ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 922557 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走蔵王・面白山・船形山

南蔵王縦走路(硯石〜熊野岳避難小屋ピストン)

日程 2016年07月23日(土) [日帰り]
メンバー waque
天候夜明け前は雨。夜明け以降は快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
硯石登山口:林道路肩に駐車可。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
電池切れで登山口3km手前でログ終了です。
(補足)不忘山山頂15:10 → 硯石登山口到着17:09 です。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特にありません。
ザレ場、ガレ場は足元注意です。
エコーラインから入る刈田岳登山口は少し藪っぽかったです。
その他周辺情報登山後の温泉:遠刈田温泉共同浴場、壽の湯 入浴料310円。石鹸等は要持参。
地元の方々に愛されているお湯です。
「こんばんは〜」「おやすみなさい」の掛け声がうれしい。
お湯はしっかり熱め(時間帯により違いますが夕方は43〜45℃)。
ガサガサかかとがスベスベになりました♪
http://www.zao-machi.com/248
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

2:18 今回も雨の中、カッパスタートです。
さぁ行くぞと思ったらリーン、リーンと不思議な音と共に登山道とは違う所から明かりが近づいてきました。「こんな時間に物好きが他にも?」と思ったら道に迷って戻ってきた義理兄でした(笑)暗闇の中10分以上さまよっていたらしいです。
「こっちだよ」と教えたらスタコラサッサと消えました。
彼には長い一日です。ガンバレ!ガンバレ!
びっくりしたわい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2:18 今回も雨の中、カッパスタートです。
さぁ行くぞと思ったらリーン、リーンと不思議な音と共に登山道とは違う所から明かりが近づいてきました。「こんな時間に物好きが他にも?」と思ったら道に迷って戻ってきた義理兄でした(笑)暗闇の中10分以上さまよっていたらしいです。
「こっちだよ」と教えたらスタコラサッサと消えました。
彼には長い一日です。ガンバレ!ガンバレ!
びっくりしたわい。
8
夜明けの海(雲海)に浮かぶお月様
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明けの海(雲海)に浮かぶお月様
6
その反対側の空は茜色に染まり始めています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その反対側の空は茜色に染まり始めています。
4
おはよーございまーーーす!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはよーございまーーーす!
12
もうヘッデン無しでも大丈夫。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうヘッデン無しでも大丈夫。
お日さま、すっかり昇りました。
まぶちーーー(≧∀≦)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お日さま、すっかり昇りました。
まぶちーーー(≧∀≦)
14
不忘山の山頂が近づきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不忘山の山頂が近づきます。
2
カエル岩と雲海
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カエル岩と雲海
9
5:15 不忘山、山頂到着。
不忘の神様、2週間ぶりでございます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:15 不忘山、山頂到着。
不忘の神様、2週間ぶりでございます。
2
こんな景色を見せてくださってありがとうございます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな景色を見せてくださってありがとうございます。
11
南蔵王縦走路、これからどこまで行けるかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南蔵王縦走路、これからどこまで行けるかな?
7
ノープランですが、行けるとこまでいってみよう♪
この美しい道を、こんな美しい時間に歩ける喜び。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノープランですが、行けるとこまでいってみよう♪
この美しい道を、こんな美しい時間に歩ける喜び。
21
お花畑が迎えてくれました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑が迎えてくれました!
3
カッパスタートが嘘みたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カッパスタートが嘘みたいです。
3
6:01 南屏風岳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:01 南屏風岳山頂
2
熊野岳の後ろには月山が見えます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野岳の後ろには月山が見えます!
7
6:48 屏風岳山頂
ここまで、どなたにも会わずに来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:48 屏風岳山頂
ここまで、どなたにも会わずに来ました。
3
7:14 芝草平でまったりタイム。
大好きな場所です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:14 芝草平でまったりタイム。
大好きな場所です。
6
7:44 杉ヶ峰到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:44 杉ヶ峰到着
1
ここまで来たからには刈田の神様にご挨拶せねば・・・
でも遠いわぁ〜( ̄-  ̄ ) ンー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来たからには刈田の神様にご挨拶せねば・・・
でも遠いわぁ〜( ̄-  ̄ ) ンー
2
でもやっぱり行こう、行こうと歩きます。
7:59 前山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもやっぱり行こう、行こうと歩きます。
7:59 前山
1
近づく景色にワクワク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近づく景色にワクワク
8:27 エコーライン側南蔵王縦走路入り口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:27 エコーライン側南蔵王縦走路入り口
2
道路をテクテク渡って刈田岳登山道に入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路をテクテク渡って刈田岳登山道に入ります
藪っぽいけど明瞭です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪っぽいけど明瞭です。
朝露キラキラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝露キラキラ
7
ヒイコラ昇って30分。
刈田の神様が見えてきました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒイコラ昇って30分。
刈田の神様が見えてきました!
9:05 刈田岳山頂
ちゃんと神社にお参りしました〜。
今回は義理兄のミッションクリアを祈願しました(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:05 刈田岳山頂
ちゃんと神社にお参りしました〜。
今回は義理兄のミッションクリアを祈願しました(笑)
7
北蔵王縦走路。
雲の中、義理兄はどこまで行ったかな?
(雁戸山辺りでした。早っ!)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北蔵王縦走路。
雲の中、義理兄はどこまで行ったかな?
(雁戸山辺りでした。早っ!)
3
コマクサちゃん、会いたかった。
もうだいぶお疲れ気味の群生でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサちゃん、会いたかった。
もうだいぶお疲れ気味の群生でした。
8
ヤッホー!月山と鳥海山が見えました〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤッホー!月山と鳥海山が見えました〜。
11
10:00 熊野岳避難小屋。
熊野岳の山頂まであと少しですが、9時に折り返す予定を1時間オーバーしていたので今回はここで帰ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:00 熊野岳避難小屋。
熊野岳の山頂まであと少しですが、9時に折り返す予定を1時間オーバーしていたので今回はここで帰ります。
3
こんなにお天気の良い蔵王は久しぶりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなにお天気の良い蔵王は久しぶりです。
14
レストハウスでトイレ休憩。山頂に水洗トイレがある幸せ。
10:54 レストハウス出発。硯石へ戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レストハウスでトイレ休憩。山頂に水洗トイレがある幸せ。
10:54 レストハウス出発。硯石へ戻ります。
1
雲海が見事です。
エコーラインでも車を路肩に停めて写真を撮っていた方がいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海が見事です。
エコーラインでも車を路肩に停めて写真を撮っていた方がいました。
1
エコーラインは車両専用道路です。横断の際は気をつけて。
と、レストハウス駐車場のガードマンさんにご注意頂きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エコーラインは車両専用道路です。横断の際は気をつけて。
と、レストハウス駐車場のガードマンさんにご注意頂きました。
1
11:14 南蔵王縦走路へ戻って来ました。
ここから11.5kmです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:14 南蔵王縦走路へ戻って来ました。
ここから11.5kmです。
3
やっぱり行きの勢いは無く、ゆっくり進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり行きの勢いは無く、ゆっくり進みます。
2
12:17 杉ヶ峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:17 杉ヶ峰
12:46 芝草平
ワタスゲちゃん、会えてうれしい。
ベンチに座ってしばしのんびり。
ここは素通り出来ないオーラがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:46 芝草平
ワタスゲちゃん、会えてうれしい。
ベンチに座ってしばしのんびり。
ここは素通り出来ないオーラがあります。
3
なだらかに見えて、疲れた足にはジワジワ来る
屏風岳への登り。ゆっくり向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかに見えて、疲れた足にはジワジワ来る
屏風岳への登り。ゆっくり向かいます。
1
13:31 雲の中の屏風岳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:31 雲の中の屏風岳山頂
1
14:15 屏風から南屏風への道が一番眠かった!
歩きながら眠気に襲われるなんてびっくり。
南屏風山頂の大きな岩の上でコーヒータイム。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:15 屏風から南屏風への道が一番眠かった!
歩きながら眠気に襲われるなんてびっくり。
南屏風山頂の大きな岩の上でコーヒータイム。
2
雲海の先に吾妻の山々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海の先に吾妻の山々
5
だんだんと雲が晴れてきました!
お花畑の中、不忘山へ向かいます。
たのしぃ♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだんと雲が晴れてきました!
お花畑の中、不忘山へ向かいます。
たのしぃ♪
2
かっこいいですね〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かっこいいですね〜
5
15:10 不忘山山頂へ帰ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:10 不忘山山頂へ帰ってきました。
3
歩いた道を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いた道を振り返る。
2
5人家族です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5人家族です。
10
硯石への道は綺麗に刈り払いされていました。
関係者の皆様、ありがとうございます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硯石への道は綺麗に刈り払いされていました。
関係者の皆様、ありがとうございます。
1
大好きな森です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大好きな森です。
3
登山口から不忘山山頂までの角度が・・・(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から不忘山山頂までの角度が・・・(笑)
3
現在、折れた爪の治療中。
私が近づくと病院に連れて行かれると知っているので
めっちゃ警戒しています( ̄∀ ̄;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
現在、折れた爪の治療中。
私が近づくと病院に連れて行かれると知っているので
めっちゃ警戒しています( ̄∀ ̄;)
14

感想/記録
by waque

前回のレコで「次回の義理兄妹コラボ」の予定が有ると書きましたが、
実際は一緒に登山口まで行っただけでした(笑)
そしてレコをご覧頂くと「前回は予行練習だったんだなぁ」とお分かりいただけると思います。なんでナイトハイクを2回もするのかと疑問に思われていた方もおられたのではないでしょうか(^-^;)

今回、義理兄は硯石から面白山駅まで日帰りで歩くという長丁場。
登山口到着してすぐにスタートしてもらいました。
(無事にミッションクリア!chicken_manのレコもどーぞ)
私はゆっくり準備して義理兄から遅れること約10分。暗闇の中、車を降りました。
そこで聞こえた怪しげな音!写真の1枚目に長々と書きました、
あれが今回の一番ビックリでした(^〜^;)

義理兄と違い私はノープランの山歩き。
行ける所まで無理せずノンビリのつもりで歩き始めました。
でも夜明けの美しさですっかりテンションがあがり、どんどん足が進みます。
昨年夏からお山とはすっかり縁遠くなってしまい足も体もすくすくと横に育っておりましたのに、身の程知らずに歩いてしまい帰りはヘロヘロでした。
下山後は足がガクガクでしたが、素晴らしい一日でした。
ガクガクの足は温泉パワーでだいぶ楽になりました。

久しぶりの蔵王のお山、山の神様が「たまには遊びに来いよ」と
綺麗な景色を見せてくれたようです。
楽しかった〜。今度はいつ歩けるかな(-^□^-)
訪問者数:435人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/14
投稿数: 90
2016/7/27 19:58
 道を間違えた間抜けな義兄です
今回も車出してもらってありがとう、感謝します。
さらに刈田を越えて熊野近くまで、天気も良くてよかった良かった。
そのうち又、今度は荷物持ちで付いていきます。
登録日: 2012/10/9
投稿数: 558
2016/7/27 20:03
 これはお義兄さま
あらぬ方向からライトが近づいてきた時は、マジでビビリました(笑)
まぁ迷っていたご本人が一番大変だったでしょうけど。
偉業達成おめでとうございます。
レコを拝見して、私もいつか歩いてみたくなりました。
その時は硯石へのドライバーをお願いいたします。
ちなみに日帰りなんて絶対無理!!
八方平の小屋で一泊の予定です。
予定は未定ですけどね
登録日: 2010/5/10
投稿数: 2005
2016/7/27 21:20
 すごっ(;^ω^)!
夜中に歩くなんて到底真似できません
でもしっかりと雲海の上で夜明けを迎えられるこういう歩き方もあるんですね
waqueさんのブランクを感じさせない歩き方
義理の兄妹揃って何て○○なんでしょう〜
○○にはいろんな言葉が入ります、どうぞご自由に当てはめてください
楽しいと思えるというのは
いい歩き方ができたということですね
登録日: 2013/8/20
投稿数: 653
2016/7/28 6:06
 !!!!なんも言えないとは思いながらも
おそでのクイーンさまはどこへ消えたのかしら
でも早朝ではなくて、、丑三つ時の深夜発だから、
やっぱり超お袖振りかしら?

ところで疑問、チキンさんはほんとの義兄さま?
それとも偽兄、さもあることが気になるカイエでした(*_*;
登録日: 2012/10/9
投稿数: 558
2016/7/28 17:50
 meiken さんへ
こんにちは〜。
○○って何ですか〜?(笑)
懲りない、アホな、ですかね(^.^)
硯石の道は山頂へ真っ直ぐ明瞭に伸びているので、1人のナイトハイクも不安なく出来たのだと思います。
登山口に向かうドライブ中、どんどん雨が強くなり「またカッパ着て歩くのか〜」と2人でがっかりしていたのですが、まさかマサカ、あんな素晴らしいお天気になるとは!
いつでもどんなお天気でも緑の中を歩くとホッとしますが…やっぱり青空は最高ですね。
鍋宴会、北蔵王の八方平避難小屋も候補に入れて下さい( ^ω^ )
素敵な小屋ですよ〜♫
登録日: 2012/10/9
投稿数: 558
2016/7/28 18:15
 cahier41 さま
こんにちは。
コメントありがとうございます(^人^)
カイエ様は蝶ヶ岳に行って来られたのですね!
素晴らしいです!羨ましいです!
私もいつか行きたい山の一つです(((o(*゚▽゚*)o)))

お袖は変わらず遅出でございます〜。
今回も自宅を出るのをノンビリし過ぎて危うく義兄に置いていかれそうになりました^^;
ドライバーなのに置いていかれるって、どんだけノンビリなんじゃ!って思っちゃいません?(笑)
カイエ様のご期待?を裏切るようで心苦しいのですがチキンは続柄・義兄でございます。
私の姉の旦那さんがチキン氏です。

本音を言えば、素敵な殿方と夜明けの雲海を眺めて感動したいwaque ですが、運命の赤い糸は以前酔っ払って国分町の電柱に括り付けてしまったので今世のご縁は無さそうです^^;
疑問は解消されたでしょうか?
waque の呑んだくれ振りは、いつか機会が有りましたらご子息にお伺い下さい(記憶はないのですが随分ご迷惑をお掛けしたと思います(汗))
カイエ様、上高地の次は立山はいかがですか〜♫

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ