ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 922952 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

剱岳(定番の別山尾根より)

日程 2016年07月22日(金) 〜 2016年07月23日(土)
メンバー tagamasa
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
富山方面からは立山駅、長野県からは扇沢から立山黒部アルペンルートを使用することになります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間40分
休憩
1時間0分
合計
3時間40分
Sみくりが池08:4010:00剱御前小舎10:2010:50剱澤小屋11:2011:30剣山荘11:4011:40一服剱12:20剱澤小屋
2日目
山行
6時間10分
休憩
2時間0分
合計
8時間10分
剱澤小屋05:5006:10剣山荘06:2006:50一服剱07:40前剱08:10剱岳08:5009:40前剱10:20一服剱10:50剣山荘11:3012:20剱御前小舎12:5014:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
渋滞なくスムーズに行けたので、これくらいの時間でした。
コース状況/
危険箇所等
晴天だったので、ザレ場、ガレ場が一番歩きにくいと思いました。個人的には帰りの前剣からの下りが一番嫌な感じでした。雨に濡れれば間違いなく一服剱〜剱岳の区間が核心になると思います。
その他周辺情報温泉はみくりが温泉が一番近いと思います。立山市内にもいくつかあると思いますが、詳細は分かりません。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

みくりが池
2016年07月22日 08:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みくりが池
地獄谷方面
2016年07月22日 08:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷方面
別山乗越より室道山方面
2016年07月22日 10:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山乗越より室道山方面
剣沢小屋より剱岳
2016年07月22日 10:56撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣沢小屋より剱岳
2
タニのタテバイ。人が誰もいない!
2016年07月23日 07:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タニのタテバイ。人が誰もいない!
3
剱岳山頂
2016年07月23日 08:18撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳山頂
1
雲海が広がって絵になる
2016年07月23日 08:21撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海が広がって絵になる
1
槍・穂高方面
2016年07月23日 08:21撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍・穂高方面
1
飛行機雲が一直線に伸びる
2016年07月23日 09:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛行機雲が一直線に伸びる
1

感想/記録

初めて行ったの北アルプスの北部。本当は立山三山も廻りたかったけど、ガスがでてきたので今回は行きませんでした。
剱岳に関しては一般登山者が行くルートでは国内最難と言われてますが、個人的には言うほどのことでは無い思いましたが、この事に関しては個人差が大きいのであまり参考にしないでください。少なくとも僕は鎖を一切使わず通過できました。鎖を引き倒して登ってる人もいたけど、見ているこっちが怖かったです。
ただし、上記は晴天時に限ると思います。濃いガスに巻かれればルートを見失う可能性も高そうですし、雨に濡れれば確実に危険になる。そんな時、この鎖は非常に助かる道具になると思います。

天候の良いときに行くべき山だと思いました。悪天候、混雑時には行きたくない山です。滑落・落石には要注意。
訪問者数:467人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

雲海 乗越 ガス ザレ 滑落 ガレ 落石
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ