ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 922865 全員に公開 ハイキング丹沢

寄〜檜岳〜鍋割峠〜寄

日程 2016年07月23日(土) [日帰り]
メンバー LE21
天候下:曇り
上:曇り時々雨 ガス濃い
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:新松田7:55発 空席あり
帰り:寄14:20発 空席あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
寄沢は水量多し。
檜岳直登ルート下部で蛭に遭遇。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ 靴下 グローブ 昼ご飯 飲料 地図(地形図) 保険証 携帯 時計 タオル 蛭忌避剤

写真

濃いガスがお出迎え。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濃いガスがお出迎え。
一般道にて崩落あり。
こんなところで崩落しているとは思わなんだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一般道にて崩落あり。
こんなところで崩落しているとは思わなんだ。
セミの抜け殻はあっちこちに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セミの抜け殻はあっちこちに。
1
行き止まり方面に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行き止まり方面に入ります。
直登ルート下部はこんな感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直登ルート下部はこんな感じ。
道を塞ぐように張られた蜘蛛の巣。
壊すのがしのびなかったので脇を巻きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道を塞ぐように張られた蜘蛛の巣。
壊すのがしのびなかったので脇を巻きました。
1
ツルタケ?
タマゴテングタケモドキ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルタケ?
タマゴテングタケモドキ?
1
登りきったところ。
かなりガスってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りきったところ。
かなりガスってます。
古びた道標に出てきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古びた道標に出てきます。
イチゴ発見。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イチゴ発見。
檜岳到着。
ベンチで休もうと思ったら、まさかの先行者。
お互いびっくりしつつも軽く挨拶し出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜岳到着。
ベンチで休もうと思ったら、まさかの先行者。
お互いびっくりしつつも軽く挨拶し出発。
2
ヌメリイグチ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌメリイグチ?
タマゴタケ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タマゴタケ?
雨山到着。
相変わらずガスが濃い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山到着。
相変わらずガスが濃い。
目玉が無いからギンリョウソウモドキかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目玉が無いからギンリョウソウモドキかな?
1
雨山峠到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山峠到着。
テーブルは濡れていて使う気にならず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テーブルは濡れていて使う気にならず。
ヒラタケ?
ツキヨタケ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒラタケ?
ツキヨタケ?
どことなく涼しげなホタルブクロ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どことなく涼しげなホタルブクロ。
1
天気微妙だけど降りてみよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気微妙だけど降りてみよう。
サンゴハリタケ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンゴハリタケ?
1
ホウキタケ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホウキタケ?
1
これもヌメリイグチ?
写真うまくとれなかったけど、15cmくらいあったかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもヌメリイグチ?
写真うまくとれなかったけど、15cmくらいあったかな。
1
タマゴタケ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タマゴタケ?
1
出てきたばかりのタマゴタケ。
隣はシカさんにでも食べられた?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出てきたばかりのタマゴタケ。
隣はシカさんにでも食べられた?
2
こっちはそろそろ出てくる気配。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちはそろそろ出てくる気配。
2

感想/記録
by LE21

天気予報は晴天。夏にしては気温も低めということでお出かけ決定。
短時間で回れるコースをと思い。以前より気になっていた檜岳直登ルートと、鍋割山稜西部の長い鎖場を登ってみようと思い今回のコースを決定。
ところがいざ寄バス停を降りると、そこには曇天&濃いガスに覆われる山々が。

道標に従い檜岳直登ルートに取り付き登り始めるも、下部は雑草濃く、蛭忌避剤を塗り忘れたことに気付いて足元を見ると、既に左右の足に蛭が1匹ずつ。
慌てて蛭忌避剤を発射し、蛭が弱ったところで枝で弾き飛ばし事なきを得る。
靴には入念に蛭忌避剤を掛けて再度歩き出すも、しばらくすると靴の先端に蛭が・・・
どうやら下草の露で蛭忌避剤が薄められてしまった模様で、再度蛭忌避剤を発射。
その後は蛭に取り付かれることもなく、無事檜岳山頂に到着。ここで小休止と思いきや、まさかの先行者休憩中。挨拶をしてそのまま出発。

その後は順調に雨山から雨山峠を経て鍋割山稜へ。雨山峠に降る途中の階段が若干滑りやすいものの、特段危険個所はなし。

鍋割山稜の鎖場は、いざ登ってみると案外簡単。鎖を使わずとも特段問題なく登れてしまった。降りは妙に滑るような感じがしたのに、登りでは滑る感じも特になし。

今回一番難しかったのが鍋割峠からの下降。寄コシバ沢上部から水流があったために沢上のルートで歩ける個所が制限されていたうえ、水にぬれた岩がかなり滑りやすくなっていて、かなり歩き辛かった。ちなみにしりもち1回つきました。雨天時は下降に使うのはやめたほうが良い気が。

その後は順調に下山し丁度良い時間に寄バス停に到着すると、宮地山を歩いてきたという方が到着。なんと両足には10匹近くの蛭が・・・
どうやらこの時期の宮地山は蛭地獄らしい。

檜岳直登ルート:
700mほどの直登だけど、急傾斜という感じが無く登りやすい。
途中で休憩できるようなポイントは無し。また下部は蛭が出る条件が揃っている感じがするので、頑張って鹿柵上部までは歩ききるつもりで登るのが良さそう。

寄コシバ沢ルート:
岩が乾いているのと濡れているのとで難易度が全然違った。
岩が濡れているときは、登りはともかく降りではかなり注意しながら歩かないと危険。遠回りでも雨山峠からのルートを使ったほうが安全。(あっちは多少濡れていても大丈夫)
訪問者数:176人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ