ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 923619 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳(栂池⇒大池⇒山頂⇒猿倉)

日程 2016年07月22日(金) 〜 2016年07月23日(土)
メンバー 3Dyosuke1290, その他メンバー1人
天候1日目ガス、2日目晴れ
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
栂池まで車
猿倉からタクシーにて栂池まで(5,300円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

1日目
07:11ロープウェイ - 08:01 栂池自然園 - 09:32 天狗原 - 11:36 白馬大池(昼)12:18 - 14:19 小蓮華山 - 15:06 三国境 - 16:02 白馬岳 - 16:17白馬山荘(泊)
2日目 山頂往復30分
07:28白馬山荘 - 07:44 白馬岳頂上宿舎 - 11:01 白馬尻小屋(休)12:00 - 13:00 猿倉⇒タクシーにて栂池高原P

装備

個人装備 小屋泊*1の装備
白馬山荘宿泊

写真

1日目
栂池よりロープウェイにて約1,000m標高を上げます。
2016年07月22日 07:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1日目
栂池よりロープウェイにて約1,000m標高を上げます。
リトルグリーンメン
2016年07月22日 07:13撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リトルグリーンメン
中継駅を乗り継ぎ栂池ヒュッテへ
既に標高1,850ほど
本日はガスのため、天望は期待できません
やや肌寒い
2016年07月22日 07:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中継駅を乗り継ぎ栂池ヒュッテへ
既に標高1,850ほど
本日はガスのため、天望は期待できません
やや肌寒い
一般的な登山道です
オタカラコウ
でしょうか。
2016年07月22日 08:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一般的な登山道です
オタカラコウ
でしょうか。
1
1時間ちょっとで天狗原
2016年07月22日 09:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間ちょっとで天狗原
リンドウ?
タテヤマリンドウ?
2016年07月22日 09:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リンドウ?
タテヤマリンドウ?
ワタスゲ?
2016年07月22日 09:40撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワタスゲ?
アヤメ系?
2016年07月22日 09:40撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アヤメ系?
天狗原
お花がいっぱい咲いてます
2016年07月22日 09:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗原
お花がいっぱい咲いてます
愛でる
2016年07月22日 09:42撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛でる
白馬乗鞍方面へ
2016年07月22日 09:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬乗鞍方面へ
大きな岩が増えてきました
歩きにくいです
2016年07月22日 09:57撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな岩が増えてきました
歩きにくいです
間もなく残雪が見えてきました
2016年07月22日 10:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく残雪が見えてきました
シナノキンバイ?
キジムシロ?
葉っぱがイチゴっぽい
2016年07月22日 10:19撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノキンバイ?
キジムシロ?
葉っぱがイチゴっぽい
2
種類多くてわからない、、、
覚えきれない、、、
2016年07月22日 10:22撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
種類多くてわからない、、、
覚えきれない、、、
1
残雪を通過します
2016年07月22日 10:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪を通過します
シャクナゲ
2016年07月22日 11:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ
乗鞍のケルン
2016年07月22日 11:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍のケルン
早くも雷鳥に遭遇
鳴き声が特徴あります
2016年07月22日 11:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早くも雷鳥に遭遇
鳴き声が特徴あります
2
白馬大池山荘が見えました
ここから少し掛かります
2016年07月22日 11:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬大池山荘が見えました
ここから少し掛かります
たぶんチングルマ
2016年07月22日 11:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たぶんチングルマ
白のきれいなお花
2016年07月22日 11:28撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白のきれいなお花
大池山荘着
昼休憩
当初の宿泊予定を変更し、このまま白馬岳山頂まで行く計画へ変更。プランB
2016年07月22日 11:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大池山荘着
昼休憩
当初の宿泊予定を変更し、このまま白馬岳山頂まで行く計画へ変更。プランB
周りはお花畑
2016年07月22日 12:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周りはお花畑
愛らしい事
チングルマ
2016年07月22日 12:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛らしい事
チングルマ
山荘を後に進みます
流石、花の山です。
お花畑だらけ。
2016年07月22日 12:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘を後に進みます
流石、花の山です。
お花畑だらけ。
2
コマクサ
何ともかわいらしい
2016年07月22日 12:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサ
何ともかわいらしい
3
色合いがさまざま
2016年07月22日 13:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色合いがさまざま
1
リンドウ?っぽい
2016年07月22日 13:12撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リンドウ?っぽい
船越の頭
2016年07月22日 13:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船越の頭
稜線がわずかに見えます
2016年07月22日 13:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線がわずかに見えます
雷鳥
色が岩と同じなので、寸前まで気づきません
2016年07月22日 13:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥
色が岩と同じなので、寸前まで気づきません
2
イブキジャコウソウ?
2016年07月22日 13:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブキジャコウソウ?
小蓮華到着
30分下って、60分登ると白馬岳
2016年07月22日 14:19撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華到着
30分下って、60分登ると白馬岳
振り返り、小蓮華山
近年、崩壊したらしい
2016年07月22日 14:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り、小蓮華山
近年、崩壊したらしい
白馬岳山頂方面
ガスが取れかけてる
雄大
2016年07月22日 14:37撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳山頂方面
ガスが取れかけてる
雄大
1
三国境分岐
朝日岳方面
2016年07月22日 15:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国境分岐
朝日岳方面
1
もう少し
2016年07月22日 15:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し
登頂!
北アルプスでは最も北かな。
2016年07月22日 16:03撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂!
北アルプスでは最も北かな。
3
こっちは旭岳方面
2016年07月22日 16:03撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちは旭岳方面
白馬山荘へ向かいます
2016年07月22日 16:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬山荘へ向かいます
久しぶりの青空
2016年07月22日 16:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりの青空
宿泊
2016年07月22日 16:17撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿泊
翌朝
雲海がいい
2016年07月23日 04:47撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝
雲海がいい
1
杓子と鑓ヶ岳方面
2016年07月23日 04:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子と鑓ヶ岳方面
4
改めて山頂
2016年07月23日 06:31撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
改めて山頂
3
天望あるほうか
2016年07月23日 06:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天望あるほうか
いいですね
2016年07月23日 06:33撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいですね
小蓮華山方面
2016年07月23日 06:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華山方面
槍ヶ岳方面
2016年07月23日 06:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳方面
剱岳、立山も大迫力
2016年07月23日 06:44撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳、立山も大迫力
1
猿倉へ下山します
お花に足が止まります
2016年07月23日 07:38撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿倉へ下山します
お花に足が止まります
1
さよなら
2016年07月23日 07:44撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さよなら
雷鳥の親子に遭遇
こっちは子供
2016年07月23日 08:31撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥の親子に遭遇
こっちは子供
11
超かわいい
2016年07月23日 08:31撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
超かわいい
7
親を探してます
ひょこっと首を出していました
2016年07月23日 08:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親を探してます
ひょこっと首を出していました
1
大雪渓
土曜日の午前なのですごい人数が登ってきます
2016年07月23日 09:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓
土曜日の午前なのですごい人数が登ってきます
1
落石多い地点
足場も悪いので注意が必要です
2016年07月23日 09:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落石多い地点
足場も悪いので注意が必要です
大雪渓下り
2016年07月23日 10:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓下り
この大きさの岩はざらです
2016年07月23日 10:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この大きさの岩はざらです
結構な大きさ
2016年07月23日 10:37撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な大きさ
クレバス
2016年07月23日 10:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クレバス
白馬尻に到着
雪渓の下りは楽しいー
2016年07月23日 11:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬尻に到着
雪渓の下りは楽しいー
一般の観光客はここまで来れるそうです
2016年07月23日 11:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一般の観光客はここまで来れるそうです
林道降りて猿倉へ
無事帰れました、お疲れ様でしたー
2016年07月23日 12:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道降りて猿倉へ
無事帰れました、お疲れ様でしたー

感想/記録

1日目の天候はあいにくの曇り、栂池はガスで天望はありませんでした。
最初から割りと急な登りが栂池から天狗原までつづきます。
間もなくして登山道にお花が現れ、写真を撮りつつ足慣らしのためゆっくり歩いていきます。
天狗原から先は大きな岩が現れ、歩きづらい箇所にはいりました。
白馬乗鞍もガス。天望なし。白馬大池山荘は見えました。
白馬大池は泳ぎたくなるほど綺麗な水を湛えてます。
白馬大池山荘にてお昼休憩。昼前ではあるが、白馬山荘までコースタイム3.5時間は掛かるのでそこそこで出発。
相変わらず雷鳥坂や小蓮華山は天望なし。
逆に足元に広がるお花畑に目をやりながら進む。
(いよいよお花の名前がわからないぞ)
三国境からの白馬岳山頂への登りがキツイ。最後の登りなのだが。

7/22 16時 白馬岳登頂
天望なく、そそくさと白馬山荘へ、明日再度登り絶景を撮ろう、天気もいいはずだし。
山荘の事だが、トイレは超きれい。問題なし
食事もOK,ごはん味噌汁おかわり自由。

2日目快晴
朝食前にざっと散歩。長野側は雲海。
富山側から雲が流れ込んでいく。
朝食後、ザックをデポし再び山頂へ。
360度絶景
ここが北アルプスの最も北に位置することを実感。
北は日本海、南には剱岳、立山から槍、穂、南ア、八ヶ岳と思われる山脈を見れた。
望んでいた瞬間だったので、かなり感動。
下山は村営の頂上宿舎からのお花畑にまた足止め。
花の白馬岳。圧巻です。これは見たことない。
あまりに綺麗すぎるので、人間はここに来てはいけないのではと思うほどです。
そしてここでも居たのか雷鳥。
特別天然記念物です。
超かわいい。
小雪渓は雪不足のため消滅したとか。
大雪渓は緊張の下山。
岩、クレバス、箇所によっては滑落のリスクも。
落石注意のため、小休止は常に上部を見る必要がありそうです。
アイゼン、4本、6本、12本、はご自身の判断で。
プロのガイドさんらしき方で12本のも居ました。
雪渓は吹き降ろす風が冷たいので、私にはいい冷却になりました。
雪道の下りは楽しい。
程なく白馬尻小屋。猿倉までは間もなくの距離でした。

無事下山お疲れ様でした。
これにてようやく30座。
訪問者数:353人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ