ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 923518 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

北岳〜間ノ岳〜農鳥岳(広河原〜奈良田の長い道のりと晴天の稜線)

日程 2016年07月22日(金) 〜 2016年07月24日(日)
メンバー yamakei6211cnxo
天候晴れたり曇ったり
アクセス
利用交通機関
電車バス
【行き】
新宿西口22:00発〜[中央自動車道]〜双葉SA【休憩(買物可)】 24:00着・0:30発(予定)〜白根IC〜天恵泉白根桃源天笑閣1:00着(休憩) 5:00頃発〜(路線バス)〜広河原 6:13着(予定)

【帰り】
奈良田(15:20)・・・(16:05)広河原(16:40)・・・(18:30)甲府駅(18:56)・・・新宿駅(20:37)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間23分
休憩
1時間20分
合計
6時間43分
S広河原インフォメーションセンター06:4706:58広河原山荘07:09白根御池分岐08:33二俣08:5410:33八本歯のコル10:3910:57吊尾根・北岳山荘トラバース道分岐11:0411:16吊尾根分岐11:2011:47北岳12:2112:48吊尾根分岐12:4913:04トラバースルート分岐13:1113:30北岳山荘
2日目
山行
9時間10分
休憩
8分
合計
9時間18分
中白根山04:4805:40間ノ岳05:4306:44農鳥小屋06:4607:35西農鳥岳07:3608:10農鳥岳08:56大門沢分岐10:53大門沢小屋10:5413:39奈良田ゲート13:56奈良田駐車場13:5714:06ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1日目(北岳)は危険個所なし。
2日目の縦走コースはやや道幅が狭い場所があるものの、危険というほどではない。下降点から先、とくに大門沢小屋より下は、丸太橋や吊り橋、かなり狭いトラバースルート等があり、注意が必要。
その他周辺情報奈良田温泉。一人日帰り1,000円(シャンプー・ボディーソープ有)
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 予備電池 GPS 保険証 携帯 時計 サングラス タオル

写真

広河原から長い道中の始まり。土曜日ということもあり、たくさんの人がいた。とりあえず男子トイレ待ちで30minのロス。。。
2016年07月23日 06:46撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原から長い道中の始まり。土曜日ということもあり、たくさんの人がいた。とりあえず男子トイレ待ちで30minのロス。。。
1
最初の吊り橋から行く方を仰ぐ。
2016年07月23日 06:49撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の吊り橋から行く方を仰ぐ。
1
沢の水量は十分で、南アルプスの豊かさを感じさせてくれた。(普段通りなのか、前日までの雨の影響で多いのかはわからず。)
2016年07月23日 07:20撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の水量は十分で、南アルプスの豊かさを感じさせてくれた。(普段通りなのか、前日までの雨の影響で多いのかはわからず。)
1
登山道にも水がちょろちょろ出ていた。
2016年07月23日 07:48撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道にも水がちょろちょろ出ていた。
1
大樺沢に出ると前日までの予報に反し、晴れ間が。すかさず北岳を見上げて一枚を収める。
2016年07月23日 08:19撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢に出ると前日までの予報に反し、晴れ間が。すかさず北岳を見上げて一枚を収める。
5
大樺沢から雪渓と北岳を見上げる。延々に続く登り道。これぞ北岳といった感じ。
2016年07月23日 08:24撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢から雪渓と北岳を見上げる。延々に続く登り道。これぞ北岳といった感じ。
5
八本歯コルに出る前のハシゴの連続。思っていたよりも連続。
2016年07月23日 10:20撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本歯コルに出る前のハシゴの連続。思っていたよりも連続。
2
北岳への道中は本当に花がずっと咲いていた。小さな花に少し疲れを癒されつつ山頂を目指す。
2016年07月23日 11:07撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳への道中は本当に花がずっと咲いていた。小さな花に少し疲れを癒されつつ山頂を目指す。
5
山頂にて。ほぼ視界はなかったが、昼食をとっていると一瞬雲の切れ間が。
2016年07月23日 11:53撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にて。ほぼ視界はなかったが、昼食をとっていると一瞬雲の切れ間が。
4
山頂にて◆
2016年07月23日 11:55撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にて◆
3
食事をしていると、団体のみなさんが歌を歌っていた。音程とかリズムとか曲とか関係なし。楽しむことが大切笑。
2016年07月23日 12:20撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食事をしていると、団体のみなさんが歌を歌っていた。音程とかリズムとか曲とか関係なし。楽しむことが大切笑。
5
北岳山荘に到着。予定より少し早く着いたこともあって、結構先着。当初予想では200名とのことだったが、思ったより人の入りが悪いとのこと。
2016年07月23日 13:41撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘に到着。予定より少し早く着いたこともあって、結構先着。当初予想では200名とのことだったが、思ったより人の入りが悪いとのこと。
2
とりあえずビールで急峻な登りの疲れをいやす。1缶500円。
2016年07月23日 14:03撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえずビールで急峻な登りの疲れをいやす。1缶500円。
2
夕食。肉じゃがはテーブルで分けて。
2016年07月23日 16:34撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食。肉じゃがはテーブルで分けて。
1
山荘は結構きれいで、沢からくみ上げた水が使える。部屋には南アルプスの山々の名前などが付いており、塩見岳に宿泊。新しくこしらえた部屋らしいが、荷物の置き場がなく、2名で1枚の布団でびっしりだとなかなか手狭。
2016年07月23日 18:54撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘は結構きれいで、沢からくみ上げた水が使える。部屋には南アルプスの山々の名前などが付いており、塩見岳に宿泊。新しくこしらえた部屋らしいが、荷物の置き場がなく、2名で1枚の布団でびっしりだとなかなか手狭。
3
3:45起床。大人数で寝るので熟睡はしづらい。。。
2016年07月24日 04:09撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3:45起床。大人数で寝るので熟睡はしづらい。。。
1
天気は全く期待していなかったが、なんと晴れ間が。ご来光も拝めそうでテンションがあがる。
2016年07月24日 04:12撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気は全く期待していなかったが、なんと晴れ間が。ご来光も拝めそうでテンションがあがる。
6
まだ少しくらい中をヘッデンを付けて間ノ岳を目指す。北岳が朝日を浴びて影をつくる。絶景。
2016年07月24日 04:30撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ少しくらい中をヘッデンを付けて間ノ岳を目指す。北岳が朝日を浴びて影をつくる。絶景。
4
中白根を目指す途中でパノラマ写真。甲斐駒ヶ岳〜仙丈ヶ岳、北岳、富士山を見渡す。
2016年07月24日 04:30撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中白根を目指す途中でパノラマ写真。甲斐駒ヶ岳〜仙丈ヶ岳、北岳、富士山を見渡す。
4
甲斐駒ヶ岳〜仙丈ヶ岳。高い峰が雲海からのぞく。
2016年07月24日 04:36撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳〜仙丈ヶ岳。高い峰が雲海からのぞく。
2
遠く北アルプスも見える。本当に素晴らしい景色。
2016年07月24日 04:45撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠く北アルプスも見える。本当に素晴らしい景色。
5
ついにご来光。中白根ではバンザイ三唱。
2016年07月24日 04:46撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついにご来光。中白根ではバンザイ三唱。
3
朝日を浴びる間ノ岳と富士山。
2016年07月24日 04:48撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日を浴びる間ノ岳と富士山。
6
間ノ岳山頂に到着。絶景が広がる。富士山の形が本当に美しい。間ノ岳への登りはテンションがあがりっぱなしだったこともあり、少しもきつく感じなかった。
2016年07月24日 05:35撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳山頂に到着。絶景が広がる。富士山の形が本当に美しい。間ノ岳への登りはテンションがあがりっぱなしだったこともあり、少しもきつく感じなかった。
5
間ノ岳山頂にて早弁で朝食。長袖に上着を着ていたが、少し寒いぐらい。
2016年07月24日 05:42撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳山頂にて早弁で朝食。長袖に上着を着ていたが、少し寒いぐらい。
2
間ノ岳を降りきって振り返る。この下りはかなり傾斜がきつかった。
2016年07月24日 06:17撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳を降りきって振り返る。この下りはかなり傾斜がきつかった。
3
農鳥小屋から間ノ岳を仰ぐ。小屋に下手に踏み入ってはいけないと思ってたじろいでいたら、例のオジサマにどやされる。。
2016年07月24日 06:43撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥小屋から間ノ岳を仰ぐ。小屋に下手に踏み入ってはいけないと思ってたじろいでいたら、例のオジサマにどやされる。。
6
農鳥岳に到着。予定より早く進んでいた。農鳥への登りは若干の傾斜はあるものの時間も40min程度で登れる。トラヴァース部分は一部滑落注意。
2016年07月24日 08:07撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥岳に到着。予定より早く進んでいた。農鳥への登りは若干の傾斜はあるものの時間も40min程度で登れる。トラヴァース部分は一部滑落注意。
6
農鳥岳からは富士山がだいぶ近く見える。
2016年07月24日 08:08撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥岳からは富士山がだいぶ近く見える。
4
来た道を振り返る。間ノ岳と北岳。雲がかかる前はその横に八ヶ岳。
2016年07月24日 08:17撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る。間ノ岳と北岳。雲がかかる前はその横に八ヶ岳。
6
下降点の標識。見逃した、という記事も見たが、まず見落とすようなものではない。
2016年07月24日 08:52撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下降点の標識。見逃した、という記事も見たが、まず見落とすようなものではない。
1
下山道。写真は少ないがほぼこんな感じ。場所によっては草木が道に迫って来ていて少し通りづらい。単調な道で集中力が切れがちだが、先は長く、滑りやすいので注意。
2016年07月24日 09:05撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山道。写真は少ないがほぼこんな感じ。場所によっては草木が道に迫って来ていて少し通りづらい。単調な道で集中力が切れがちだが、先は長く、滑りやすいので注意。
3
2日目の昼食。お湯を注いだらまず混ぜること。
2016年07月24日 11:05撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目の昼食。お湯を注いだらまず混ぜること。
1
結構あやしい吊り橋や丸太橋が連続する。小屋のおじさんはビール飲んでても大丈夫といっていたが、決してそんなことはない。
2016年07月24日 11:26撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構あやしい吊り橋や丸太橋が連続する。小屋のおじさんはビール飲んでても大丈夫といっていたが、決してそんなことはない。
2
下山道の途中では沢越えもあったり、途中で登山道にが沢になっていたり。
2016年07月24日 11:34撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山道の途中では沢越えもあったり、途中で登山道にが沢になっていたり。
1
延々あるいて、約5時間。登山道入り口に到着。今日はここで終わりではない。
2016年07月24日 13:11撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
延々あるいて、約5時間。登山道入り口に到着。今日はここで終わりではない。
1
ふもとの奈良田温泉に入る。なんだかんだ、降りてからも一時間弱歩いていた。
2016年07月24日 14:06撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふもとの奈良田温泉に入る。なんだかんだ、降りてからも一時間弱歩いていた。
4

感想/記録

新宿発の夜行バスを利用して広河原から北岳へ。天気予報は曇りないし雨だったけれど、1日目の前半と2日目の午前中はすっかり晴れていた。おかげで素晴らしい景色に出会うことができた。北岳での展望がゼロだったのは些か残念ではあるものの、全体に大満足。
1日目の登り、2日目の長い下りはなかなかしんどいものがあった。特に北岳付近では若干の高山病に。ゆっくり長く動けるようにすることが一番大切だと改めて認識。
訪問者数:597人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/3/31
投稿数: 173
2016/7/29 18:24
 お湯を入れたら混ぜましょう
こんにちは。

大門沢小屋手前で追い抜かれ、昼食時に「お湯を入れたら混ぜないと」と指摘させていただいた者です。

あと、「食べる前にも混ぜないと」をお忘れなく!

小屋番さんにはすっかり騙されました。
「ビールを飲んでも大丈夫」を信じて飲んだ自分が悪いのですが…。
おかげで、暑さに参ったり危うい橋からドボンしそうになったりと、反省しながら下りました。

楽しそうなお二人を見て、ほのぼのしました。
またどこかで!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ