ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 923052 全員に公開 沢登り中国山地西部

犬戻峡(寂地峡) 2回目

日程 2016年07月23日(土) [日帰り]
メンバー yasiyasi, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場:寂地峡駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間37分
休憩
46分
合計
8時間23分
S寂地峡管理棟07:3811:25犬戻歩道入口11:4214:56犬戻りの滝15:0915:16犬戻歩道入口15:3215:58寂地峡キャンプ場16:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
寂地峡駐車場〜東屋の下:平易な沢
東屋〜犬戻りの滝:確保必要。残置有り
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 コンパス ヘッドランプ 携帯 時計 カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ クイックドロー スリング ロープスリング ナイフブレード アングルハーケン 渓流シューズ
共同装備 カム

写真

F1 水流の右を登る。
2016年07月23日 07:49撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1 水流の右を登る。
2
F2 右岸のルンゼ状に体を持ち上げられず、左に巻く。
2016年07月23日 09:04撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F2 右岸のルンゼ状に体を持ち上げられず、左に巻く。
1
F7 左岸を巻きぎみに登る。
2016年07月23日 11:47撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F7 左岸を巻きぎみに登る。
1
F8 左岸を登る。
2016年07月23日 12:17撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F8 左岸を登る。
1
F9 丸い釜をもった滝
2016年07月23日 13:32撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F9 丸い釜をもった滝
2
右岸の岩場
2016年07月23日 13:46撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸の岩場
F10 犬戻りの滝
2016年07月23日 14:12撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F10 犬戻りの滝
3
上段左岸の岩場
2016年07月23日 14:33撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上段左岸の岩場
上段落ち口
2016年07月23日 14:51撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上段落ち口
2
遊歩道入口
2016年07月23日 15:14撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊歩道入口

感想/記録

登攀具を持って自身2回目の犬戻へ。

何とか犬戻りの滝上部まで抜けられたものの、かなりの宿題が出来ました。
1トップを不安にさせるビレイ
2 支点の回収忘れ
3 回収した支点のギアループへのかけ忘れ
4 高度感と外岩に慣れていないこと(とくに乾いた岩)
訪問者数:186人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/7/25
投稿数: 2
2016/7/26 0:00
 翌日24日に入渓しましたが…
拝見させていただきました。
翌日24日に犬戻峡に入りましたが、F8の左岸岩壁にキャメロット♯1が残置されていました。回収しようかと思いましたが、トリガーは思いっきり引いた状態でかなり奥まで入っており、回収できませんでした。そのまま残置しています。
ハンマー等があれば回収可能かと思いますので、頑張ってみてください(見たところ、かなりの新品かと思いますし)。
登録日: 2011/8/29
投稿数: 26
2016/7/26 6:48
 そうなのです
hitujiotokoさん
ありがとうございます、同行者のキャメロットです!
実は、同行者がハンマーで叩いて回収を試みたのですが、ピクりとも動きませんでした。今週末に回収に行く予定ですので再度ハンマー等で挑戦してみます。

ところで、hitujiotokoさんは某Yahoo!blogの方でしょうか?
挑戦的な登坂でいつも楽しみに見ています。いつか浦石峡は登ってみたいと、当面の目標にしています!
登録日: 2016/7/25
投稿数: 2
2016/7/26 22:30
 Re: そうなのです
再び犬戻峡へ!大変そうですが、大事なカムの回収、頑張ってください。
お察しのとおり、某Yahoo!ブログの者です。参考にならない内容ですが、観ていただき感謝します。
浦石峡はゴルジュが発達して雰囲気が良い割にはエスケープが簡単なので、ぜひ水量が少ない今のうちに挑戦してください(その帰りに犬戻の回収に行くとか…)。
我々は、今週末はコスギナエ谷かコセンドウ沢です。いつかばったりと沢で会えるといいですね。
登録日: 2011/8/29
投稿数: 26
2016/7/27 21:06
 Re[2]: そうなのです
hitujiotokoさん
いいですね、コスギナエ
昨年行ったときには、同行者が触りましたが登れず結局、上流の杉林から巻いてしまいました。

今後もよろしくお願いします!

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

右岸 左岸 東屋 登攀 ルンゼ ビレイ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ