ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 922065 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

男体山

日程 2016年07月22日(金) [日帰り]
メンバー b59(CL), b106(写真), その他メンバー1人
天候曇り時々小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
二荒山神社
駐車場(第二無料登山者用)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
1時間20分
合計
6時間50分
Sスタート地点07:1010:20山頂11:4014:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
岩場、木の根滑ります
下山時注意してください

写真

500円を支払い
男体山へアタック!
2016年07月22日 08:12撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
500円を支払い
男体山へアタック!
2
最初から登りますね(笑)
2016年07月22日 08:18撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初から登りますね(笑)
2
林道を少しあるきます(四合目まで)
2016年07月22日 08:43撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を少しあるきます(四合目まで)
再び登山道へ
2016年07月22日 09:12撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び登山道へ
1
五合目
避難小屋
2016年07月22日 09:26撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目
避難小屋
徐々に岩場が...
2016年07月22日 09:45撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に岩場が...
ここまで来ると一安心ですね
2016年07月22日 14:21撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来ると一安心ですね
1
無事下山
2016年07月22日 15:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山
1
日光へ移動し
ゆば御前でお腹一杯
満足
2016年07月22日 15:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日光へ移動し
ゆば御前でお腹一杯
満足
3

感想/記録
by b106

一年前のリベンジ登山!!
昨年に午前日光白根(湯元から周回)
午後に男体山へ!!(七合目にてリタイヤ)詳しくは去年の山行記録を!

500円を境内で支払いスタート
最初から登りの傾斜があり3合目から林道歩き4合目で再び登山道へ

5合目付近から岩場が多くなり山頂まで更に傾斜が増します
(下山時は滑る箇所も多く注意してください)

登山道は一本道の為迷う心配はありませんが、途中にトイレ、水場はありません(山頂に何故か灰皿があります)

いつかは絶対に登らないと...心に誓い1年越しの挑戦。最高の仲間と登れた事に感謝です。明日仕事だけど..疲れたけど...行って良かった!!!

晴れ間はほぼ無かったものの充実した登山となりリベンジを果たせた喜び最高です

男体山!直登!!まさに男の山?そんな印象です
訪問者数:329人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

b59
登録日: 2015/7/5
投稿数: 46
2016/7/23 16:30
 流石の男体山!
男体山、踏破!
お疲れ様でした。
この山は、距離のわりには時間がとってあるな〜と、思っていたね。
境内にて入山料を支払い、安全祈願のちに、いざ入山!
最初は石階段で、まぁー当たり前かな?の登り。
で、登山道になっていくと、なんか最初から 急登だ〜!
そして林道になり4合目からの登山道へ、まいったね。
急登は更に急登、七合目からは、 超急登!
ガレ場の急登なんで、すげ〜たいへん。
山頂は、平日・時間帯・天候の為と思うけど、貸切状態にて一時間以上ものんびりできたね。 カップ麺、 美味かった〜
下山の登山道も濡れた石・岩・根っこなど、急坂で怖かった。
グッサンの尻餅&ストック破損には、笑っちゃまずいけど、ついつい笑ってしまったね〜〜。
本当に、短いピストンのわりには、強烈な山行でした。
この強さが、男には 必要だね。

それと、日光名物湯葉御膳
疲れた身体に優しく美味しい食事に大満足

帰宅途中にも、ちょいちょい 車窓観光して、日光を満喫

この次の企画は、 夏の湿原山行だね。
苗場山、至仏山か燧ヶ岳にしようよ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 避難小屋 水場 一本 直登 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ