ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 922603 全員に公開 ハイキング奥武蔵

お散歩?奥武蔵 低山行

日程 2016年07月23日(土) [日帰り]
メンバー psyom
天候終始曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行:西部池袋線 高麗駅 着
帰:川越観光バス 福祉会館バス停発(東毛呂駅行 ¥100) - 東武越生線 東毛呂駅 着発
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間17分
休憩
1時間8分
合計
7時間25分
S高麗駅10:1510:34日和田山登山口駐車場10:3611:04金刀比羅神社11:1511:21日和田山11:2911:53高指山11:5812:44小瀬名富士12:4513:04北向地蔵13:0813:09愛宕山13:1013:20観音ヶ岳13:2713:31スカリ山13:3913:54エビガ坂13:5815:08鎌北湖第1駐車場15:2517:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
最初GPSが不調だったのか高麗から巾着田までが直線になってますが、修正はしていません。
コース状況/
危険箇所等
前日までの雨で泥濘多し 特に日和田山から物見山の間の道は粘土質の処が多いので滑りやすいです。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

お馴染み高麗駅、曇り空です。
2016年07月23日 10:09撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お馴染み高麗駅、曇り空です。
日和田山にはここを左へ
2016年07月23日 10:32撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日和田山にはここを左へ
金刀比羅神社の鳥居、ここで男坂と女坂に分かれます
2016年07月23日 10:41撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金刀比羅神社の鳥居、ここで男坂と女坂に分かれます
男坂登りきる手間で市街方面を
2016年07月23日 11:07撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男坂登りきる手間で市街方面を
2
金刀比羅神社から鳥居を挟んで市街地
2016年07月23日 11:19撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金刀比羅神社から鳥居を挟んで市街地
市街地2枚目
2016年07月23日 11:20撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市街地2枚目
1
社と鳥居の間の印象的な岩場
2016年07月23日 11:22撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
社と鳥居の間の印象的な岩場
もう一枚
2016年07月23日 11:23撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一枚
日和田山山頂です。結構キツカッた
2016年07月23日 11:22撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日和田山山頂です。結構キツカッた
3
物見山方面に下りるとこの岩場、独特ですね。
2016年07月23日 11:33撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
物見山方面に下りるとこの岩場、独特ですね。
3
高指山の電波塔
2016年07月23日 11:54撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高指山の電波塔
物見山に着きました。ぶれとる。
2016年07月23日 12:20撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
物見山に着きました。ぶれとる。
1
ちょっと休憩、頂上は広いものの、周りは草と木に覆われて見晴らしはゼロです。
2016年07月23日 12:37撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと休憩、頂上は広いものの、周りは草と木に覆われて見晴らしはゼロです。
頂上にあったユリ
2016年07月23日 12:39撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上にあったユリ
3
物見山から下りてきて林道とクロスしているところ。
左右の切込みが印象的
2016年07月23日 12:59撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
物見山から下りてきて林道とクロスしているところ。
左右の切込みが印象的
北向地蔵着
2016年07月23日 13:01撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北向地蔵着
1
北向地蔵から舗装された林道をちょっと上がった処
ここがスカリ山への入り口、桂木観音へも通じているらしい
2016年07月23日 13:15撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北向地蔵から舗装された林道をちょっと上がった処
ここがスカリ山への入り口、桂木観音へも通じているらしい
北向地蔵までの道とは趣変わって、かなりな山道
2016年07月23日 13:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北向地蔵までの道とは趣変わって、かなりな山道
1
詳細地図でないと載ってない観音ヶ岳
銘標がお手製
2016年07月23日 13:24撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
詳細地図でないと載ってない観音ヶ岳
銘標がお手製
2
分岐にあった、またお手製の指導票
2016年07月23日 13:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐にあった、またお手製の指導票
頂上手前の岩場、この画角は望遠レンズで撮っているせい
2016年07月23日 13:29撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上手前の岩場、この画角は望遠レンズで撮っているせい
スカリ山着。またお手製銘標
2016年07月23日 13:32撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スカリ山着。またお手製銘標
1
頂上からの眺め
2016年07月23日 13:33撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上からの眺め
下りは急の様
2016年07月23日 13:33撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは急の様
杉林アップ
2016年07月23日 13:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林アップ
1
毛呂方面かな
2016年07月23日 13:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛呂方面かな
さっきのよりは立派な銘標。でもこれも私製だよね。
2016年07月23日 13:42撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきのよりは立派な銘標。でもこれも私製だよね。
3
スカリ山から下ったあとにあった名無しピーク手前の岩場。
そのピークでトレランの団体さんとすれ違いました。
2016年07月23日 13:49撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スカリ山から下ったあとにあった名無しピーク手前の岩場。
そのピークでトレランの団体さんとすれ違いました。
1
エビガ坂手前の分岐、ここからは鎌北湖へ
2016年07月23日 13:55撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エビガ坂手前の分岐、ここからは鎌北湖へ
ここの道は細い上に草で覆われて少々厄介
2016年07月23日 14:11撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの道は細い上に草で覆われて少々厄介
山道はすぐに終わって、集落もある林道にでるんですが
そこは猫の里でもあった模様
2016年07月23日 14:36撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道はすぐに終わって、集落もある林道にでるんですが
そこは猫の里でもあった模様
2
我が物顔で道を占領してたくせに、こちらが近づくと逃げ出すんだよなぁ
2016年07月23日 14:36撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我が物顔で道を占領してたくせに、こちらが近づくと逃げ出すんだよなぁ
1
遠巻きに様子をうかがっている
2016年07月23日 14:37撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠巻きに様子をうかがっている
1
こいつがボスらしい、毛の手入れ全くしてないな
2016年07月23日 14:37撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こいつがボスらしい、毛の手入れ全くしてないな
1
草むらから出てきたから
2016年07月23日 14:39撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草むらから出てきたから
1
鎌北湖着
この日は釣り客でにぎわっている様子
2016年07月23日 15:05撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌北湖着
この日は釣り客でにぎわっている様子
1
いつもの管理棟
2016年07月23日 15:08撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの管理棟
ダムの上から大谷木川の水源を
2016年07月23日 15:14撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムの上から大谷木川の水源を
この状態で固まっていた。
最初に見つけたご夫婦はお風呂に入ってるみたいとの感想
2016年07月23日 15:53撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この状態で固まっていた。
最初に見つけたご夫婦はお風呂に入ってるみたいとの感想
3
今日の一枚目、イワツバメのペア
(図鑑を調べまくったけど自信なし、羽根の形がぽい)
2016年07月23日 16:15撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の一枚目、イワツバメのペア
(図鑑を調べまくったけど自信なし、羽根の形がぽい)
1
2枚目、カイツブリ
2016年07月23日 16:19撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2枚目、カイツブリ
不明:ヒタキの仲間の若鳥なのかな?
2016年07月23日 16:31撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不明:ヒタキの仲間の若鳥なのかな?
1
夕刻で暗いこともあり良くわかりません。
翼の根本の白い帯が特徴的なんですが
2016年07月23日 17:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕刻で暗いこともあり良くわかりません。
翼の根本の白い帯が特徴的なんですが
この子も良くわからん
くちばしの形からするとマシコかホオジロの仲間の様な気がするんですが
2016年07月23日 17:04撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この子も良くわからん
くちばしの形からするとマシコかホオジロの仲間の様な気がするんですが
あ、本日のゴールとなった毛呂の福祉会館前バス停です
2016年07月23日 17:42撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ、本日のゴールとなった毛呂の福祉会館前バス停です
2

感想/記録
by psyom

予算が厳しいときは近場です(先週もでしたが)。寝坊もできるしね。

というわけで、そういえば日和田山を男坂から登ったことはなかったなあと、日高三山+αで行ってきました。

■日和田山 男坂
日和田山は何度か訪れているもののいずれも物見山方面から登って、男坂以外のルート下りているもので、これが初チャレンジです。
鎖やロープが設置されている訳でもなく決して高い難度のものではないのですが、活動し始めであまり体も動かない状態なこともあり結構な汗をかかせてもらいました。
この日は半そでではチョットなかんじの涼しい陽気だったのですが、ここが一番汗をかいた場所になりました。

■日和田山〜北向地蔵
ここらは逆向きとはいえ経験のある道、穏やかなコースでもあるのでややすべりやすくなっていること以外はなにも問題ないのですが、一点この日昼食は高差山の少し先にある茶屋でとろうと考え用意してなかったのですがいざ入ったらあるのはインスタント麺のみですとの事。普段の昼食もインスタント麺のくせにここで妥協するのは抵抗があったのと行動食がそれなりにあることもありここでの昼食はパスしてしまいました。(お気楽コースとはいえ、あまりほめられた行動ではありません)

■北向地蔵〜スカリ山
地図上は破線になっているコースです。
確かに狭く、細かな木の根が多く、細かなアップダウンの多い決して歩きやすいとは言えない道でしたが、このルートを使ってトレラン大会が開かれた(る?)ようでサインボードやテープの指示が豊富に設置されていて、これらを頼ったおかげでそこそこ楽にこなせました。
そういえば団体さん含めやたらトレイルランナーとすれ違ったな。

■スカリ山〜鎌北湖
ここの山道はマイナールートになってしまっているらしく崖の両端が夏草に覆われてプチ藪漕ぎ状態、細い道なのに崖の端が分からないのでかなり緊張させられました。
鎌北湖では1件だけ営業している食事処で遅いお昼(ぶっかけうどん ¥700 辛みのつよい大根おろしがナイス)をいただきました。
そこでカメラをもっている自分を見たおかみさんが、ここら(鎌北湖周辺)ではサンコウチョウが見られるんですよと教えてくれました。
実はこの日のもう一つの目的として野鳥撮影もいれていたのですが鎌北湖まで歩いてきてノーカン状態。サンコウチョウなら逆転ホームランだなとも思ったのですが時刻は既に16:00近く、ゴールまではかなり距離もあるのでここは諦めました。

■ゴール
この日のゴールは東毛呂駅、ですが足が結構つらかったので停留所1つ分ですが手前でバスにのっちゃいました。







訪問者数:182人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ