ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 923134 全員に公開 ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

白馬大池 

日程 2016年07月23日(土) [日帰り]
メンバー kimicha, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
R147 - R148 - 栂池ゴンドラ駅駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間51分
休憩
1時間57分
合計
7時間48分
S栂池パノラマウェイ 自然園駅07:2707:35栂池山荘07:4008:41天狗原の祠08:4708:53風吹大池方面分岐09:41乗鞍岳09:46(休憩)10:0410:23白馬大池山荘10:4010:59雷鳥坂11:4812:23白馬大池山荘12:3413:07乗鞍岳13:56風吹大池方面分岐13:5814:07天狗原の祠15:00栂池自然園(栂池ビジターセンター)15:0915:15栂池パノラマウェイ 自然園駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSの調子が悪く、写真から拾いました。雷鳥坂は食事、移動しながらも含まれてます。トラックは手書きで、iPhoneでは約24,000歩、14kmでした。
コース状況/
危険箇所等
ポストはゴンドラに乗る前に、指導員の方がいました。
コースは整備されており、迷うことはないと思います。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

ゴンドラからは白馬三山が見えました
2016年07月23日 06:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラからは白馬三山が見えました
天狗原のほこら
2016年07月23日 08:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗原のほこら
綿毛のつぼみ
2016年07月23日 10:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綿毛のつぼみ
1
ヒナです
2016年07月23日 11:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒナです
4
久しぶりに雷鳥を見ることができました
2016年07月23日 11:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりに雷鳥を見ることができました
4
星のような岩ツメクサ
2016年07月23日 12:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
星のような岩ツメクサ
ネットで調べたら、クロサンショウウオでした
2016年07月23日 12:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネットで調べたら、クロサンショウウオでした
1
天狗原の木道がはるか下に
2016年07月23日 13:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗原の木道がはるか下に
あの雪渓より上に白馬乗鞍
2016年07月23日 13:56撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの雪渓より上に白馬乗鞍
銀嶺水です
2016年07月23日 14:22撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銀嶺水です
立派なホトトギス
2016年07月23日 15:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派なホトトギス

感想/記録



 北陸は梅雨明け、関東甲信はまだ、ということで北の方が好天?と、以前から行ってみたかった白馬大池を目指すことに。栂池パノラマウェイ駐車場は6:30の時点で1割と空いてました。今までで最も乗り場近くに駐車。

 ゴンドラ(イヴ)からは白馬がなんとか見えていたので、雲海を期待したのですが、案の定登っていくとガス。ほぼ、一日ガスでしたが、時々晴れ間がのぞきました。年寄りを見ている都合上、時間が限られるので止むを得ないスケジュール。

 接続よく7:20のロープウェイに乗れて、自然園入口でトイレを済ませ、出発。濡れて滑りやすい泥と木段。次第に岩が増えてくる。ヒュッテや前のロープウェイで登った人がいて、一方下山してくる人も次第に増え、それなりの賑わい。集団登山の一群も。

 天狗原は霧の中。下山時にガスが取れて見上げると、乗鞍岳の高さに驚く。最初に見えなくてよかったかも。祠へも行ってみました。

 岩ゴロの急坂を登る。乾いた飛び石状の道で歩きやすい。台地直下の雪渓に着く頃、青空が。濃い青に周囲の皆が歓声。ここを登りきると、山頂のケルンが見え、ガスが行き交い、小蓮華山も少し見えました。ここで、相方が限界に。なんとか、白馬大池が見える場所まで行ってもらって、ちぎりパンで休憩。

 初めて見る雲上の大きな池に目を見張りました。日が当たるとエメラルドグリーンの色が濃い。ここから、池まで半周の下り。岩ゴロの道が続く。対岸の雪渓が湖面に映る。

 山荘で一休み。広大なお花畑が広がる。

 小蓮華山までは時間的に難しそう、ガスも広がってきている。雷鳥坂の途中をゴールにしました。ゆで卵とキュウリの漬物、カップスープにコンビニおにぎりという定番となったランチをいただく。 最初の蒸し蒸しでだいぶ汗をかいたので、塩分が嬉しい。

 もう少し上で、若者が盛んに写真撮影中。おおっ、雷鳥が。しかも4羽の雛も。人を恐れずにずっと姿を見せてくれてました。

 池を見下ろすあたりが折り返し地点。コマクサ、綿毛のつぼみとなったチングルマ。山荘裏の浅瀬には魚?手足?おたまじゃくし?サンショウウオか?!うじゃうじゃと何十匹もいました。黒い、10cmくらいの個体。時折、水面にタッチして湖底に戻る。珍しいものが見られました。

 乗鞍岳へ登り返して、雪渓を下る。雪渓を超えたあたりが、一番大きな岩ゴロ地帯。バランスよく。そこを越えると、はるか下に木道が。天狗原の木道です。飛び石の急坂を今度は下降。浮石なく、滑りにくいのでテンポよく行ける。それでも、だいぶ疲れます。長い!

 風吹大池分岐を少し入って、見上げている方に習ってそちらに。

 最後の下り。途中登りでは通り過ぎた銀嶺水をいただくと、冷たくてNaturalでとても美味しい。何杯もいただいてしまいました。(その後お腹もなんともなし。)

 3時前に着いたので、時間調整で自然園にちょっとだけ入る。白馬岳は見えず。川には大きなイワナ、カタツムリも発見。

 ロープウェイの待ち時間もあるので、パノラマウェイは40-50分見ておいたほうが無難。駐車場を出たのが16時丁度でした。信濃森上のセブンイレブンでアイスをご褒美にいただきました。

 GPSが動いていたのに、記録できてなかったので、また行かなくては。
訪問者数:320人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ