ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 922610 全員に公開 ハイキング近畿

久斗山(蓮台山ーカサハ山ー久斗山ー濃於美山 周回)

日程 2016年07月23日(土) [日帰り]
メンバー so-tuff
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
姫路バイパス・播但道・北近畿豊岡自動車道 八鹿氷ノ山ICから国道312号を経て、
国道178号へ。佐津ICから余部道路を余部IC(終点)で下りて直ぐの市午橋を左折して長谷川を渡り、集落手前で左折して建設中の浜坂道路の高架を潜って、蓮台山登山口へ続くチェーンが張ってある林道の手前に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間25分
休憩
25分
合計
4時間50分
S林道起点 駐車地08:4509:05蓮台山登山口10:30蓮台山10:4011:15カサハ山11:2511:55久斗山12:0012:10濃於美山13:00久斗山三角点登り口13:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登りも下りも切り立った痩せ尾根が多く、滑落しないように足元に注意!
道は粘土質の所が多いので、スリップにも注意。チョキ(イノシシ?)のスリップ痕が多数あり。(笑)
連台山への登りでスズメバチに纏わりつかれました。服装の色にも注意。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

建設中の浜坂道路のガード下を潜ると、林道があります。
林道側の空きスペースに駐車しました。
土曜日でもダンプが通るので邪魔にならないように。
2016年07月23日 08:47撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
建設中の浜坂道路のガード下を潜ると、林道があります。
林道側の空きスペースに駐車しました。
土曜日でもダンプが通るので邪魔にならないように。
1
チェーンを跨いで林道を進みます。
2016年07月23日 08:47撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チェーンを跨いで林道を進みます。
1
既に陽は高いがそんなに暑くも無く、平坦な明るい道でウォーミングアップ。
2016年07月23日 08:56撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
既に陽は高いがそんなに暑くも無く、平坦な明るい道でウォーミングアップ。
右側の暗がりに登山口の標示あり。
駐車地から歩いて20分です。
2016年07月23日 09:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側の暗がりに登山口の標示あり。
駐車地から歩いて20分です。
1
小さな標示ですが、見落すことは無いと思います。
2016年07月23日 09:06撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな標示ですが、見落すことは無いと思います。
1
痩せ尾根の急登が続きます。
スズメバチの偵察部隊に付き纏われる。
白いシャツでよかった〜!
2016年07月23日 09:13撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根の急登が続きます。
スズメバチの偵察部隊に付き纏われる。
白いシャツでよかった〜!
お馴染みのKUYSさん手製のビューポイントの標示から見た、
蓮台山の北壁。
2016年07月23日 09:48撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お馴染みのKUYSさん手製のビューポイントの標示から見た、
蓮台山の北壁。
1
熊石。見た目が熊の様なのか?
2016年07月23日 10:18撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊石。見た目が熊の様なのか?
それともここに熊がいた事があるのか…
2016年07月23日 10:18撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それともここに熊がいた事があるのか…
肩位まである笹の中を歩きます。
日頃溜めこんだ余分な水分が噴きでてシャツはビショビショ。
2016年07月23日 10:23撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩位まである笹の中を歩きます。
日頃溜めこんだ余分な水分が噴きでてシャツはビショビショ。
蓮台山山頂。展望は有りません。
2016年07月23日 10:30撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮台山山頂。展望は有りません。
1
KUYSさんの標示はとても気が効いている。
2016年07月23日 10:30撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
KUYSさんの標示はとても気が効いている。
1
ネジネジの木。何があったのか…
残念ながら倒れてしまっている。
2016年07月23日 10:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネジネジの木。何があったのか…
残念ながら倒れてしまっている。
1
展望処の標示から見た氷ノ山方面。
2016年07月23日 10:46撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望処の標示から見た氷ノ山方面。
1
折り重なる倒木を「直進せよ」とテープが…
揺れる事も無く乗り越えられました。
ちょっとしたアトラクション。巻き道もあります。
2016年07月23日 10:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折り重なる倒木を「直進せよ」とテープが…
揺れる事も無く乗り越えられました。
ちょっとしたアトラクション。巻き道もあります。
樹間から蓮台山を振り返る。
2016年07月23日 11:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から蓮台山を振り返る。
カサハ山山頂。KUYSさんが椅子を置いてくれている。
折角なので暫し休憩。
2016年07月23日 11:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カサハ山山頂。KUYSさんが椅子を置いてくれている。
折角なので暫し休憩。
2
「ブーン」という音に驚いて振り返ると雌のクワガタだった…
驚かすなよ〜。
2016年07月23日 11:20撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ブーン」という音に驚いて振り返ると雌のクワガタだった…
驚かすなよ〜。
展望所より氷ノ山方面の展望?
2016年07月23日 11:47撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望所より氷ノ山方面の展望?
1
蘇武岳方面?
分からなくなってきた…
2016年07月23日 11:48撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蘇武岳方面?
分からなくなってきた…
1
樹間から見えた余部鉄橋。
2016年07月23日 11:53撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から見えた余部鉄橋。
1
久斗山三角点。
2016年07月23日 11:56撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久斗山三角点。
1
「クマ!」??
気を付けろという意味なのか?
2016年07月23日 12:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「クマ!」??
気を付けろという意味なのか?
濃於美山。
少し手前に北向きの下山尾根があります。
2016年07月23日 12:11撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濃於美山。
少し手前に北向きの下山尾根があります。
この尾根も細く結構な急坂です。
2回程転びました…
2016年07月23日 12:38撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根も細く結構な急坂です。
2回程転びました…
小屋が見えてきたと思ったら、
2016年07月23日 12:57撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋が見えてきたと思ったら、
林道に出た。
2016年07月23日 12:58撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出た。
1
眩しいくらい青々とした水田。
2016年07月23日 12:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眩しいくらい青々とした水田。
1
久斗山を振り返る。
清々しい風景。
2016年07月23日 13:00撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久斗山を振り返る。
清々しい風景。
1
トンネル手前に噴き出る用水路で手足を洗う。
下山路で2回尻餅をつきかけたので、泥まみれ。
靴底は粘土で埋まっていた。
2016年07月23日 13:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネル手前に噴き出る用水路で手足を洗う。
下山路で2回尻餅をつきかけたので、泥まみれ。
靴底は粘土で埋まっていた。
1
国道に出ました。
川を渡らずに手前の道を行くと、ショートカットできると思う。
2016年07月23日 13:15撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道に出ました。
川を渡らずに手前の道を行くと、ショートカットできると思う。
1
市午橋。
2016年07月23日 13:21撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市午橋。
1
沿道に咲く花。
2016年07月23日 13:22撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沿道に咲く花。
沿道に咲く花2
2016年07月23日 13:26撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沿道に咲く花2
1
駐車地に戻って来ました。
2016年07月23日 13:32撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車地に戻って来ました。
1
集落より余部鉄橋を望む。
2016年07月23日 13:42撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集落より余部鉄橋を望む。
撮影機材:

感想/記録

早朝に起きて用意をしていると、寝ていた母を起こしてしまった。
その母が、「夕方6時半頃に高砂に送ってな。」
「ああ、分かった」と生返事。
そそくさと家を出て車を走らせながら、ふと考える。
往復5時間以上の道程と5時間の山行…
「間に合うかなぁ」
案外早く着いたが猶予は無い。
林道を歩きながらストレッチ。
2時間半のアクセルワークで右足の脛が攣り始める。
水分を多めに摂って、噴き出る汗に追い打ちをかける。
標高が上がるたびに幾分涼しさを感じるが、体の熱量を取ってくれる訳ではない。
沢があったら頭から水を浴びたいと思うが、今回は終始尾根歩きだ…
KUYSさんの案内標示で時折展望を楽しみながら、先へ進む。
殆ど自然林の久斗山は切り立った痩せ尾根が多く、
自分に欠けている「慎重さ」を養ってくれた。
海の方にも行ってみたかったが時間が無いので
また次回のお楽しみに。
訪問者数:129人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ