ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 921990 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

双石山

日程 2016年07月18日(月) [日帰り]
メンバー yamafool
天候晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間7分
休憩
0分
合計
3時間7分
S丸野駐車場10:4513:49丸野駐車場13:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

感想/記録

おお、外はうだる暑さ。
カレンダーは「海の日」。
そんな日は、山にいきましょうか。
ゴールデンウィークに、尾鈴山にアケボノとシャクナゲをジャージとスニーカーで、のんびりと見に行って以来、二カ月以上も山から遠のいております。
肉体的には、登山仕様には程遠い、ただのオッサン身体になり果てております。前夜の飲み会のダメージも残っております。ここは無理せず、ホームグランドの加江田渓谷の旅と決めました。
渓谷沿いの片道9キロ弱の遊歩道。これを往復すれば、そこそこのリハビリ? 登山仕様の肉体へと戻す第一歩にちょうど良いだろうという計算。

車を走らせて、途中で気づく。あ…。
ボーっとしてて、いろんなものを忘れております。
手袋、サングラス、虫よけ…etc。
ま、いいか。歩くだけだし…。

真夏の加江田渓谷に到着。
想像通り、川遊びの人々でにぎわっております。
ここは、一年で一番の人出は真夏です。
子どもたちの嬌声、若者たちの歓声、焼き肉の煙と匂い。水着の人々が、そこかしこで楽しんでいます。
年配の方々は、涼を求めて、渓谷沿いをのんびりと散歩しています。

Tシャツにザックを背負い、タオルを巻いて、登山靴を履いたわたくしが、ドカドカと歩いて行きます。
遊歩道の奥に進むにしたがい、川遊びのグループは少なくなり、いつもの加江田の静寂が現れます。

ひょうたん淵をすぎて、山の神に手をあわせ、
硫黄谷、オットセイ岩、広河原に着くころには、
渓谷沿いとはいえ、すっかり汗まみれです。
旧キャンプ場(今は多目的広場)で、少し休憩です。
汗がひくのを待って、再スタート。
第1家一郷橋を渡り、平成登山道入り口の看板を見たら、
なんとも遊歩道歩きの往復が退屈になってきました。
やっぱり登りたいなあ。双石山頂までは1時間半もあれば行けるしなあ。
体力にも不安は見当たらないしなあ。
と、吸い込まれるように、丸太橋手前の登山道から双石方面へ
ガサガサと分け入ってしまう私なのでした。

うっ…、暑い、虫が…、急こう配がきつい…。
自ら望んで分け入った登山道なれど、三分後にはもう後悔。
すなおに遊歩道を気持ちよく歩いてればよかったなあ…。
いまさら引き返すのも、何だかいやだし。歩け歩けだ!
ヒーコラと登り、やがて桧山分岐へ。
ここを左折すれば山頂へ。でも、虫がすごいのです。
視界がかすむくらいに、まとわりついており、
モチベーションは降下の一途。そのまま直進で山頂へは向かわず。
麻畠分岐を硫黄谷へと右折し、一気に駆け下ります。
虫から解放された時には、もう硫黄谷休憩所でありました。

もちろん、この後は加江田渓谷でバチャバチャと冷たい水を浴び、
さっぱりと汗を流してから、駐車場へ。
虫よけは必須と、強く肝に銘じた一日となりました。








訪問者数:44人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ