ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 921417 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

槍平周回 槍ヶ岳・南岳・奥丸山

日程 2016年07月20日(水) [日帰り]
メンバー flyback1984
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道 国立・府中IC〜松本IC 松本〜新穂高
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間14分
休憩
25分
合計
10時間39分
S新穂高温泉バス停04:1304:13新穂高温泉駅04:27小鍋谷ゲート04:55穂高平小屋05:13白出小屋05:55滝谷避難小屋06:07南沢06:28槍平小屋06:3107:452700m08:132900m08:22南岳小屋08:2508:33南岳08:4108:51天狗原分岐09:31中岳09:55大喰岳10:05飛騨乗越10:15槍ヶ岳山荘10:28槍ヶ岳10:38槍ヶ岳山荘10:4711:12千丈乗越12:16奥丸山12:48槍平小屋12:5013:14滝谷避難小屋13:55白出小屋14:20穂高平小屋14:52新穂高登山指導センター14:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
CT20h30m
※槍の穂先往復は渋滞無しだったのでCT40mに設定
※千丈乗越から直下の分岐までをCT15mに設定
コース状況/
危険箇所等
■新穂高〜白出沢
歩きやすい林道
■白出沢〜滝谷避難小屋
渡渉は特に問題無いが雨天時は要注意
登山道は特に問題無し
■滝谷〜槍平小屋
滝谷の渡渉は木製の渡し板
南沢・登山道は特に問題無し
■槍平〜南岳
今年は残雪無し
木製の梯子は腐っているのもあるので加重前に強度を要確認
■南岳〜槍ヶ岳
中岳直下に梯子
槍の穂先は慎重に
■槍ヶ岳〜千丈乗越
ザレている場所もあるので下りは滑らないように
■千丈乗越〜奥丸山・飛騨沢分岐
ザレていて状態は悪いので慎重に
■分岐〜奥丸山
踏跡は明瞭だが草がボーボー
■奥丸山〜槍平
崩壊地が数か所あり、かなり危険なものもある
道の状態がかなり悪いので雨天時などは利用を避けた方が無難 
その他周辺情報平湯の森 大人500円

写真

夜明け前に新穂高をスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明け前に新穂高をスタート
1
穂高平を過ぎて、笠方面が明るい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高平を過ぎて、笠方面が明るい
奥穂方面分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂方面分岐
水がジャブジャブ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水がジャブジャブ
ブドウ谷かチビ谷?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブドウ谷かチビ谷?
ブドウ谷かチビ谷?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブドウ谷かチビ谷?
滝谷避難小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷避難小屋
樹林帯を槍平へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を槍平へ
穂高方面も明るくなってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高方面も明るくなってきた
小屋が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋が見えた
南岳新道 南沢を登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳新道 南沢を登る
尾根を登るとこの展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を登るとこの展望
北穂や涸沢岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂や涸沢岳
素晴らしい稜線ルート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい稜線ルート
稜線に出てしばらくすると2700m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出てしばらくすると2700m
断崖もあったり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
断崖もあったり
南岳まで続く尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳まで続く尾根
2
一度稜線を外れて下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一度稜線を外れて下ります
1
トラバース道もイイ雰囲気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース道もイイ雰囲気
2
トラバースが終わりにある道標
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースが終わりにある道標
ガレ場を登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場を登ります
稜線に復帰すると2900m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に復帰すると2900m
小屋が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋が見えた
振り返るとこの展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとこの展望
2
蝶ヶ岳の向こうに雲海
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳の向こうに雲海
富士山と南アも雲海の向こうに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山と南アも雲海の向こうに
槍が見えて来ると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍が見えて来ると
1
天狗原分岐までは空中散歩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗原分岐までは空中散歩
振り返って南岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って南岳
1
分岐から槍沢方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から槍沢方面
1
中岳に登る前に少し下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳に登る前に少し下ります
1
大喰岳とのコル部へ下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大喰岳とのコル部へ下ります
1
こんな梯子も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな梯子も
裏銀座方面と大喰岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏銀座方面と大喰岳
大喰岳と槍ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大喰岳と槍ヶ岳
槍を目前に飛騨乗越へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍を目前に飛騨乗越へ
3
西鎌尾根と裏銀座・黒部方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西鎌尾根と裏銀座・黒部方面
2
乗越から笠ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越から笠ヶ岳
3
テン場に雷鳥
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場に雷鳥
5
全然逃げない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全然逃げない
3
快晴の西鎌尾根を下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴の西鎌尾根を下ります
吸い込まれそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吸い込まれそう
1
笠方面に雲が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠方面に雲が
千丈乗越到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千丈乗越到着
真ん中の奥丸山に続く尾根に向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中の奥丸山に続く尾根に向かいます
分岐じゃないところには目印があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐じゃないところには目印があります
飛騨沢と奥丸山の分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨沢と奥丸山の分岐
1
槍方面にも少しガスが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍方面にも少しガスが
ザレを下って登山道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレを下って登山道へ
奥丸山までは概ねこんな感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥丸山までは概ねこんな感じ
槍平・奥丸山の分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍平・奥丸山の分岐
今日最後の登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日最後の登り
奥丸山着 展望は素晴らしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥丸山着 展望は素晴らしい
1
穂高方面はガスの中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高方面はガスの中
1
槍平へ下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍平へ下ります
けっこう崩壊してる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこう崩壊してる
ここはロープとかあった方がいいくらい崩壊してる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはロープとかあった方がいいくらい崩壊してる
川を渡って槍平小屋へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川を渡って槍平小屋へ
槍平小屋に戻ってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍平小屋に戻ってきた
新穂高へもうひと踏ん張り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高へもうひと踏ん張り
また谷を越えて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また谷を越えて

感想/記録

この日の予報は午前中はどこでもそこそこ晴れ渡るとのこと。
じゃーせっかくなら3000m級の稜線を堪能したいと思い、南アルプスと悩んだものの、南は昼頃から崩れないとも言い切れない感じだったので天気の安定していそうな北アルプスに決定。

新穂高方面で心残りになっているのは4年前にガスガスで展望ゼロだった槍〜南岳間、未踏の南岳新道、一度も晴れ間に恵まれたことのない西鎌尾根、なかなか登る機会のない奥丸山。
せっかくの快晴なのでそれらを全部繋げてみました。

家を出るのが遅くなったので、新穂高に着いたのは午前3時。
思いのほか深山荘の駐車場は混んでいて上から2段目の一番端に何とか駐車。
ちょこっと仮眠して4時に駐車場を出発。

ぐんぐん歩いて6時半には槍平に到着。
4年前の同じくらいの時期に南岳小屋に宿泊した際に、小屋番の方が南岳新道は雪がかなり多く残っていると話していたのをふと思いだしたので、
念のため小屋で南岳新道の状態を聞くと、今年は一切残雪は無いとのこと。
ただ木の梯子はもろくなっているので加重する前によく確認するのがよいとアドバイスをいただきました。

不安が無くなったので、張り切って南岳新道へ。
南沢のガレ場を登ったり、笠新道のような岩の多い登山道をジグザグ歩いたりして、小ピークに着く頃になると振り返れば笠〜三俣蓮華まで見える大展望が背後に。
その後は稜線上の尾根道や雰囲気のあるトラバース道、中岳や北穂の展望にも恵まれ気が付けば南岳小屋に到着。

小屋前からは常念山脈の向こうの雲海が見え。
南岳に向かって歩くと槍の穂先が眼前に。
この調子なら槍まで天気は間違いなく大丈夫そう。
4年前に出会えなかった展望と景色にルンルン気分で空中散歩。
多少アップダウンはあるものの、ほどなくして飛騨乗越に到着。
小屋に向けてテン場を上がっていくと、目の前に雷鳥の親子が。
しかも全然逃げない(笑)
写真を撮りまくったら小屋を越えて槍の穂先へサクッと往復。

下山に向けておにぎりで補給を済ませたら快晴の西鎌尾根へ。
3年前も去年の縦走でもガスガスだったので、晴れた西鎌尾根を歩くのは今回が初めて。
千丈乗越に着くと笠ヶ岳に雲がかかりはじめたのが見え、「奥丸山まで行って展望が無かった意味がない」と思い奥丸山へ急ぎました。
奥丸山までの道は樹林帯で蒸し暑くて、標高も低いので気温も高くけっこう苦しかったけどガスに巻かれる前に山頂にたどり着けました。
ただ槍平までの下りは道が悪く数か所崩壊しているところがあり、雨天時で特に下りでの利用は避けるべき道だと思います。

槍平小屋まで戻ってきたひと安心。
あとは来た道を戻るだけ。
無事に下山できました。

来週は相棒とのバリエーション登山の予定なので、よいトレーニングにもなり。
新穂高方面の心残りも解消できて素晴らしい一日になりました。
訪問者数:553人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ