ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 923624 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

吊り尾根経由奥穂高岳

日程 2016年07月22日(金) 〜 2016年07月23日(土)
メンバー shin43
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
さわやか信州号夜行新宿発、上高地着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間30分
休憩
20分
合計
8時間50分
S上高地06:0008:20岳沢小屋08:3011:50紀美子平14:10奥穂高岳14:2014:50奥穂高山荘
2日目
山行
5時間10分
休憩
40分
合計
5時間50分
奥穂高山荘06:2007:20涸沢小屋07:4009:50横尾10:0011:00徳澤11:1012:10河童橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所特になし
その他周辺情報下山後上高地アルペンホテルで日帰り入浴
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ ヘルメット

写真

河童橋から見上げる穂高連峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋から見上げる穂高連峰
天然クーラー。冷気が噴き出してます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天然クーラー。冷気が噴き出してます。
きれいな空。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな空。
1
吊り尾根が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り尾根が見えます。
2
岳沢小屋さんで一休み。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢小屋さんで一休み。
3
まだまだ遠い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ遠い。
前穂がガスに巻かれていたのでパスして、奥穂に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂がガスに巻かれていたのでパスして、奥穂に向かいます。
振り返ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ります。
つがいの雷鳥に遭遇。こちらは目の上が赤いのでオスですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つがいの雷鳥に遭遇。こちらは目の上が赤いのでオスですね。
1
奥穂高山荘テン場からの朝日。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高山荘テン場からの朝日。
3
前穂のシルエット
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂のシルエット
1
奥穂も染まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂も染まります。
6
ザイテングラード
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザイテングラード
2
涸沢はまだ遠くに見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢はまだ遠くに見えます。
1
今日もいい天気です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日もいい天気です。
2

感想/記録
by shin43

今回はいつもの横尾、涸沢経由ではなく、重太郎新道〜吊り尾根〜奥穂高岳のルートでの登頂です。厳しい登りと聞いていましたが、トレーニング不足の心臓にはこたえました。。。
ウィークデーだったのでバスの乗客も少なめで、空席もまだありました。 こちらのルートを登る方は少なめで静かな山歩きとなりました。昼頃にガスが出始めるまでは振り返るとバスターミナルや河童橋がずっと見えていていますので登っている感が十分に味わえます。計画では前穂もピストンするつもりでいたのですが、ガスで眺望も望めそうもなかったので残念ですが今回はスルーしました。
奥穂山頂手前でつがいの雷鳥が登山道に出てきて間近で姿を見せてくれました。後で調べて知ったのですが目の上がきれいな朱色をしていたのが雄でした。動物の世界では雄のほうがおしゃれで雌の気をひこうとするものが多いですよね。
奥穂高岳山頂では私以外に4組の方のみで大変すいて?いました。山荘に着くとちょうど韓国からの登山者の皆さんが到着したところで大賑わいの状態でした。登山が大変盛んなお国ですが、外国からわざわざ登りに来る山があるって幸せだなと思いました。
稜線らしく狭いテン場にテントを張って、お待ちかねのビールを2本飲んだらどっと疲れが出て夕方まで幸せのお昼寝タイム。それから夕飯を作って食べてすぐに就寝してしまいました。稜線で迎える朝は涸沢とはまた違う景色が見えて感動しました。また別の季節、別のルートで登ろうと思います。
訪問者数:292人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テント ガス テン ピストン 涸沢
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ