ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 922796 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

鷹ノ巣山★ガスの切れ間に瞬間雲海

日程 2016年07月23日(土) [日帰り]
メンバー WeeklyClim
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:奥多摩駅〜東日原バス停(満員 半数以上は川苔山下車)
帰り:水根バス停〜奥多摩駅(最初ガラガラ 途中から乗車多数)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間36分
休憩
44分
合計
6時間20分
S東日原バス停08:5909:05中日原バス停09:0609:32稲村岩09:49稲村岩の鞍部09:5811:20ヒルメシクイノタワ11:49鷹ノ巣山12:1812:38水根山(金佐ノ頭)12:58城山(奥多摩町)13:04カラ沢ノ頭13:0513:16将門馬場(馬責場)13:35六ッ石山分岐13:40六ツ石山13:4314:03トオノクボ15:18水根バス停15:1915:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

川苔山登山口で大勢降りましたが私は東日原へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔山登山口で大勢降りましたが私は東日原へ
1
初めての東日原バス停より ずいぶん山奥に来た感じです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めての東日原バス停より ずいぶん山奥に来た感じです
鍾乳洞方向へ歩いて行くともっこり盛り上がった稲村岩が見てきました 電柱の左に川に下る道がありそこが登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍾乳洞方向へ歩いて行くともっこり盛り上がった稲村岩が見てきました 電柱の左に川に下る道がありそこが登山口
1
下り始めてすぐに目立つ花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り始めてすぐに目立つ花
2
日原川にかかる巳の戸橋を渡ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日原川にかかる巳の戸橋を渡ります
橋より上流側 美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋より上流側 美しい
3
橋を渡ってここから登りの開始
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ってここから登りの開始
露岩の多い狭い急な道です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
露岩の多い狭い急な道です
お、良い雰囲気になってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、良い雰囲気になってきました
思わず写したくなりますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思わず写したくなりますね
2
棒ノ折山の名栗湖からのコースと感じが似ていますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ折山の名栗湖からのコースと感じが似ていますね
1
苔むした木橋 でもこれは渡りません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むした木橋 でもこれは渡りません
1
沢沿いから離れて山腹を巻く道となり・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いから離れて山腹を巻く道となり・・
尾根に出る直前です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出る直前です
やっとバス停から見上げた稲村岩直下まできました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとバス停から見上げた稲村岩直下まできました
1
こちらが稲村岩 でも今日は登りません 先がきつそうなので・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが稲村岩 でも今日は登りません 先がきつそうなので・・
1
鷹ノ巣山方向へ こちらもいきなり急
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山方向へ こちらもいきなり急
尾根歩きは自然林で樹相豊かです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根歩きは自然林で樹相豊かです
大好きな雰囲気ですが急な登りがずっと続くのでだんだん余裕がなくなってきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大好きな雰囲気ですが急な登りがずっと続くのでだんだん余裕がなくなってきます
1
ガスが晴れずずっとこんな感じの中の歩き 暑くないのは嬉しいがそれでも大汗かいています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが晴れずずっとこんな感じの中の歩き 暑くないのは嬉しいがそれでも大汗かいています
1
癒しの空間なんですが足が重くなってきた・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒しの空間なんですが足が重くなってきた・・
時々頭上に青空が見え始めました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々頭上に青空が見え始めました
1
強い日が当たると一気に明るい雰囲気に一変
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強い日が当たると一気に明るい雰囲気に一変
2
北側尾根も少し見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側尾根も少し見えます
1
ここがヒルメイクイノタワか この尾根唯一の平坦部位
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここがヒルメイクイノタワか この尾根唯一の平坦部位
少し下りで一息つきます 標高1550m付近
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下りで一息つきます 標高1550m付近
平坦はすぐに終わりここから最後の登りですがダメ押し的にきつかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦はすぐに終わりここから最後の登りですがダメ押し的にきつかった
山頂直前になってこの尾根初めてのピンクテープ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直前になってこの尾根初めてのピンクテープ
北側の山 雲が流れています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の山 雲が流れています
やっと見えた山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと見えた山頂
1
でも真っ白の予感・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも真っ白の予感・・
1
奥多摩湖方向ですがやっぱり真っ白 がっかり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩湖方向ですがやっぱり真っ白 がっかり
北側上空だけ晴れ間が見えますが・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側上空だけ晴れ間が見えますが・・
2
石尾根東側は雲の中 それにしてもトンボの大群がすごい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根東側は雲の中 それにしてもトンボの大群がすごい
おや 南側に少し晴れ間が・・期待感で待つ・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おや 南側に少し晴れ間が・・期待感で待つ・・
雲海が見えてきた! かならずトンボも一緒に写ります それにしても中央奥の雲上の山はどこかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海が見えてきた! かならずトンボも一緒に写ります それにしても中央奥の雲上の山はどこかな?
3
でもすぐに隠れてしまいました 残念
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもすぐに隠れてしまいました 残念
石尾根を東に下りますが・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根を東に下りますが・・
振り返ると真上だけが晴れています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると真上だけが晴れています
下り始めてすぐ 花弁が細い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り始めてすぐ 花弁が細い
1
野ばらかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野ばらかな?
1
アザミのこの色は今の時期貴重だ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アザミのこの色は今の時期貴重だ
?と思ったが・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
?と思ったが・・
3
こうなって・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうなって・・
1
こうなるようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうなるようです
3
これも多かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも多かった
1
城山手前で「主」発見
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城山手前で「主」発見
1
ガスに強い光が当たって光の輪 虹にはならなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスに強い光が当たって光の輪 虹にはならなかった
1
心休まる高原の雰囲気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心休まる高原の雰囲気
城山通過です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城山通過です
道標が下に傾いているのはここから急な下りになるからでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標が下に傾いているのはここから急な下りになるからでした
下り終わって尾根上に目立っていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り終わって尾根上に目立っていました
だんだん足が疲れてきてやっと六ツ石山への分岐です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん足が疲れてきてやっと六ツ石山への分岐です
近いけど遠い・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近いけど遠い・・
やれやれ 今日の登りは全て終わった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やれやれ 今日の登りは全て終わった
1
最初は軽快な尾根の下り それにしてもマルバダケブキが多いです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は軽快な尾根の下り それにしてもマルバダケブキが多いです
葉っぱがでかい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葉っぱがでかい
下るほどガスが濃くなりここから悪路の始まり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下るほどガスが濃くなりここから悪路の始まり
急でザレてとにかく歩き難い道が延々と続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急でザレてとにかく歩き難い道が延々と続きます
おもわずびっくりのどぎつい色のきのこ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おもわずびっくりのどぎつい色のきのこ
1
祠がありましたがお賽銭があふれていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠がありましたがお賽銭があふれていました
白ペンキは登山道ではありません ハイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ペンキは登山道ではありません ハイ
足への負担がかなり大きい下りが続きすぎる・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足への負担がかなり大きい下りが続きすぎる・・
1
なにやら神社?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なにやら神社?
1
下りきる直前に出迎えの花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りきる直前に出迎えの花
2
ここで山は終わりです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで山は終わりです
やっと奥多摩湖が見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと奥多摩湖が見えました
5

感想/記録

前回に続き奥多摩へ

電車から見ると山々はガスにまかれて全然見えなかったが、奥多摩駅を出るとバス停にはいつものように長い列。東日原行は定時より早く一台出発し、トイレに行っていたためそれには乗れなかったので定刻の8:35分発に乗車、満員でした。

稲村岩尾根はGPSの記録によると勾配約30%で、とにかく一本調子で登りが続きます。標高差は橋から山頂まで約1200mなので丹沢塔ノ岳と同じくらいですが、距離は4劼播礇粒戮7劼茲蠱擦ぁ△弔泙蟲泙箸いΔ海箸如⊆尊歸个辰心兇犬發海舛蕕諒がきついですね。

鷹ノ巣山山頂からの眺望がダメだったのは残念でしたが、稲村岩尾根と石尾根のみごとな木々は山歩きの醍醐味であり楽しみでもある癒しの時間でした。

ところが下山に使った六つ石山からの尾根はヒノキの植林帯ですが、とにかく歩き難く足の筋肉は緊張しっぱなしで、下の方は赤土が湿ってずるずる滑るところもあり、訓練モードの下山となりました。下り切ったところでは足の筋肉の疲労をいつもより強く感じました。
奥多摩駅まで石尾根を下ろうかとも思っていましたが、もしかしてそちらの方がよかったかな?

訪問者数:245人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ