ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 923506 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

赤岳 唐沢鉱泉で同窓会

日程 2016年07月17日(日) 〜 2016年07月18日(月)
メンバー tomojpn(CL), usagyo, その他メンバー2人
天候曇りから霧雨、そして雨天へと変化
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃と山荘手前の赤岳山荘駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間20分
休憩
27分
合計
9時間47分
S赤岳山荘04:2404:28美濃戸山荘05:50中ノ行者小屋跡06:42行者小屋06:4508:31文三郎尾根分岐08:3408:53赤岳08:53竜頭峰08:59竜頭峰09:0009:10赤岳09:1210:01赤岳頂上山荘10:0410:38赤岳天望荘10:42地蔵の頭10:4711:49行者小屋11:5612:48中ノ行者小屋跡12:4914:05美濃戸山荘14:0714:11赤岳山荘
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
頂上直下は岩場です。
文三郎尾根及び地蔵尾根も注意が必要です
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

二度目の赤岳です。今回は中学の同級生と一緒に挑戦。
前日までの天気予報から、崩れる見込みは承知していましたが荒れるほどではないと判断し決行しました。
美濃戸山荘手前の赤岳山荘駐車場まで入りましたが、まだ日の出前にもかかわらず満車寸前でした。ここは車中泊方も多いようですね。
ヘッデンをつけて登って行き、すっかり明るくなった行者小屋到着時点では、赤岳,中岳などのピークが見通せる状態でしたが、文三郎尾根の階段でひーひー言っているうちに次第にガスが濃くなり、登頂時には霧雨状態となりました。
しかし単独登山とは違い、バカを言い合いながらも励まし合い皆で達成した登頂ってのは、こんなにも大きな達成感があるとは、と胸がいっぱいの自分たちに感動!
山頂で他のグループの方々と“下りは文三郎尾根と地蔵尾根のどちらが楽か?の話で”で盛り上がりましたが、どちらも“怖い思いをして登って来た場所を下るのはもっと怖い”という事で一致。
山頂で早めの昼食を摂り、地蔵尾根を下り行者小屋で休憩。その後雨脚が強まり、ザーザー降りの中を黙々と歩く下山となりました。南沢は単調で退屈ですが、雑談しながら歩けるのでこれも山の楽しみですね。
下山後車で同窓会会場の唐沢鉱泉に移動し、入浴後大宴会に突入しました。

翌日は晴天に恵まれ、二日酔いを引きずりつつ唐沢鉱泉近くの八方台まで散策し素晴らしい眺望を満喫してきました。
訪問者数:81人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス ヘッデン 車中泊 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ