ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 922824 全員に公開 ハイキング奥秩父

霧と狐の大菩薩嶺

日程 2016年07月23日(土) [日帰り]
メンバー mau1228juusinn005, その他メンバー3人
天候下界は晴れ 山は霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上日川峠市営駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間59分
休憩
1時間0分
合計
4時間59分
S上日川峠09:3009:57福ちゃん荘10:50雷岩11:0211:11大菩薩嶺11:18雷岩11:29神部岩11:46賽ノ河原11:51親不知ノ頭12:3212:43大菩薩峠12:4513:03熊沢山13:14石丸峠13:44林道出合13:4914:06小屋平バス停(石丸峠入口)14:29上日川峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
上日川峠    9:30
福ちゃん荘   9:57
雷岩     10:50ー11:02
大菩薩嶺   11:11
雷岩     11:18
神戸岩    11:29
賽ノ河原   11:46
親不知ノ頭  11:51ー12:32
大菩薩峠   12:43ー12:45
熊沢山    13:03
石丸峠    13:14
林道出合   13:44ー13:49
小屋平バス停 14:06
上日川峠   14:29
休憩
雷岩   12分
親不知ノ頭41分
大菩薩峠  2分
林道出合  5分
計    60分(1時間)
コース状況/
危険箇所等
登山届はヤマレコから提出
上日川峠〜福ちゃん荘
整備された登山道、危険なところはない。
福ちゃん荘〜雷岩
前半は整備された登山道、樹林帯を抜けてからは石がゴロゴロした登山道。
登りでは危険ではないが、下りでは浮石に注意。
雷岩〜大菩薩嶺
整備された登山道、危険なところはないが、前日の雨で泥濘、水たまりあり。
雷岩〜大菩薩峠
整備された登山道、賽ノ河原手前の岩場の下りは少し注意が必要。
それ以外は危険なところはない。
大菩薩峠〜石丸峠
熊沢山への登りは一部木の根や泥濘に注意。
石丸峠への下りも一部滑りやすいところがあった。
石丸峠〜上日川峠
前半で崩落地を通過する、注意が必要。
樹林帯の中の下りは、多少滑りやすいところや木の根に注意が必要なところ
がある。
小屋平から先は、沢の渡渉が2、3回ある。
最初の沢への道はテープに注意する必要あり、直進するのは間違い。
テープに従い左折すると階段と渡渉地点に着く。

前半は問題ないが、後半の下りでは土の地面が湿って滑りやすい箇所が
多々あったので注意が必要。
その他周辺情報やまと天目山温泉 ¥510(3時間)
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 タオル ストック カメラ レスキューシート スパッツ 膝サポーター 虫除けスプレー

写真

予定より30分ほど早く上日川峠を出発。
2016年07月23日 09:30撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定より30分ほど早く上日川峠を出発。
1
初参加のF先輩とレギュラーのH先輩、福ちゃん荘にて。
2016年07月23日 09:57撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初参加のF先輩とレギュラーのH先輩、福ちゃん荘にて。
8
雷岩に到着した、霧で下界は見えない。
2016年07月23日 10:50撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷岩に到着した、霧で下界は見えない。
1
雷岩、霧が侵食中。
2016年07月23日 10:50撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷岩、霧が侵食中。
1
上空はこんな感じだが、寒くはない。
2016年07月23日 10:57撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上空はこんな感じだが、寒くはない。
1
休憩終わり、山頂へ向かう。
2016年07月23日 11:02撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩終わり、山頂へ向かう。
1
大菩薩嶺山頂、F先輩、S君、H先輩。
2016年07月23日 11:11撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺山頂、F先輩、S君、H先輩。
10
雷岩に戻る。
2016年07月23日 11:18撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷岩に戻る。
1
狐!?、最初は霧の中で犬が歩いているのかと思った。
2016年07月23日 11:22撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狐!?、最初は霧の中で犬が歩いているのかと思った。
14
人を気にせず、悠々と立ち去った。
2016年07月23日 11:22撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人を気にせず、悠々と立ち去った。
5
稜線直下はガスガス。
2016年07月23日 11:22撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線直下はガスガス。
1
コウリンカという花らしい。
2016年07月23日 11:27撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コウリンカという花らしい。
2
記念撮影に興じるS君とF先輩。
2016年07月23日 11:27撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念撮影に興じるS君とF先輩。
2
神戸岩付近で記念撮影。
2016年07月23日 11:28撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神戸岩付近で記念撮影。
9
神戸岩を通過。
2016年07月23日 11:29撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神戸岩を通過。
1
ガスで稜線が隠れる。
2016年07月23日 11:29撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスで稜線が隠れる。
1
マルバダケブキ
2016年07月23日 11:34撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マルバダケブキ
1
霧が駆け上ってくる。
2016年07月23日 11:35撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧が駆け上ってくる。
3
なかなか、快晴の大菩薩嶺には当たらないが、
2016年07月23日 11:37撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか、快晴の大菩薩嶺には当たらないが、
1
これはこれで風情がある。
2016年07月23日 11:38撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはこれで風情がある。
3
一瞬、南アルプス方向が頭だけ見えた。
2016年07月23日 11:39撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬、南アルプス方向が頭だけ見えた。
1
賽の河原を通過。
2016年07月23日 11:46撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽の河原を通過。
1
後ろは妙見ノ頭。
2016年07月23日 11:46撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろは妙見ノ頭。
3
親不知ノ頭
2016年07月23日 11:51撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親不知ノ頭
1
大菩薩湖は見えている。
2016年07月23日 11:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩湖は見えている。
1
眺めも良いのでここで昼食休憩に。
2016年07月23日 11:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺めも良いのでここで昼食休憩に。
2
眼下に大菩薩峠。
2016年07月23日 11:56撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に大菩薩峠。
2
山でこういうのを食べたかった。
2016年07月23日 11:58撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山でこういうのを食べたかった。
8
大菩薩湖、光の具合で色が綺麗だった。
2016年07月23日 12:03撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩湖、光の具合で色が綺麗だった。
3
次は和風ツナマヨ。
2016年07月23日 12:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は和風ツナマヨ。
4
デザートはこれ。
2016年07月23日 12:08撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デザートはこれ。
4
こだわり極みプリン
2016年07月23日 12:08撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こだわり極みプリン
4
蓋を剥がすときが危険だ。
2016年07月23日 12:10撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓋を剥がすときが危険だ。
4
皆にコーヒーを振る舞う準備をしているS君。
2016年07月23日 12:19撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆にコーヒーを振る舞う準備をしているS君。
3
F先輩からコーヒーを頂く。
2016年07月23日 12:21撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F先輩からコーヒーを頂く。
2
H先輩が飲んでいるのはカップヌードルのスープではない。
2016年07月23日 12:23撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
H先輩が飲んでいるのはカップヌードルのスープではない。
4
ガスに峠が隠されるころ出発。
2016年07月23日 12:32撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスに峠が隠されるころ出発。
1
大菩薩峠に到着。
2016年07月23日 12:43撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩峠に到着。
4
大菩薩峠で記念撮影。
2016年07月23日 12:45撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩峠で記念撮影。
11
熊沢山を通過。
2016年07月23日 13:03撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊沢山を通過。
1
石丸峠もガスの中、上日川峠へ戻る。
2016年07月23日 13:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石丸峠もガスの中、上日川峠へ戻る。
樹林帯の一部が開けて、小金沢連嶺が臨める。
2016年07月23日 13:38撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯の一部が開けて、小金沢連嶺が臨める。
3
ノアザミだろう。
2016年07月23日 13:44撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノアザミだろう。
1
林道出合いで休憩中、大菩薩湖が近い。
2016年07月23日 13:46撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道出合いで休憩中、大菩薩湖が近い。
4
雲が凄いな。
2016年07月23日 13:46撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が凄いな。
1
なぜか石灯籠のように積まれている。
2016年07月23日 13:49撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぜか石灯籠のように積まれている。
小屋平バス停を通過。
2016年07月23日 14:06撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋平バス停を通過。
上日川峠に帰還。
2016年07月23日 14:29撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上日川峠に帰還。
1
帰還後の記念撮影、F先輩とS君。
2016年07月23日 14:29撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰還後の記念撮影、F先輩とS君。
5
温泉はやまと天目山温泉へ。
2016年07月23日 15:18撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉はやまと天目山温泉へ。
7
撮影機材:

感想/記録

会社の先輩達との山行も今回で5回目となった。
S大先輩とO先輩が所要のため欠席となるが、新メンバーとしてF先輩とS君が
参加し大菩薩嶺へ。

会社の最寄り駅で集合後、中央道のPAでH先輩が合流し、mau1228さんの車で
一路上日川峠に向かった。
到着後、体調がすぐれないmau1228さんは大事を取って残ることになり、
4名で山頂に向かう。

福ちゃん荘からは予定通り唐松尾根を登る。
上日川峠では晴れていたが、登りが本格的になるころから、霧になり、幻想的な
樹林帯を登っていく。
気温がそれほど高くないのと、霧の中のせいか思ったよりも楽に登れる。
樹林帯を抜けても景色がないのは少々残念ではあるが、順調に雷岩に到着。

丁度2,000Mぐらいの高さにガスが出ていて、眼下の風景も周りの山も見えない。
一本休憩を取ってまずは大菩薩嶺の山頂を踏みに行く。
山頂で記念撮影後、すぐに雷岩に取って返し大菩薩峠へ向かう。
ガスの中を歩いていると、前方に犬がいるようだ。
が、ガスが切れると犬だと思ったのは狐だった。
狐は人に慣れているのか、全然人を恐れずに悠々とあるいて立ち去っていった。
珍しい物が見れたと、内心喜びながら先へ進み親不知ノ頭へ。

丁度時間も頃合いなのと、眼下に大菩薩湖や大菩薩峠が見えて景色が良いので
昼食に。
昼食後、S君が話題の「ポケモンGo」を起動してみると、ここでもポケモンが
現れたので少し驚く。

休憩を終えたので大菩薩峠へ進み記念撮影をする。
その後は少し雰囲気が奥秩父っぽい熊沢山を越えて石丸峠へ。
石丸峠への下り道が良い雰囲気なのでぜひ皆にも楽しんで貰いたかったのだが
ガスで見えない。

峠到着後はそのまま上日川峠へ下山開始。
前回来た時よりも崩落地の崩落が進んでいたのが気がかりだ。
樹林帯に入り、緩やかに下り原小屋平へ到着。
前回ソロで来た時は、甲斐大和駅行きのバスの時間が間近で打ち切ったため
この先は初めて歩く。
最初の沢の渡渉前に、道を間違えたがすぐにリカバーする。
緩やかに登り返す道を30分ほど歩いて無事帰還。
mau1228さんの体調も回復したようなので、予定通りやまと天目山温泉に向か
い汗を流した後帰宅した。

今年2回めの大菩薩嶺だったが、今回も眺望等には恵まれなかった。
だが、新メンバーに楽しんでもらえたのと、色々とアクシデントはあったけれど
無事に終了したので良かったと思う。
訪問者数:285人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/10/28
投稿数: 754
2016/7/24 2:45
 キツネ!@_@;
juusinn005さん、こんばんは!

今回はお仲間の皆さんとの大菩薩嶺でしたか(^^
昨日はそう、下界は晴れて意外と涼しかったですが、お山の方は…、
ガスっていたんですね

狐が!・・・これは雷岩の辺りでしょうか?
人が沢山いるのにも関わらず、なんとも堂々とした…よほど人に慣れているのでしょうか

狐には会わなくて良いですが 、今年も絶景に会いに大菩薩嶺に行きたくなってきました

お疲れ様でした!
登録日: 2014/12/7
投稿数: 247
2016/7/24 12:32
 Re: キツネ!@_@;
itadakipinkさん、こんにちわ。

当初は、北横岳を予定していましたが、時間的にキツイので大菩薩嶺に
変更になりました。
ガスなのでどうかなぁ、とか思いましたが、今回のメンバーは楽しんで
もらえたようなので結果オーライです

狐は、雷岩周辺です。
最初はガスっていたので、誰かが犬を連れてきたのかと思いましたが、
近づいてみれば狐でした
人に餌をもらったことがあるのでは、と思わせるほど警戒心がない
良いサプライズになりました

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ