ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 922661 全員に公開 トレイルラン富士・御坂

第69回富士登山競走(山頂コース五合目打ち切り)

日程 2016年07月22日(金) [日帰り]
メンバー hankypanky
天候<富士吉田市役所>
天気:雨
気温:17度くらい
風:ほぼ無風

山頂は、大会本部発表で朝6時現在の気温が5度とのことだった(気象庁の記録だと3.8度)。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・鐘山グラウンドに前夜9時30分頃到着、車中泊
・翌朝3時50分頃起床。
・5時半くらいにシャトルバス乗り場に行ったら50人くらいの行列…。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.2〜0.3(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
中の茶屋 38分 2分短縮(昨年比)
馬返し  64分 4分短縮(昨年比)
5合目  123分 7分短縮(昨年比)
コース状況/
危険箇所等
・馬返しからは渋滞。周りが皆歩くので、追い越しはあまりできない。
・今回のペースでは、ロードに出る手前、佐藤小屋手前の渋滞スポットで立ち止まることはなかった(超ノロノロペース)。
その他周辺情報・スタート会場すぐそばにコンビニ(セブン)あり。
・アミノバイタルパーフェクトエネルギー、アミノバイタルゴールドの無償配布があった。
・サロモンのブースで先着でリストバンドを配っていたらしい…。

・下山後は、河口湖IC近くのふじやま温泉に行った(大人・平日1400円)
・吉田うどんは、道の駅富士吉田と玉喜亭の二か所で食す。どちらも国道138号沿いで分かりやすい。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アディダス Takumi Ren サロモン Sence Ultra パタゴニア 化繊Tシャツ ファイントラック パワーメッシュT ノースフェイス フライウェイトレーシングショート オンヨネ ブレステックPP トランクス ノースフェイス アルファドライ バイザー ノースフェイス スピードスター フーディ(未使用) ファイントラック エバーブレス フォトン パンツ(未使用) Skins A400カーフタイツ ファイントラック アクティブスキン アームカバー アクシーズクイン ライトシェルウォータープルーフグローブ(未使用) Buff ネックゲイター CEP ショートソックス スント アンビット
備考 ハニースティンガー 1個
ショッツ 4個 ▲2個
ベスパ 2個
アミノバイタルゴールド 4個
塩熱サプリ 1/2袋

写真

Bブロックの最前列付近に陣取る!
2016年07月22日 06:47撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Bブロックの最前列付近に陣取る!
何の盛り上がりもないゴール
2016年07月22日 09:04撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何の盛り上がりもないゴール
撮影機材:

感想/記録

過去2回惨敗を喫した富士登山競走に、今年も挑みました。
しかしながら、悪天候のため無念の5合目打ち切りとなり、リベンジは来年に持ち越されました。

今回はコンディショニングから上手くいかず、前日から喉が痛み、当日も喉の痛みに加えてダルさが。念のため風邪薬を飲んで臨む始末…。

朝食はおにぎり3個とバナナ1個。アクエリアスをちびちび小一時間かけて1本飲み、バスに乗る直前にウィダーインゼリーを1本。

天気は予報どおりの雨でしたが、山頂まで行く前提で準備し、会場入り。
しかし無情にも荷物を預けた後に五合目打ち切りのアナウンス。
5合目ゴールなら、ジェルも減らしたし、上下のレインウェアも持って行かなかったのに…。
こういう時、知り合いが応援とかに来ていたら要らない荷物預けられるのに…。

気持ちを切り替えて、スタート30分前に会場でタダでもらったアミノバイタルパーフェクトエネルギーとアミノバイタルゴールドを摂取。

スタート後、脚に疲労が残っている感じはなく、また周りのハイペースに飲まれることなく、4分30〜40秒ペースで入り、富士みちに入ると5分10秒くらいのペースに落ちつきました。

中の茶屋のエイドで、ジェルを一つ摂取。特にエネルギー不足を感じていたわけではありませんでしたが、まあ、2時間のレースなので摂っておいたほうがいいだろうということで。

ここから傾斜がキツくなり、若干胃が重たい感じになりましたが、今回はロード区間は絶対歩かないと思っていたので、馬返し直前のキツイ傾斜も何とか登り切り、1時間4分で到着。

しかしここで何をトチ狂ったのか、ジェルをもう一個食べたい気になって、2個目のジェルを投入。そしてエイドの梅干を投入。これが凶。

トレイル区間に入って早々にムカムカきて、そのまま嘔吐。幸いにも吐いたのは直前に取ったジェルと梅干だけで済みましたが、その後はしばらくムカムカが続き、この区間で歩いている人らをごぼう抜きしてやるプランが破綻。
さらにレースでも練習でも全然出ていなかった脚の痙攣が始まり、左右ふくらはぎから左の大腿内側まで痙攣の波が襲ってきました。

3合目のエイドでアクエリアスを飲んだら痙攣と胸のムカつきは少し楽になりましたが、しばらくすると再び痙攣の波が来て、結局最後まで続きました。

最終的には前回よりも5合目タイムを短縮できましたが、おそらく山頂まで行っていたら、痙攣かガス欠でDNFになっていたでしょう…。

全く達成感のないレースでしたが、昨年同様、砂礫から岩場、ロードからトレイル、坂から平坦等、コース状況が変わると痙攣が起きやすいことは確かなので、そのへんを何か対策を考えつつ、また一年、登坂の日々を過ごします。
訪問者数:224人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ