ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 922173 全員に公開 ハイキング白山

白山中心部

日程 2016年07月21日(木) 〜 2016年07月22日(金)
メンバー stray_cat
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
岐阜県側の大白川登山口(平瀬道)を利用。登山口駐車場には3、40台ほど。すぐ下の湖畔駐車場には100台ほど停めれそうです。私は利用しませんでしたがトイレもあるそうです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間56分
休憩
30分
合計
6時間26分
S大白川登山口05:1007:20大倉山避難小屋08:36白山室堂08:5309:18白山09:2109:43翠ヶ池09:4409:51お池めぐり分岐09:5210:28白山室堂10:3110:49トンビ岩10:5211:25南竜山荘11:2711:36南竜ヶ馬場野営場
2日目
山行
3時間32分
休憩
7分
合計
3時間39分
宿泊地04:4405:27アルプス展望台05:3206:06平瀬道・展望歩道分岐06:0707:00大倉山避難小屋07:0108:22大白川登山口08:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
スマホアプリ「山と高原地図」でログ取り。大倉山周辺はGPSの現在地が出なくなるようなので写真で時刻割り出し。でも復路で確認しましたがほっといても問題ないようです。
コース状況/
危険箇所等
登山口入ってすぐに小屋に登山ポストあり。道はしっかりと整備されていますが、一部崩れた場所があったり、足を踏みに外したら落ちてしまうような所もあるので注意が必要です。
その他周辺情報登山口駐車場のロッジに温泉施設があるようです。また道の駅「飛騨白山」の横にも白川温泉「しらみずの湯」があるようです。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ヘッドランプ 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ ポール テント テントマット シェラフ 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食
備考 今回は初のテント泊でどれぐらいの荷物を持って歩けるか分からなかったため、カメラ・ビデオは持たずに写真はスマホのカメラを使用しました。

写真

下の湖畔駐車場。奥の建物に温泉や売店、トイレなどがあるようです。
2016年07月21日 04:52撮影 by SBM302SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の湖畔駐車場。奥の建物に温泉や売店、トイレなどがあるようです。
1
登山道入口。写真を撮り忘れましたが、このすぐ奥に小屋があり登山届を提出できます。
2016年07月21日 04:55撮影 by SBM302SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入口。写真を撮り忘れましたが、このすぐ奥に小屋があり登山届を提出できます。
朝焼けがとてもきれいでした。
2016年07月22日 04:43撮影 by SBM302SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けがとてもきれいでした。
10

感想/記録

梅雨明けすることを見越して、早々に有休をとり北アルプスの涸沢でテントデビューをするつもりだったのですが天気予報ではずっと雨。。。他に行ける所はないかと調べてみると白山が雨も降らずにテント泊出来そうなどで行って見ることにしました。

予報は曇りでしたが行って見ればお日様がさんさんと輝く快晴。
初めて見る雲海。そして雲海から突き出る御嶽山や乗鞍岳、北アルプス。さらに室堂に咲き乱れる数々の花はとても素晴らしく、上を見ても下を見てもとても楽しい道中でした。

初のテント泊も普段の日帰りからは考えられないほどゆっくりとでき、帰りの運転もしなくていいのでお酒も飲めて楽しめました。ただ、今回はスマホで写真を撮っていたのでのんびりとお酒を飲みながら撮った写真を見ていたら、「ここに来て携帯いじってる人間は終わってる」と聞こえるように陰口叩いた奴がいましたが・・・。スマホも山地図見れたり、GPSでログが取れたり、撮った写真の花の名前を調べられたりとか充分有効利用できるんですけどね。。。数十分後、お酒を買いに山小屋へ行く途中で、そいつは橋の上で携帯で自撮りしているのを見かけました。。。きっと、彼は上手く取れてるか確認することもしないのでしょう。二度と会うこともないのでどうでもいいですが・・・。

ともあれ、今回もいい経験をさせてもらった山登りでした。また来る時までにはもう少し花の名前を覚えてこようと思います。
訪問者数:209人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ