ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 923343 全員に公開 ハイキング大峰山脈

白鬚岳〜不注意で滑落〜

日程 2016年07月24日(日) [日帰り]
メンバー momokichi, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
バス
東谷出合に駐車スペースがありますが、
林業の人の邪魔にならないようにはちっこに停めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間24分
休憩
0分
合計
6時間24分
Sスタート地点08:0608:48水場09:50小白鬚11:20山頂14:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小キレットあり。
不注意で滑落。。。
ドロドロのぼろぼろでした。>< by:momokichi

写真

10mほどの滝。
涼しくて気持ちがよいです。
2016年07月24日 12:24撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10mほどの滝。
涼しくて気持ちがよいです。
1
白鬚岳を望む
2016年07月24日 12:24撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白鬚岳を望む
1
白鬚岳とモモ夫
2016年07月24日 12:24撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白鬚岳とモモ夫
3
山頂ではあいにくガスってました。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂ではあいにくガスってました。。。
1
急登を下る。
滑りそう!用心しながら降ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を下る。
滑りそう!用心しながら降ります。
滑落の時につぶれた、無残な山専ボトル。(涙)
上着もショートパンツもザックも破れるし、体中アザだらけ。
打ち所が悪ければ、今ここにこうしていないかもしれない。
不幸中の幸いと思って、十分に注意しようと肝に銘じました!
反省。
2016年07月24日 16:50撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑落の時につぶれた、無残な山専ボトル。(涙)
上着もショートパンツもザックも破れるし、体中アザだらけ。
打ち所が悪ければ、今ここにこうしていないかもしれない。
不幸中の幸いと思って、十分に注意しようと肝に銘じました!
反省。
6

感想/記録

<感想> モモ夫
4週連続の登山は奈良県の台高山脈エリアに位置する近畿百名山の一つとされる「白鬚岳」に登った。
1400mに満たない山だが、甘く見てはいけない。かなりの急登の連続ともいっていいだろう。
登山口からはひたすら登り、途中からは急登、フィクスロープ有りとかなり登り応えのある山だった。
登山者は、途中下山者に会ったが、それ以降は戻るまで誰にも会わなかったのでマイナーな山ではある。
momokichiが滑落した。僕とmomokichiはペースが違うのでいつも僕が先に歩き、ある程度のところでmomokichiが来るのを待っているのだが、今回10分以上待っても姿が見えないので、引き返した。
かなりの登りなのでそこを引き返すのは、下山ではいいが、そうでない場合に行くのは再度登ることになるのでいささか躊躇したが、そうはいっても気になったので引き返した。
しばらくすると姿を確認したが、様子が違う。いつも被っている帽子はないし、メガネもかけていない。
声をかけると、「落ちた!」と返ってきた。
よく見ると服はドロドロだし、あちこちが痛いらしい。「小白鬚岳」という途中のピークを越えるといったん下りになる。その途中キレットがあり、そこにある石に足をとられ、少し転落したとのこと。その際、帽子やメガネ、ストック、水筒も落としたらしい。メガネを落としたのでよく見えないから何も探せない。そのまま歩いてきたようだ。
さすがに僕も反省した。今日はmomokiciがいつもより遅いので先に行ってしまったが、そうはいっても所々で待ってはいた。
しかし、虫(アブ、ブヨ、ハエ?)がまとわりつき、じっとしていられなかったので先に進んでしまったのが、結果的にはそれが良くなかった。
ただ、言い訳になるが、一緒にいても先頭は僕なので転落を防げないことには変わりはなかったかもしれない。

何とか頂上まで一緒に行ったが、やはり虫が多く、とっとと下山を開始した。本来は頂上でカップ麺でも食べようとしていたが、転落した際カップ麺が粉砕してザックの中に散らばっていたので、どうしようもなく下山した。
途中momokichiが転んだキレット下でメガネ、ストック、帽子を回収したが、水筒は見つからなかった。
結構急斜面だから下まで転がっていたかもしれない。さすがにこれはあきらめた。

momokichiは打ち身に耐えながらもなんとか下山したが、転んだのを除くと登り応えのある山だったとのこと。
ん〜。まあ、確かにそうだけど後味があまりよくない山行だった。
訪問者数:423人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ