ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 922947 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

北八ヶ岳 テント泊で蓼科へ

日程 2016年07月17日(日) 〜 2016年07月18日(月)
メンバー honey
天候1日目曇りのち土砂降り
2日目晴天
アクセス
利用交通機関
バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間47分
休憩
1時間57分
合計
10時間44分
S白駒の池 駐車場06:4306:44青苔荘06:5707:08白駒の池 駐車場07:1107:22白駒の奥庭07:45麦草ヒュッテ07:5308:00茶水の池08:0108:16大石峠08:28オトギリ平08:41大石峠08:4509:00中小場10:39縞枯山10:4911:16雨池峠11:1711:23縞枯山荘11:38北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅12:1412:26坪庭12:57三ツ岳分岐12:5813:11北横岳ヒュッテ13:1913:33北横岳(南峰)13:36北横岳13:4015:07亀甲池15:3316:46双子池ヒュッテ16:4716:50双子池16:5117:27宿泊地
2日目
山行
7時間13分
休憩
34分
合計
7時間47分
宿泊地06:4106:41双子池06:4207:32双子山07:4008:05大河原峠08:2109:39赤谷の分岐09:51将軍平09:55蓼科山荘09:5710:43蓼科山頂ヒュッテ10:4410:51蓼科山10:5611:09蓼科山頂ヒュッテ11:1011:14蓼科山13:13標高2110m標識14:28女ノ神茶屋・蓼科山登山口14:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
歩荷は休憩時間が増えるため、1.3倍見ておくこと
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザックカバー 行動食 非常食 ハイドレーション 食器 地図(地形図) 計画書 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 携帯 タオル テントマット
共同装備 テント
備考 テルモス、シェラフ、半ズボン、経口水、手つきコッヘル

写真

バス着。
2016年07月16日 16:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス着。
ビール400円
水場あり、トイレあり
2016年07月16日 16:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビール400円
水場あり、トイレあり
苔の森
2016年07月17日 07:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔の森
箱庭のような景色
2016年07月17日 07:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箱庭のような景色
近くにお手洗いあり
2016年07月17日 07:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近くにお手洗いあり
もやもやしてきた
2016年07月17日 09:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もやもやしてきた
雨天にてエスケープ
2016年07月17日 11:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨天にてエスケープ
2階は広く開放されている。一休み。
2016年07月17日 11:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2階は広く開放されている。一休み。
亀甲池 雨が上がって霧の中から見えたり隠れたり
2016年07月17日 15:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀甲池 雨が上がって霧の中から見えたり隠れたり
テント場から見える双子池の朝
2016年07月18日 04:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場から見える双子池の朝
ハッチがいっぱい飛んでいる
2016年07月18日 07:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハッチがいっぱい飛んでいる
雲海が見える
2016年07月18日 07:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海が見える
1
蓼科が姿を表しました
2016年07月18日 07:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科が姿を表しました
1
トイレあり
2016年07月18日 08:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレあり
地形図で位置確認ポイント
2016年07月18日 09:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図で位置確認ポイント
立ち枯れが続く
2016年07月18日 09:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち枯れが続く
とにかく暑い 将軍平でスポドリ購入
2016年07月18日 09:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく暑い 将軍平でスポドリ購入
ここから30分、四肢を使って登る
2016年07月18日 10:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから30分、四肢を使って登る
1
蓼科山頂 足元要注意 防波堤のテトラポットの上を歩く気分。かき氷頂きました(^^)
2016年07月18日 10:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山頂 足元要注意 防波堤のテトラポットの上を歩く気分。かき氷頂きました(^^)
1
ゴロゴロ石だらけでようやく平なところ。地形図で確認。高度感あり過ぎて撮影できず
2016年07月18日 12:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴロゴロ石だらけでようやく平なところ。地形図で確認。高度感あり過ぎて撮影できず
ヨレヨレ無事ゴール
2016年07月18日 14:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨレヨレ無事ゴール
撮影機材:

感想/記録
by honey

役割 リーダー、サブリーダー、全体装備、食料、記録、天気、会計

良い点
個人装備は事前に吟味した結果、かなり軽量化した
携帯GPSと山と高原アプリの活用
朝晩の冷え対策でダウンは必須!
テント用に銀マット( 銀は地面側 )
プラスチックスプーンは便利

反省点
熱中症対策を強化→経口水保持、首の後ろに直射日光を当てない、
薄着、下半身も冷やす、足首を締め過ぎず、血流を良くする、
行動時は水ではなく、スポーツドリンクに変更、前日までの睡眠不足、
食事内容も大きく関わる

共同装備の食料品の軽量化→3日目に重量感のある食材はとにかく残さない。
戻したご飯も食べきる

その他
テント泊の入り口周辺は異常に冷える。シェラフ必須。
翌日の天候とルートを考慮した生きる為の食事と服装
分岐点での地形図確認、慢心が油断の元

大人数対策
ザックの重さを、体力と個人差を考慮した配分する。隊全体を無事に帰還させる為に。
大きめ防水マットの準備、保温マットの検討。
全行程3日間の負担を按分すること。疲労蓄積を1日毎で考えない。
訪問者数:133人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ