ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 923459 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八幡平・岩手山・秋田駒

秋田駒ヶ岳で極上のお昼寝(国見温泉より)

日程 2016年07月23日(土) [日帰り]
メンバー karisinanen
天候くもりのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口の駐車場は50台ほど。すぐいっぱいになるので早めの到着がベター。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間24分
休憩
1時間10分
合計
5時間34分
S国見温泉08:1208:50横長根出合09:0009:30男岳分岐09:4009:50かたがり泉水09:47駒池09:4810:32男岳鞍部10:3310:50男岳11:2611:35男岳鞍部11:38阿弥陀池12:00阿弥陀池避難小屋12:10横岳分岐12:2012:20横岳12:40大焼砂12:37男岳分岐12:3813:02横長根出合13:0313:40国見温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストが新しくなってました。帰ったら下山カードも忘れずに入れましょう。ムーミン谷から男岳への登りは,落石に注意。
その他周辺情報国見温泉の旅館(2軒)で,宿泊や食事,日帰り入浴ができます。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 服装:半袖(アームカバー装着)・ショートパンツ・タイツ。ただし登り始めは超軽量ジャケットを着こみました。

写真

登り始めは木の階段から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めは木の階段から。
1
ときどき木道になったりもします。朝もやでいい雰囲気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ときどき木道になったりもします。朝もやでいい雰囲気。
ドイツの焼き菓子みたいなキノコ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドイツの焼き菓子みたいなキノコ。
横長根。ここまでずっと登りなので、結構脚にきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横長根。ここまでずっと登りなので、結構脚にきます。
ここからしばらくは平らな尾根。少しずつ目指す先が見えてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからしばらくは平らな尾根。少しずつ目指す先が見えてきます。
1
晴れてきたなと思ったら、雲海!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてきたなと思ったら、雲海!
4
第二展望台。いつも思うんですが、第一ってどこなんでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二展望台。いつも思うんですが、第一ってどこなんでしょうか?
1
田沢湖。水の色がはっきり分かります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田沢湖。水の色がはっきり分かります。
1
雲海はけっこう長い時間見られました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海はけっこう長い時間見られました。
3
右手奥は鳥海山?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手奥は鳥海山?
4
ふかふかでもふもふです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふかふかでもふもふです。
大焼砂が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大焼砂が見えてきました。
2
男岳分岐。左の道へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男岳分岐。左の道へ。
白い花が出迎えてくれます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い花が出迎えてくれます。
4
さくさくさく…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さくさくさく…
ムーミン谷に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムーミン谷に入ります。
2
淡いピンクのぽつぽつは、全部コマクサ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淡いピンクのぽつぽつは、全部コマクサ。
実はこの花もたくさん見かけました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実はこの花もたくさん見かけました。
1
かたがり泉水。水がたまっているのは初めて見ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かたがり泉水。水がたまっているのは初めて見ました。
二つ目の池が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つ目の池が見えてきました。
1
とても澄んだ水なのに、生き物はいない模様。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても澄んだ水なのに、生き物はいない模様。
1
そろそろ休憩。おやつタイム。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ休憩。おやつタイム。
2
ムーミン谷を抜けたら、いよいよ男岳への登りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムーミン谷を抜けたら、いよいよ男岳への登りです。
2
名残惜しいムーミン谷。カメラはしまって、登りに集中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいムーミン谷。カメラはしまって、登りに集中。
1
ここで初めてニッコウキスゲに会いました。このあとまさかの落石。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで初めてニッコウキスゲに会いました。このあとまさかの落石。
1
男岳鞍部から阿弥陀池を見下ろして。無事通過したことにちょっと安心。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男岳鞍部から阿弥陀池を見下ろして。無事通過したことにちょっと安心。
2
男女岳。たくさんの人が登っているのがはっきり見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男女岳。たくさんの人が登っているのがはっきり見えます。
2
ニッコウキスゲの群落。ここでは初めて見ました。いつも時季がずれてたんですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲの群落。ここでは初めて見ました。いつも時季がずれてたんですね。
5
今日は岩手山もご機嫌よろしく、顔を出してくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は岩手山もご機嫌よろしく、顔を出してくれました。
2
男岳に登頂!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男岳に登頂!
4
右から田沢湖。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右から田沢湖。
1
遠くに見えるのは鳥海山?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに見えるのは鳥海山?
3
左は阿弥陀池。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左は阿弥陀池。
1
小岳とムーミン谷を正面に見下ろしながら、少々早いお昼ご飯。食べたら眠たくなってきて、うつらうつら…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小岳とムーミン谷を正面に見下ろしながら、少々早いお昼ご飯。食べたら眠たくなってきて、うつらうつら…
1
見上げるとたくさんの人とニッコウキスゲ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げるとたくさんの人とニッコウキスゲ。
2
男女岳と阿弥陀池が見えるいい場所で、突然昼寝がしたくなって、空いたベンチを見つけて寝ることにしました。ベンチが斜めにかしいで、少々手間取ったけど、ほどよく日が照った上に涼しい風が吹いてきて、爆睡してしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男女岳と阿弥陀池が見えるいい場所で、突然昼寝がしたくなって、空いたベンチを見つけて寝ることにしました。ベンチが斜めにかしいで、少々手間取ったけど、ほどよく日が照った上に涼しい風が吹いてきて、爆睡してしまいました。
3
30分ほど寝ていたら、ガスがかかってきました。あたふたと横岳へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分ほど寝ていたら、ガスがかかってきました。あたふたと横岳へ。
1
ここはいつも最後まで残雪があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはいつも最後まで残雪があります。
1
シャクナゲはそろそろおしまい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲはそろそろおしまい。
今回はこの花がどこでも咲いていました。名前分からなくてすみません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はこの花がどこでも咲いていました。名前分からなくてすみません。
女王さまは、われわれ下々の手に届かないところでたくさん咲いていました。一番近くで拝めたのがこれ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女王さまは、われわれ下々の手に届かないところでたくさん咲いていました。一番近くで拝めたのがこれ。
6
一面のコマクサ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一面のコマクサ。
3
大焼砂を下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大焼砂を下ります。
あとはひたすら黙々と下りました。今日も無事下山できました。下山カードをポトリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとはひたすら黙々と下りました。今日も無事下山できました。下山カードをポトリ。
1

感想/記録

今シーズンは、暖冬の影響で早めの行動開始だったにもかかわらず、天気の良かった6月前半はライブ参戦、その後は悪天候続きで、6月中旬の月山、先週の雨飾山は無念のリタイア。思い切りフラストレーションがたまっていました。
前日から準備万端で、張り切って登り始めたのに、なかなかペースが上がりません。サボった代償は大きいです。
この時季に登ったのは初めてで、ここにこんな花があったんだ!とびっくりするばかりでした。以前はチングルマが満開でしたが、時季がずれて今回はコマクサやニッコウキスゲが目立っていました。それぞれの花の時季に合わせて来られる近くの方がうらやましいです。
そして今回は思わぬアクシデントも。ムーミン谷から男岳に向かう途中、上の方からゴトンゴトンゴトンと不気味な音が。直観的に落石だなと思いましたが、音は聞こえても草むらの中を転がっているとどのあたりにあるのか見えなくてドキドキしました。幸い、登山道に飛び出したところで止まりました。直径30センチほどはあったでしょうか。直撃したら危険だなと思いました。
さらに下山中、クマザサの林の中で、明らかに生き物が動いている、ガサガサという音。ふっと右を見たら、お互いに「あ!」という感じで目が合ってしまいました。体は黄色、顔と脚が白くて、一部が黒かったです。イタチ?テン?ふさふさのしっぽを含めて30センチほどはあったでしょうか。好奇心(ないしは警戒心)が旺盛のようで、しばらくササの中を、私と並行して歩いていたようです。
秋田駒はいつ来ても、違う顔を見せてくれます。遠いけれど、やっぱり一年に一回は来なければ済まないと思っています。
訪問者数:166人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ