。ややガスが出ていますが素晴らしい展望。ここまでで相当バテました。
帰りは小屋で若干しゃべり、飲料水を仕入れて来た道を戻ります。笠新道では順光で槍穂が綺麗に見え、写真が上手ならば良い写真が撮れたでしょう。下りは石ごろを慎重に。石ごろなので思ったほどペースは上がりません。結構疲れた頃林道へ到着。水場の水で顔を洗い喉を潤せました。最後は林道を。
風邪ひきで苦しかったものの、最高の景色で、やはり来てよかったと一日を締めくくりました。
訪問者数:274人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ