ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 923370 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

大雪山(旭岳)〜裾合平周遊

日程 2016年07月22日(金) [日帰り]
メンバー jude, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
往復:旭川市内〜旭岳温泉(車)〜姿見駅(ロープウェイ)
夏場のロープウェイは始発6時で、15分間隔で運転されていました。
登山目的でなくても、ロープウェイを降りればお花畑と旭岳山頂まで見渡すことができ、散策のみでも楽しめると思います。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間55分
休憩
45分
合計
5時間40分
S姿見駅08:1509:45金庫岩09:55大雪山10:2511:50間宮岳分岐11:5512:20中岳温泉12:3013:55姿見駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所なし。道は非常に歩きやすい。
風向きによってはかなりの硫黄臭がある。
その他周辺情報旭川市街地より旭岳温泉に向かう途中にある、東川町の道の駅で売られているソフトクリームが美味でした!
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

ロープウェイを降りたら異世界!
2016年07月22日 08:16撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイを降りたら異世界!
3
山体に噴煙を伴って。
2016年07月22日 08:23撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山体に噴煙を伴って。
1
山頂までは登り一辺倒ですが、非常に歩きやすい道です。
2016年07月22日 09:02撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までは登り一辺倒ですが、非常に歩きやすい道です。
2
遠い過去が蓄積された地獄谷様相
2016年07月22日 09:06撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠い過去が蓄積された地獄谷様相
1
熊ヶ岳火口
2016年07月22日 09:58撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊ヶ岳火口
山頂からは大展望が広がる。本州の3000m峰にひけをとらない。
2016年07月22日 10:17撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からは大展望が広がる。本州の3000m峰にひけをとらない。
1
間宮岳に向けて雪渓を下る。尻セードでは止められなさそうw
2016年07月22日 10:50撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間宮岳に向けて雪渓を下る。尻セードでは止められなさそうw
4
雪渓を降り切ると、チングルマとキバナシャクナゲが迎えてくれます。
2016年07月22日 10:59撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓を降り切ると、チングルマとキバナシャクナゲが迎えてくれます。
1
可憐なエゾツガザクラ。
2016年07月22日 11:03撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
可憐なエゾツガザクラ。
2
道がどこまでも続くようです。
2016年07月22日 11:14撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道がどこまでも続くようです。
1
淡い色合いがかわいらしいイワブクロ。
2016年07月22日 11:48撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淡い色合いがかわいらしいイワブクロ。
1
黒岳方面へ行けば壮大な縦走路が堪能できそうです。
2016年07月22日 11:51撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳方面へ行けば壮大な縦走路が堪能できそうです。
1
右手にお鉢平なんですが、上手く撮れてない。ガーン…
2016年07月22日 11:52撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手にお鉢平なんですが、上手く撮れてない。ガーン…
今まさに雪渓から溶け出した冷水。
2016年07月22日 12:20撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今まさに雪渓から溶け出した冷水。
中岳温泉では、温泉がゴボゴボ湧き出していました。
天然の入浴スポットがあり、足湯に浸かることができます。
2016年07月22日 12:24撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳温泉では、温泉がゴボゴボ湧き出していました。
天然の入浴スポットがあり、足湯に浸かることができます。
雪渓の下で植物が潤う。
2016年07月22日 12:33撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓の下で植物が潤う。
お花畑に迎えられて。
2016年07月22日 12:42撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑に迎えられて。
3
山上の楽園でした。
2016年07月22日 12:52撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山上の楽園でした。
午後は雲が集まるようです。
2016年07月22日 13:36撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後は雲が集まるようです。

感想/記録
by jude

夏休みの帰省を利用し、旭岳に行ってきました。高校時代に黒岳方面から一度登っているのですが、あれから早15年も経っており、ほぼ記憶がありません。というか、その頃はあまり登山が好きではありませんでした(笑) まさかこんな山好きな大人になるとは。

ロープウェイを降りると、既に旭岳山頂がすぐ目の前に飛び込んできます。山自体が自ら生きていることをこちらに見せつけるような噴気が幾つも上がっており、かなり独特な景観。すぐそこではチングルマの群落が咲きほこっているのに、向こうでは噴気が立ち上るという穏やかさと荒々しさが同時に存在しているような印象でした。
 山頂まで、荒涼とした地獄谷を左手に眺めながら、巨大な金庫岩を目指して登っていきます。金庫岩を過ぎると程なく山頂。大雪山連峰の巨大な山並みが広がっています。あれは何山とたちどころに答えられればいいんですが、山座同定が難しい。道産子失格だな(涙) 
 山頂からは下りとなりますが、雪渓に至るまでのザレ場はかなり滑りました。雪渓の下りは、この時期はアイゼンなしで大丈夫です。間宮岳まではまるで野球場のような巨大火口を眺めながら歩いていきます。間宮岳を過ぎてからはそれを凌ぐお鉢平の眺望。人工の造形物ではありえない光景ですね。北鎮岳がすぐそこに見えますが(実際には遠いんだろうな)ここから中岳温泉へ下ります。小さな岩穴から源泉がゴボゴボ吹き出しており、それが雪渓水と混ざり合って心地よい温度になっている模様。思いっきり通り道ですが、勇気があれば裸で浸かることができますw
 これ以降は急なアップダウンはありません。お花畑に囲まれた木道はまさに山上の楽園という感じでした。ただしここからロープウェイまで5km以上あるため、最後はかなり長く感じました。

 自分にとって実質的に初めての大雪山でしたが、道を進んで行くに連れて多彩な表情があり、それぞれ別の山域をまたぎ歩いているような感覚さえ感じました。簡単に来れる場所ではありませんが、是非また行きたいです!
訪問者数:364人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ