ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 922102 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

石狩岳 〜 沼ノ原 〜 忠別岳 〜 白雲岳 〜 黒岳

日程 2016年07月18日(月) 〜 2016年07月21日(木)
メンバー noe
天候18日 雨 19日 雨 20日 曇り 21日 曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
石狩岳シュナイダーコースから車にて入山
層雲峡に下山後、層雲峡12:02発、都市間バスノースライナー号にて十勝三股まで乗車その後徒歩にて車を回収しました。¥1340 前日までに電話にて予約が必要です。
0166234161 道北バス旭川営業所。
http://www.dohokubus.com/pdf/14s-obihiro2.pdf

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間12分
休憩
1時間14分
合計
9時間26分
S音更川二十一ノ沢出合登山口04:4807:57シュナイダーコース分岐08:0808:38石狩岳北峰09:0409:11石狩岳09:1509:27小石狩岳09:3310:07川上岳10:34ニペの耳10:5712:241289コル13:47石狩岳分岐13:5114:05沼ノ原分岐14:14大沼野営指定地
2日目
山行
3時間23分
休憩
11分
合計
3時間34分
大沼野営指定地09:1909:44五色の水場12:05五色岳12:0712:34忠別岳避難小屋分岐12:4312:53忠別岳避難小屋
3日目
山行
6時間2分
休憩
2時間10分
合計
8時間12分
忠別岳避難小屋06:4106:54忠別岳避難小屋分岐07:51忠別岳08:24忠別沼08:3009:59高根ヶ原分岐10:0010:54白雲岳避難小屋12:1612:53白雲分岐13:22白雲岳14:0314:29白雲分岐14:53白雲岳避難小屋
4日目
山行
3時間40分
休憩
25分
合計
4時間5分
白雲岳避難小屋07:1207:41白雲分岐07:4308:33北海岳08:3509:56黒岳石室10:0610:24黒岳10:3210:557合目リフト乗り場10:5811:17ロープウェイ黒岳駅11:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
DAY1
石狩岳登山口(シュナイダーコース)〜石狩の肩:尾根に乗ってから急登がずっと続きます。縦走装備では多少難儀しましたが飽きる事なく楽しめました。
石狩の肩〜ニぺの耳(JP):気持ちの良い稜線歩きです。細尾根部分は歩きませんので危険箇所なし。多少のアップダウン。
ニぺの耳〜最低コル1289:最低コルまでの下りが急で一番体力を使いました。急な下り手前に岩を両手両足を使って登る部分あり。
最低コル〜沼ノ原(テント泊):根曲がり廊下の笹狩りが昨年行われたらしいと聞いていました。予想どおりルート明瞭で歩きやすかったです。その後少し登って石狩岳分岐、沼ノ原分岐と続き木道歩きになります。
DAY2
沼ノ原〜忠別岳避難小屋(小屋泊)
DAY3
忠別岳避難小屋〜白雲岳野営地〜白雲岳〜白雲岳野営地(テント泊)
DAY4
白雲岳野営地〜黒岳

DAY2からのコース状況は、たくさんの情報がありますので省略します。
その他周辺情報下山後、十勝三股山荘にてエネルギーチャージして林道歩きに備えました。
運良くヒッチハイクに成功しほとんど林道歩きせず車を回収できました。
http://www.kamishihoro.info/sg_detail.php?id=4
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー 行動食 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 サングラス タオル ストック カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

石狩岳最高地点。
2016年07月18日 09:13撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石狩岳最高地点。
2
ジャンクションピーク。
2016年07月18日 10:53撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンクションピーク。
3
ジャンクションピーク直下にビバークできそうな場所があります。
2016年07月18日 11:00撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンクションピーク直下にビバークできそうな場所があります。
最低コルの水場への目印あります。間違いなく見落とししそうです。水場は確認していません。
2016年07月18日 12:21撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最低コルの水場への目印あります。間違いなく見落とししそうです。水場は確認していません。
3
根曲廊下は、快適です。
2016年07月18日 12:53撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根曲廊下は、快適です。
3
石狩岳分岐、まったく読めません。
2016年07月18日 13:50撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石狩岳分岐、まったく読めません。
2
沼ノ原分岐、もう少しで大沼のテン場です。
2016年07月18日 14:05撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼ノ原分岐、もう少しで大沼のテン場です。
1
あまり増水していなくテントはれました。
大沼の水は、最悪でした。微生物が大量に。
2016年07月19日 08:11撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまり増水していなくテントはれました。
大沼の水は、最悪でした。微生物が大量に。
4
右がテントの跡です。
2016年07月19日 08:12撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右がテントの跡です。
4
朝、トムラウシ方面だけ一瞬雲がきれましたがやはり2日目も雨。
2016年07月19日 08:16撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝、トムラウシ方面だけ一瞬雲がきれましたがやはり2日目も雨。
9
忠別避難小屋が見えてきました。
2016年07月19日 12:51撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忠別避難小屋が見えてきました。
2
小屋泊も楽しかったです。本日は、5名の宿泊でした。
2016年07月19日 15:02撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋泊も楽しかったです。本日は、5名の宿泊でした。
6
朝、起きると青空がこれはと思いましたが結局、ガスぽい曇りの1日に。
2016年07月20日 06:44撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝、起きると青空がこれはと思いましたが結局、ガスぽい曇りの1日に。
4
かっこいい忠別岳。
2016年07月20日 06:55撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かっこいい忠別岳。
9
忠別沼。
2016年07月20日 08:35撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忠別沼。
3
なんとかゼブラも見れました。
2016年07月20日 13:31撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとかゼブラも見れました。
9
夕焼けですがトムラウシは、ずっと隠れたまま。
2016年07月20日 18:56撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕焼けですがトムラウシは、ずっと隠れたまま。
5
朝、起きるとトムラウシがやっと顔を出しました。
2016年07月21日 04:22撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝、起きるとトムラウシがやっと顔を出しました。
7
無事、層雲峡へ下山。バスに乗り十勝三股へ。バス停は、やや下った郵便局の前です。
2016年07月21日 11:32撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事、層雲峡へ下山。バスに乗り十勝三股へ。バス停は、やや下った郵便局の前です。
4
十勝三股山荘で食事し林道歩きへ出発です。
2016年07月21日 13:20撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十勝三股山荘で食事し林道歩きへ出発です。
3
林道を15分程、進んだところでヒッチハイクに成功、無事にこの旅を終える事ができました。乗せて頂いた方、ありがとうございました。
2016年07月21日 13:32撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を15分程、進んだところでヒッチハイクに成功、無事にこの旅を終える事ができました。乗せて頂いた方、ありがとうございました。
4
撮影機材:

感想/記録
by noe

石狩岳から沼ノ原を歩いてみたかったのですが車1台でどうすれば歩けるか調べていると層雲峡〜十勝三股までのバスがある事を知りました。十勝三股バス停からシュナイダーコース登山口までおそらく12,3km位だと思いますが林道歩きだけ頑張れば1台で行けると。運良くヒッチハイクに成功しました。岩間温泉とゆう素晴らしい野湯があるので昼間でも運がよければ車が通ります。
あいにく雨とガスが多かったですがたくさんのお花とやはりデカイ大雪山の大地と山々、そして白雲のテント泊から友達と合流。ビールを担ぎあげてくれて人生最高のビール。前半ソロの楽しさ、白雲から黒岳までのおしゃべりをしながらの楽しいハイクと思い出にきざまれるであろう山歩きができました。
テント泊縦走は最高。大雪山は、何度訪れても素晴らしすぎます。
訪問者数:419人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/8/1
投稿数: 3344
2016/7/23 11:51
 大縦走お疲れ様でした!
こんにちは、noeさん(^^)v

やっぱり今年も縦走されたんですね〜
しかも石狩岳を絡めての計画とはビックリです
それ以上に、層雲峡から十勝三股行きというマニアックなバスがあるなんてもっとビックリですけど(^-^;
縦走のあとの林道歩きほどツラいものはないですからホントにラッキーでしたね
ニペソツ山を歩いた時に前泊で幌加の除雪ステーションに泊まったんですど、その時出会った人に岩間温泉を強力にオススメされた記憶があります
アクセスがハードそうだったんでパスしちゃいましたけど、今思うと行っておけば良かったなあと(^-^;
それにしても十勝三股〜幌加あたりの旧士幌線沿いって、静かな雰囲気がとても良いですね。

ワタシも沼ノ原ってとても気になっていたのでいつかお邪魔してみたいですけど、感想はいかがでしたかね?
そして大雪のゼブラ感がやっぱりバッチリで羨ましいです。
zawadaさんもそうですけど、ワタシの周りで大雪山レコがやけに上がっているので、とても再訪したくなっている今日この頃でございます(^-^;
登録日: 2010/6/17
投稿数: 2511
2016/7/23 15:01
 充実した山旅でしたね!
こんにちは!noeさん。

某鎌pigは十勝三股行きのバス知らなかったみたいですが、僕は知ってましたよ!大雪山愛だけは某鎌pigには負けませんので〜
(ってSさんこと0041さんが昨夏、十勝三股から石狩岳経由で沼ノ原〜白雲〜旭岳と縦走されてるので、それで知ったんですが )

沼ノ原、やっぱイイですね〜。湖面に映るトムラウシ見てみたいです。沼の微生物ってのが気になりますが…。
ただやはりアクセスですよね。いっくら十勝三股までバスがあるとはいえ、林道+石狩岳を越えなきゃいけないというのは、基本ヘタれな僕としてはその選択肢は、、、ない。。。coldsweats01
行くとしてもやっぱ沼ノ原に直であがる事になるかもです。

それはさておき、今回の縦走。ソロの醍醐味&ビール歩荷つきなご友人との山歩き!&ゼブラ柄!もで、ホント最高の山旅でしたね!思い出にきざまれるであろう山歩きとなったようで、本当にヨカッタです。

僕はようやく大雪山シンドロームから脱却し、夏の北ア縦走の計画を立て始めたところですが、noeさんのレコで再び罹患…。
過去3回の大雪山はいずれも6月末〜7月頭の時期で、高山植物満開の時期に大雪山を訪れたことがないので、いつかこの時期の大雪山を歩いてみたいと思いました!
noe
登録日: 2012/8/27
投稿数: 23
2016/7/23 22:18
 Re: 大縦走お疲れ様でした!
こんにちは、kamasennin さん。
実は、マニアックなバスがあるんです。北海道では、一応大都市の旭川〜帯広をつなぐのが三国峠、その通り道とゆう。ただ層雲峡〜十勝三股を乗車する人は年間何人いるのだか?
ヒッチハイクは、人生初で緊張しましたが上手く行きました。乗せてくれたたぶんご夫婦が岩間温泉に行く途中だと言ってました。野湯の混浴露天のみなのでご夫婦の邪魔になると申し訳ないので入れませんでした。
2度程、岩間温泉に行った事があるのですがボランティアで管理してる人がいるみたいですばらしい温泉ですよ。
石狩岳登山口を通り過ぎてそのまま行き止まりまで行くだけなので迷う事はないと思います。次回来た時はぜひおすすめです。
旧士幌線沿いは、なぜかノスタルジックな感じで旅行には素敵な場所ですね。

沼ノ原は、静かで素敵な場所です。クチャンベツ登山口から入るとすぐ着きます。
トムラウシが綺麗に見えて。広い湿原が広がっています。そのまま五色岳を目指すと途中お花畑ごしにトムラウシが見えます。登りもゆるやかで晴れれば最高かと。今回は雨で展望は、最悪でしたが。
ご存知のように大雪山は、本州の山とは違う魅力があると思います。
毎年、来て下さい。たくさんのお花がお出迎えてしてくれます!
noe
登録日: 2012/8/27
投稿数: 23
2016/7/23 22:38
 Re: 充実した山旅でしたね!
こんにちは、zawadaさん。

さすが大雪マスターこんなレアなバスまで知っていたとは。
どうしてもアクセスを考えると旭岳もしくは、黒岳から入る事になりますね。
石狩岳から入るならブヨ沼で1泊してから入るとずいぶん楽だと思います。
シュナイダーを縦走装備で登るのは、ちょっと辛いかもしれませんね。
石狩岳〜沼ノ原までは、迷いそうな所はあまりなく体力があれば問題ないと。
ただ石狩岳から根曲廊下までペンキ、道標、テープなど何一つありませんでした。ワイルドコースなのは、確かですね。

大沼の水は、どう汲もうが目に見える小さい生物が何十と煮沸して浄水してびびりながら飲みましたよ。

今回が贅沢だったのは、孤独の楽しさとおしゃべりしながらのハイクの両方楽しめた事です。
そして冷えたビールと。

ゼブラも予想より残雪がありガスもほんの少しの間だけなくなり無事、見る事ができましたよ。

北アとかまったく知らないのでレコ楽しみにしています。
穂高とか名前だけでもかっこいいですもんね。
親には、アルプスに行けとよく言われます。昔、山やっていたみたいで。
そして行ってこの目で見たいです。

来年は、お花の時期にぜひ。一番大雪山が賑わう季節ですよ!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ